ニュース
» 2010年01月17日 08時00分 UPDATE

あやこ先生と学ぶOfficeの便利技:第20回 色違いのハンドル同士を同時選択――Word

Word 2007では、同じ色のハンドル同士でなければ、同時選択できません。この問題を解決する方法は……?

[あやこ先生,ITmedia]

 本連載第7回では、図形が段落に依存していることを紹介しました。

 複数の図形をWordで利用した場合、それぞれが違う段落にひも付いていると、せっかくレイアウトしたものが崩れてしまうことがあります。それを防ぐため、複数の図形を1つにまとめる「グループ化」という機能がありますが、実はわたしには、Word 2007ではこの機能をそのまま使えないということをWordの資格試験当日に知ったという、苦い過去があります……。

 まず、“Word 2003までのバージョン”と“Word 2007”でオートシェイプと図形(写真など)を入れた際の、比較画像を見てください。

キャプチャは「文字の折り返し」が“前面”の状態です。またWord 2007以外では、バージョンによりハンドルの形状が異なります キャプチャは「文字の折り返し」が“前面”の状態です。またWord 2007以外では、バージョンによりハンドルの形状が異なります

 Word 2003までのバージョンでは、オートシェイプでも図形でも、ハンドル(図形の角と各辺の中央に表示されている丸や四角)の色は同じですが、Word 2007では、図形を選ぶと表示されるハンドルの色が違うことに、気が付いたでしょうか。

 Word 2007では、同じハンドルの色同士でなければ、同時選択できません。つまり、オートシェイプと図形は、そのままではグループ化できないのです。例えば「デジタルカメラで撮った写真に、吹き出しでコメントを添えたい」としても、できないということになります(ちなみにグループ化だけでなく、書式を一緒に設定するということもできません)。

 わたしが提案する解決法は、2つあります。

・互換モードで保存する!

 互換モードなら、どちらも同じハンドルになりますから、「Word97−2003文書」として保存してしまえば、同時選択できます。ただし互換モードの場合、機能も制限されてしまいます。Word 2007の機能を利用している場合には注意が必要です。また、図形の位置がズレてしまうこともあるようです。

・クリップアートを別の図形としてコピーする!

 クリップアートをコピーし、図の形式で貼り付けます。【形式を選択して貼り付け】から図としてペーストすれば、形式が変わり、同時選択できるようになります。ただし、図形として貼り付けてしまうため、後から文字や書式を変更できません。またやり直して貼り付けるという手間と、場合によってはきれいな図形として貼り付けられないこともあります。でも、Word 2007の機能をふんだんに利用したドキュメントには、こちらの方法がオススメです。

w5_2.gifw5_3.gif

 同じ種類なのに選択できない! という場合は、文字の折り返しが異なる図形を選ぼうとしている可能性もありますから、再度確認してみてください。


 バージョンアップするたびに新しい機能が追加されるのは良いのですが、これまでできたことができなくなってしまうと、残念ですよね。WordはMicrosoft Officeの中でも特に、バージョンアップによるレイアウト崩れが出やすいアプリケーションだと思います。新しいバージョンで作ったドキュメントは、印刷したり提出したりする前に、レイアウト崩れがないかチェックするようにしましょう。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

あやこ先生:多田亜矢子

ayako.jpg

インストラクター暦10年。デスクトップアプリケーション、基幹システムなどの操作教育および、ITリテラシー教育、コミュニケーショントレーニング、トレーナー育成など幅広いジャンルの教育経験を持つ。分かりやすく実務に役立つインストラクションにこだわり、受講者の高いリピート率を誇る。趣味はワークアウトと料理。野菜中心の「dancyuテイスト」な料理が得意。主な所有資格はHDI(Help Desk Institute)国際認定トレーナー、MCP(Microsoft Certified Professional)、MOT(Microsoft Official Trainer)2000〜2007、Microsoft Office Specialistなど。


関連ホワイトペーパー

Excel | Word | PowerPoint


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -