ニュース
» 2010年01月13日 15時20分 UPDATE

国内データセンターのサイト数は減少傾向 再編・統合が進む

IDC Japanの発表によると、国内のデータセンターは再編および統合が進み、2014年のサイト数は2009年比で約1割減少する。

[ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは1月13日、国内におけるデータセンターのサイト数の予測を発表した。2009年のサイト数は、事業者および企業内のデータセンターを合わせて9万5000に上ると試算している。2014年には約1割減少する見通しだ。

 IDCによると、国内のデータセンターの再編や統合が進み、面積規模の小さいデータセンターは大きいデータセンターに集約されると予測。企業内のデータセンターは事業者が運営するデータセンターに統合されるとみる。その結果、国内のデータセンターサイト数は2009年から2014年に年間平均成長率マイナス2.0%となり、2014年には8万1800(2009年比約1割減)になると予測。一方、データセンターの再編が進み、2009年には1540カ所あった500平方メートル以上の大規模なデータセンターは、2014年には1600カ所に拡大するという。

 企業がICT(情報通信技術)関連の所有コストを減らすには、機器を設置するスペースやシステムの利用を改善し、データセンター全体の電力利用効率を高めることが求められる。IDC Japan サーバ リサーチマネジャーの福冨里志氏は、「企業は自社のICT基盤を最適化する中で、データセンターを所有し続けるのか、事業者データセンターのサービスを利用するのかという判断に迫られている」と話している。

関連ホワイトペーパー

データセンター




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -