ニュース
» 2010年02月05日 18時27分 UPDATE

IBM、クラウドサービス向けデータセンターをノースカロライナに開設

IBMは総費用3億6200万ドルを掛けて、広さ10万平方フィートのグリーンな大規模データセンターを開設した。

[ITmedia]

 米IBMは2月4日、米ノースカロライナのResearch Triangle Park(RTP)キャンパス内に、先端技術を集約したグリーンな大規模データセンターを開設したと発表した。

 総費用3億6200万ドル、広さ10万平方フィート(約9290平方メートル)の新データセンターでは、同社のクラウドコンピューティングなどの取り組みをサポートする。ワークロードの約半分は顧客へのクラウドコンピューティングサービスに使われる見込みだ。

ibm

 同社によると、電力消費を同規模のデータセンターの約50%に抑えるなど、さまざまなコスト削減を実現しているという。データセンター内のシステムには稼働状況をモニタリングするセンサーが張りめぐらされており、センサーから得た情報をキャパシティープランニングや省エネルギー対策に生かすことができる。また、サーバ冷却には外気を利用するシステムを採用した。RTP内のビルを改修して建設されたこのデータセンターでは、敷地内に同社のコンテナ型データセンター「Enterprise Modular Data Center(EMDC)」を増設することにより、需要に合わせて低コストで迅速な規模拡張が可能という。米グリーンビルディング協会(USGBC)による建築評価プログラム「LEED」のゴールドレベルに準拠している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -