ニュース
» 2010年01月27日 07時25分 UPDATE

Google、iPhone向け「Google Voice」をWebアプリとしてリリース

iPhoneアプリ版のAppleによる承認が遅れている中、GoogleがHTML5ベースのWebアプリとしてVoIP電話サービス「Google Voice」をリリースした。

[ITmedia]

 米Googleは1月26日、VoIP電話サービス「Google Voice」のiPhone版とPalmのwebOS版をリリースしたと発表した。既にあるAndroid版、BlackBerry版とは異なり、Webアプリケーションとしてのリリースになった。

 Google Voiceは、電話番号に当たるGoogle Voice Number(招待制で取得)で一般の電話や携帯電話と通話したり、留守電メッセージやSMS(ショートメッセージサービス)を利用できる米国内ユーザー向けのサービス。PCではWebブラウザから、AndroidとBlackBerryからはアプリから利用できる。

 iPhone/Palm版では、端末からm.google.com/voiceにアクセスすることで同サービスを利用できる。HTML5の機能を採用することにより、ネイティブなアプリと同等の高速で多様なサービスを提供できるとしている。例えばAppCacheにより、オフラインモードでの利用やデータの端末への保存が可能だ。

google voice

 ホームスクリーンに「Dialer(電話をかける)」「Inbox」など各機能のショートカットを登録しておけば、iPhone/Palmアプリのように1タップで起動できる。

 Googleは2009年6月、米AppleのアプリストアApp StoreにGoogle VoiceのiPhoneアプリ版を登録申請したが、2010年1月現在、まだ承認されていない。Appleはアプリを審査中としているが、Googleは却下されたとしており、米連邦通信委員会(FCC)が両社およびiPhoneのキャリアであるAT&Tを審査している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ