ニュース
» 2009年11月19日 11時15分 UPDATE

Microsoft PDC Day1:ホットな話題は、やはりAzure

Microsoftの開発者向けイベントPDCが開幕。初日注目を集めたのはやはりAzureであった。

[下村恭(ハンズシステム),ITmedia]

 米国ロサンゼルスで2009年11月17日(現地時間)、Microsoftの開発者向けイベントであるProfessional Developer Conference(PDC)が開幕した。19日までの日程で開催され、開発者にとって、Microsoftのクラウドサービス戦略の中核となるWindows AzureやSQL Azureをはじめ、最新のテクノロジーについて学ぶ絶好の機会となっている。

 始めに行われたキーノートでは、Chief Software Architectであるレイ・オジー氏とServer & Tools Business部門担当プレジデントであるボブ・マグリア氏が登壇した。

キーノート開始直前の会場風景 キーノート開始直前の会場風景

 この中で、Microsoftが「スリースクリーン&クラウド」と呼んでいる、PC、携帯電話、テレビの3つのスクリーン(デバイス)から共通にアクセスできるクラウドを通じて、違いを意識せずに使えるユーザーエクスペリエンスの構築を目指していることが強調された。

 また、Microsoftが提供するパートナー企業向けのオンラインマーケットプレイスであるMicrosoft Pinpointが紹介され、この中で展開される新たな情報仲介サービス「(開発コード)Dallas」についても、デモを交えて紹介された。

 開発者に向けて強調されたのが、Microsoftのクラウド戦略が.NET Frameworkをベースとしており、従来のオンプレミス型のシステム開発でも、Windows Azureに対応したクラウドシステム開発であっても、Visual Studioなどの使いなれたツールやスキルをそのまま活用できるということだ。つまり、Microsoftの開発基盤を理解し、スキルを獲得することで、将来にわたり活躍できることが保証される、ということになる。

 なおキーノートは、PDCのサイトからもストリーミング配信されており、日本からでも視聴可能だ。

開発者向けのコンテンツをストリーミング配信している「Channel9」のマスコット 開発者向けのコンテンツをストリーミング配信している「Channel9」のマスコット

 キーノートの後はブレークアウトセッションとなり、Microsoftのクラウド戦略を支えるWindows AzureやSQL Azureのほか、時期開発環境となるVisual Studio 2010関連のセッションなどが盛況だった。

 The Big Roomと呼ばれる会場では、スポンサー企業の出展とともに、かなりの面積のMicrosoftのコーナーが用意されていた。中でも盛況だったのがWindows AzureとSQL Azureを実際に体験できるコーナー。どちらも長蛇の列ができていた。

pict03.jpgpict04.jpg Windows AzureやSQL Azureを実際に体験できるコーナーには長い列が。特にWindows Azureに関してのコーナーには、ホワイトボードやソファーなどが用意され、多くのMicrosoft社員が待機して、来場者からの質問に答えていた。

 今回、正式に提供開始がアナウンスされ、2010年1月より本稼働開始となるWindows Auzreは、今回のPDCでも、最もホットな話題になっている。Day2以降の内容については、追ってお届けしたい。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -