ニュース
» 2009年12月10日 07時46分 UPDATE

Google、Webアプリの性能分析ツール「Speed Tracer」を公開

“Web高速化”に取り組むGoogleが、開発者向けにWebアプリの高速化を支援するツールをGoogle Chromeの拡張機能として公開した。

[ITmedia]

 米Googleは12月8日、Webアプリ開発者向けの性能分析ツール「Speed Tracer」を、Google Chromeの拡張機能として公開した。同日公開のAjaxアプリ開発ツールの新版「Google Web Toolkit(GWT) 2.0」のツールの1つという位置付けで、GWTのページからダウンロードできる。対応するのは開発者チャンネル版のGoogle Chrome

 Speed TracerをインストールしたGoogle ChromeでWebアプリを開き、ブラウザ上部に表示されているストップウォッチのアイコンをクリックすると、それ以降の操作が記録される。一連の操作は「Sluggishness(鈍さ)」グラフに表示され、y軸が高い部分でスピードが遅くなっていることが分かる。また各イベントの所要時間などの詳細を表示することもできる。

speed tracer

 このほかのGWT 2.0の新機能としては、大規模なアプリケーションの起動速度を上げるためにコードを分割する機能、高速な設計反復を可能にする宣言型UIフレームワーク「UiBinder」などが追加された。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Google(グーグル) | Webアプリケーション | Ajax


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -