ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Microsoft Pinpoint」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft Pinpoint」に関する情報が集まったページです。

The Joy Factory、第5世代iPad対応の耐衝撃保護ケース
The Joy Factoryは、第5世代iPadに対応した耐衝撃保護ケース「aXtion Bold」「同 Pro」の販売を開始する。(2017/8/4)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

米The Joy Factory、iPad Air用の耐衝撃仕様シリコンケースとスタイラスペンを発売
米The Joy Factoryより、耐衝撃仕様のiPad Air 専用ケース2種とスマホ/タブレット用のスタイラスペンが登場。3月中旬から発売する。(2014/2/18)

さよならWindows XP:
Windows 7移行を失敗したくないアナタのために
長年、Windows XPをクライアントOSとして利用してきた企業にとって、クライアントOSを最新版に入れ替えるのは、苦労が目に見える作業だ。出来る限り手間をかけずに移行する方法を探る。(2011/11/18)

1GHz〜4GHz帯域品は充実一途:
過熱するミッドレンジオシロ市場
ハイエンドのオシロスコープ市場では、“業界最高”の称号を得るべく、激しいスペック競争が繰り広げられている。しかし、多くのユーザーにとって現在いちばん注目すべきなのは、1GHz〜4GHzの帯域をサポートするミッドレンジ品であろう。実際、計測器メーカーは、このランクの製品についても注力しており、ユーザーには非常に幅広い選択肢が提供されるようになっている。(2010/12/1)

VMware、仮想化関連ツールベンダーのRTOを買収
RTOのユーザープロファイル管理ツールなど一連の製品はデスクトップ仮想化製品「VMware View」に統合される。(2010/2/25)

Tech・Days Japan 2010 リポート:
「3スクリーン+クラウド」戦略を推し進めるマイクロソフト
開発者向けイベント「Microsoft Tech・Days 2010」では、マイクロソフトのクラウド戦略「3スクリーン+クラウド」の紹介や日本で正式提供を開始した「Windows Azure」の国内事例が紹介された。(2010/2/24)

Microsoft、「Windows Azure」の製品版を21カ国でリリース
Windows Azureがすべての国々で正式サービスに移行した。Microsoftは1500億ドル規模に拡大するといわれるクラウド市場に本格的に参入する。(2010/2/2)

Microsoftのクラウド進出、成果は2010年に
MicrosoftはAzureやOffice Web Appsなどのクラウドサービスを2010年に本格的に開始する。MicrosoftはAmazonやGoogleの製品とどこまで競争できるだろうか。(2009/12/25)

Microsoft PDC Day2:
“ウルトラセブンのテーマ”で始まるキーノート
2日目のキーノートのテーマ曲は「ウルトラセブン」。日本人にはウケていたが、アメリカ人にはWindows“7”にかけたシャレだと伝わっただろうか……?(2009/11/19)

Microsoft PDC Day1:
ホットな話題は、やはりAzure
Microsoftの開発者向けイベントPDCが開幕。初日注目を集めたのはやはりAzureであった。(2009/11/19)

Microsoft、「Windows Azure」リリース――2010年1月31日まで無料
Microsoftがクラウドサービス「Windows Azure Platform」の正式リリースと、Azure向けアプリストア「Pinpoint」、など関連サービスを発表した。(2009/11/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。