ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SQL Azure Database」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SQL Azure Database」に関する情報が集まったページです。

GCPとAWS、Azureのハイブリッドクラウドサービスを比較【後編】
「Azure Stack」「Azure Arc」とは? Microsoftのハイブリッドクラウド製品
Microsoftは「Microsoft Azure」のサービス群を複数のインフラで実行できるようにするために、「Azure Stack」と「Azure Arc」を提供する。これらはそれぞれ何に役立つのか。(2021/7/6)

クラウドネイティブ時代のデータベース(3):
マルチクラウド環境で高可用性を実現するデータベースサービスとは
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースを解説する本連載。第1回でデータベースの要件として求められる「アジリティ、可用性、拡張性」を解説し、第2回で具体例としてPostgreSQL on Kubernetesを紹介した。今回はマルチクラウドを目的としたデータベースサービスを概観する。(2021/7/6)

クラウドネイティブ時代のデータベース(1):
クラウドネイティブ時代、データベースに求められる要件を整理する
クラウドネイティブは、その要素技術としてコンテナやマイクロサービスなどを含んでおり、近年の開発において一般的となりつつある。では、データベースにもそうした技術要素は取り込まれていくのだろうか。本連載では、クラウドネイティブ時代のデータベース設計で考慮すべきポイントを検討する。(2021/4/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(134):
Azure Database for MySQLで課金コストを節約する「停止/開始」機能が正式版に
Azure Database for MySQLで2020年9月からプレビュー提供されていた「停止/開始」機能が正式版になりました。開発やテストのためにAzure Database for MySQLを利用している場合は、データベースの未使用時に停止することで、コンピューティング料金を節約できます。(2021/2/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(122):
セキュリティ製品/サービスを「Microsoft Defender」ブランドに統一
Microsoftは2020年9月に開催した仮想カンファレンス「Ignite 2020」で、Microsoft AzureとMicrosoft 365(旧称、Office 365)の“Threat Protection”や“Advanced Threat Protection(ATP)”として知られる一連のサービスの名称変更を発表しました。以前の名称から大きく変更されることになるため、今後、順次行われることになるであろう管理UIへの反映や、オンラインまたはオフラインのドキュメントの参照の際には注意してください。(2020/10/2)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)

Microsoft Build 2020:
Microsoft、データ分析/AIで「Azure Synapse Link」や「リスポンシブルAI」を発表
Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、「Microsoft Build 2020」で、データ分析や機械学習/AIに関する複数の発表を行った。これには分析のためのデータのバッチ移動作業を排除する「Azure Synapse Link」や、説明可能でバイアスのないAIを目指す「Responsible AI」、AIのためのスーパーコンピューターが含まれる。(2020/5/20)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

100ノード超えクラスタ、日量・数十億のクエリ、1秒以下の応答を実現:
PR:PostgreSQLの拡張性の課題を解決する「Azure Database for PostgreSQL - Hyperscale (Citus)」――MicrosoftがAzureマネージドサービスで提供する理由
現在は多くのクラウドで「PostgreSQL」が利用できる。Microsoftも「Azure Database for PostgreSQL」を提供し、多くのユーザーが活用中だ。一方で、PostgreSQLのワークロードが増加した際、アプリケーションの修正なしでは拡張が難しいという課題も浮上してきた。この課題解決のためにMicrosoftが新たに提供を開始した「Hyperscale (Citus)」は、ユーザーが抱える課題をどのようにして解決してくれるのだろうか。(2019/11/5)

SQL Server 2008 EOSにも対応できる!:
SQL Serverマイグレーションの歩き方[後編]――マイグレーションに活用できるツール
2019年7月のSQL Server 2008/2008 R2の延長サポート終了に伴い、EOS対応としてアップグレードやマイグレーションを準備/実施している方も多いでしょう。「後編」となる今回は、SQL Serverのマイグレーションを効果的に実施するための情報とツールを紹介します。(2019/3/15)

80種類以上のデータソースに対応:
Microsoft、「Azure Data Factory」のデータソースコネクターを拡充
Microsoftは、フルマネージドデータ統合サービス「Azure Data Factory(ADF)」に各種データストアからデータを取り込むためのコネクターを拡充した。(2019/2/6)

開発ツールやオープンソース、サーバレス技術の新展開:
Microsoft、「Visual Studio 2019 Preview」など開発者向けに多数発表
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Microsoft Connect(); 2018」で、各種開発ツールの正式版や新バージョンの他、オープンソースの新展開や新しいサーバレスコンピューティング技術などを発表した。(2018/12/6)

<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー:
PR:SQL Server 2019、最新情報からマイグレーションまで徹底解説
日本マイクロソフトは定期的に「<SQL Server Day> SQL Server丸わかり1日セミナー」を開催している。今回はMicrosoft MVP for Data Platform 小澤真之氏と日本マイクロソフト クラウド&ソリューション事業本部 佐藤秀和氏が「Microsoft Ignite 2018」で発表された「SQL Server 2019」や「Azure SQL Database Managed Instance」などの最新情報を解説した。(2018/11/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(50):
どうするSQL Server 2008のサポート期限? そうだ、クラウドへいこう!
2019年7月9日のSQL Server 2008/2008 R2の製品サポートの終了まで、残すところあと1年と少し。2018年5月、オンプレミスまたはクラウドの最新SQL Server環境への移行を支援するツールの最新版と大規模データベース移行に適した移行サービスの正式版が利用可能になりました。(2018/5/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
主役はAIとクラウドへ 5月のMicrosoft開発者イベント「Build 2018」を占う
米Microsoftは5月7日(現地時間)に年次の開発者カンファレンス「Build 2018」を開催する。明らかにされた基調講演のテーマやセッションから、同社の注力ポイントがあらためて分かってきた。(2018/4/3)

MAツール「List Finder」の基盤がAzureに全面移行 AWSから乗り換えた理由とは?
クラウド型MAツール「List Finder」のサービス基盤にMicrosoft Azureが採用された。もともとはAWSを使っていたという彼らが、わざわざAzureに乗り換えた理由はどこにあるのだろうか。(2018/4/2)

オンプレミスVMを検出し、適性、サイズ、コストを検討して移行を計画:
Microsoft、「Azure」への移行計画を支援する「Azure Migrate」サービスを正式リリース
オンプレミス環境から「Microsoft Azure」への移行計画を支援するガイダンスや分析を提供する「Azure Migrate」サービスの一般提供が開始された。(2018/3/2)

Microsoft Focus:
全てのOSSテクノロジーをAzure上で 加速するMicrosoftのオープンソース戦略
Microsoftとオープンソースソフトウェア(OSS)の距離が急速に近づいている。デジタル変革を目指す企業の支援策としてオープンソース戦略を加速させるMicrosoftの狙いとは。(2017/11/30)

多様なツールで移行をきめ細かくサポート:
Microsoft、オンプレミスVMwareワークロードのAzure移行を支援する「Azure Migrate」の正式版公開を発表
Microsoftは、顧客が既存のオンプレミスVMwareワークロードをAzureに移行できるよう支援する「Azure Migrate」の正式版公開などを発表した。(2017/11/24)

データベース管理者の生産性向上へ
徹底比較:AWS、Google、AzureのDBサービス 最適な組み合わせとは
Webベースのアプリケーションの運用基盤としてPaaSを選択し、移行する場合、データベースについても必ず考慮すべきだ。データベースを完全にサポートしているクラウドインフラに移行するメリットを以下で詳しく検討しよう。(2017/11/21)

開発生産性を高め、AI、IoT関連開発を簡素化:
Microsoft、Apache Sparkベースの「Azure Databricks」や新しいAI、IoT、機械学習ツールを発表
Microsoftは開発者向け年次イベント「Microsoft Connect();2017」において、同社の新しいデータプラットフォーム技術とクロスプラットフォーム開発ツールを発表した他、開発者がAIをアプリケーションに組み込み、継続的なイノベーションやデプロイを行うための主要なシナリオや方法も提示した。(2017/11/17)

“海の家×IT”が生み出す価値とは:
猛暑の中、30秒に1件の注文をどうさばく?――“海の家”が最適なIT活用の実証実験場である理由
海に行くと、さまざまなIT企業の“のぼり”が増えている。なぜなのか。2013年から海の家を運営しているセカンドファクトリーに、その理由を聞いた。(2017/8/30)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azure Web Appsの料金は高いの? 安いの?
Azure Web Appsの料金はいくら? その課金の仕組みは? Azure VMとの比較も。(2017/8/17)

PostgreSQLとMySQLをAzureのPaaSとして提供:
PR:データベースエンジニアからアプリ開発者まで広がるさらなる選択肢と支援――Microsoft Azureが提供する新たなOSSデータプラットフォーム
このところ、OSSへの取り組みが目覚ましいマイクロソフト――。アプリ開発やシステム運用管理だけでなく、データプラットフォームについてもOSSへの対応を深化させている。マイクロソフトが提供するOSSデータプラットフォームは企業、アプリ開発者、DB管理者にどのようなメリットを提供してくれるのか。(2017/7/31)

「新サービスはプレビュー開始と同時に統合」:
MicrosoftがAzureとCloud Foundryとの多様な統合を明らかに
Microsoftは2017年6月13日(現地時間)、Cloud Foundry Foundationにゴールドメンバーとして加入するとともに、Microsoft AzureとCloud Foundryの間の連携・統合を多様な角度から進めていることを明らかにした。(2017/6/15)

山市良のうぃんどうず日記(37:@IT 15周年特別編):
熟成されて15年、昔も今も変わらないActive Directory――でも、なぜ“Active”なの?
@ITの15周年、おめでとうございます。「Active Directory」も正式リリースから15周年。Windows周辺のIT環境はこの15年で大きく変化しましたが、当時から基本的には変わらないもの、筆者にとってActive Directoryはそんなイメージです。(2015/5/25)

マイクロソフトカンファレンス2014基調講演:
新生マイクロソフトは“チャレンジャー”――デジタルワークとデジタルライフをコアにビジネスを進める
日本マイクロソフトの年次イベント「The Microsoft Conference 2014」が10月23日、東京で開幕。基調講演に登壇した樋口泰行社長は「モバイルファースト」「クラウドファースト」を旗印に、サティア・ナデラ新CEOが進める“変革”の全容を紹介した。(2014/10/24)

組み込み開発ニュース:
マイクロソフトは「IoT」と「Azure」がともにある未来を描く
日本マイクロソフトは展示会「ITpro EXPO 2014」において、.NET Micro Framework対応ボード「Internet of Things Starter Kit」や、クラウドサービス「Microsoft Azure」など、IoT(Internet of Things)にまつわる同社の製品とサービスを展示した。(2014/10/17)

ホワイトペーパー:
今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介
「Microsoft SQL Server」ユーザーがクラウド環境で選ぶべきは「Windows Azure SQLデータベース」だけではない。これに代わる選択肢は幾つもあるが、今回は5社を取り上げて解説する。特に、4つのDBサービスを有する「Amazon Web Services」については詳しく扱う。(2014/9/3)

Microsoft Azureスマート解説【第6回】
インフラエンジニア不要論も? Microsoft Azureのインフラサービスを一挙紹介
Microsoft Azureが提供するSQLデータベース、仮想ネットワーク、ロードバランサ、CDNの4サービスを紹介する。いずれもハードウェアやミドルウェアを気にすることなくインフラを利用することができる。(2014/8/28)

「Windows Azure SQLデータベース」の代替になるのは?
ユーザーの人気を集めるクラウドデータベース5選
Windows Azure SQLデータベースに代わる選択肢を提供する5社のプロバイダーを取り上げ、各社のサービスが他社サービスとどう違うのかを見ていく。(2014/3/25)

中小企業のチカラを引き出すクラウド:
PR:巨大企業にIT活用で立ち向かう、社員50人の映像配信プロフェッショナル集団
(2013/7/10)

クラウドをめぐる提携の裏にあるもの
OracleとMicrosoftの歴史的提携は「晴れ時々曇り」
MicrosoftのクラウドプラットフォームであるWindows Azure上で、Oracle Databaseをサポートすると両社が発表。そうなるとSQL Azureはどうなるのか。SQL Azureの今後を懸念する声が多く挙がっている。(2013/7/8)

“弥生のSaaS”は個人店を変えるか 普及に向けた岡本社長の「次の一手」
弥生がクラウドサービス「やよいの店舗経営 オンライン」をスタートしてから9カ月。当初目標に比べてユーザー数が伸び悩む中、「課題を1つ1つ解決し、徐々に普及を図っていく」と岡本社長は話す。(2013/6/7)

クラウドデータベース選定のポイントも解説
AWSで試すべきクラウドデータベース四天王
クラウドの雄 Amazon Web Servicesのデータベースサービス担当者が、Amazon RDS、RedShiftなど4つの同社サービスの概要や機能の特徴を明かした。(2013/6/4)

IFS以外のERP環境でも利用可能:
フィールドサービス要員管理最適化ツール「IFS 360 Scheduling」
(2013/3/1)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第13回】
企業システムの発想を刺激する、Googleクラウドの構成要素
各種サービスの集合体で成り立ち、他社クラウドサービスとは根本的に発想を異にするGoogleクラウドは、良質なサービスと高度なインフラを安価で提供する。本稿では、企業利用の視点でGoogleクラウドの構成要素を解説する。(2012/11/28)

Database Watch(2012年10月版):
DBチューニングのキモはSQLにあらず!?
The Microsoft Conference 2012のDB関連セッションや、database.comサービスの勘所をウォッチ!(2012/10/11)

MSがWindows Azureを“パワーアップ” PaaS+IaaSで国内トップシェア狙う
マイクロソフトが過去最大規模というWindows Azureのサービス強化を実施。国内ではPaaSとIaaSを合わせた市場でトップシェアを狙うと表明した。(2012/6/8)

中堅企業で導入が進むクラウドソリューション:
PR:全国約900の個別指導学習塾をサポートするマネジメントシステムをWindows Azure Platform上に構築し年間の運用コストを削減
(2012/5/30)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合
パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。(2012/5/28)

基礎から分かるMicrosoft Virtual Academy(2):
クラウド学習のランクバトルで、日本1位を制した男
マイクロソフトが提供している無償のオンライントレーニングサイト「Microsoft Virtual Academy(MVA)」の基礎を解説。 (2012/5/18)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(3):
AWSとAzure、性能と運用機能を比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/4/11)

事例が示すビッグデータの可能性と課題【前編】
Amazon、Google、NTTドコモの事例が示すビッグデータの可能性
販売促進、研究開発、公共など、さまざまなビッグデータの活用が国内外で進んでいる。アナリストが紹介したビッグデータ活用事例をピックアップして紹介する。(2012/3/22)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(2):
AWS×Azure PHP導入と開発環境の対決
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/3/7)

SimpleDBと比較して容量とパフォーマンスを大幅増強
Amazonのクラウドデータベース「DynamoDB」はSQL Azureの脅威になるか?
Amazon Web Servicesが立ち上げたNoSQL型クラウドデータベースサービス「DynamoDB」。ビッグデータ対応要求にも応えるというが、Microsoftの「SQL Azure」と競合するのか?(2012/2/21)

IT技術書・注目の新刊(2012年2月):
IT技術書新刊・近刊まとめ1
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/2/16)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(1):
AWSとAzure、まずはプロフィールを比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/2/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。