ニュース
» 2009年11月18日 16時49分 UPDATE

SharePointからの移行促進:「Google Sites」にサイト作成に使えるテンプレート追加

Google Sitesのテンプレートギャラリーには社内Wikiやプロジェクト管理サイト、ショッピングサイトなどに流用できるテンプレートが用意されている。

[ITmedia]

 米Googleは11月16日、Webサイト作成サービスの「Google Sites」にテンプレート機能を追加したと発表した。プロジェクト用サイト、社員プロフィールページなどのテンプレートを流用してより簡単にWebサイトが作成できるとしている。企業ユーザーのMicrosoftのSharePointやIBMのLotus Quickrからの移行促進を狙っている。

 Google Sitesで新たなサイトを作成しようとすると、テンプレートが表示され、そこから選択できるようになった。「ギャラリーを閲覧する」を選ぶと、公開されているテンプレートが「ビジネス」「教育」「クラブ」「個人」などのカテゴリー別に選べるポップアップウィンドウが表示される。

template1

 テンプレートには基本的なレイアウト、ページ相互のリンク、ガジェット、などが用意されている。

template2

 また、公開されているテンプレートギャラリーには、ユーザーが自分で作成したサイトのテンプレートを登録することもできる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -