ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM Portable Modular Data Center」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM Portable Modular Data Center」に関する情報が集まったページです。

「MMDC」の普及でエッジコンピューティングが身近に
「エッジコンピューティング」と「クラウドコンピューティング」の違いとは?
IoTのニーズが多様化するのに伴い、必要性が高まると考えられるのが「エッジコンピューティング」だ。「クラウドコンピューティング」との違いと、導入のハードルを下げる「MMDC」について説明する。(2019/7/4)

Xeonを軸としたオープンクラウドビジョンの進展は:
「DCのコモディティ化」を推進するインテル
インテルは同社が推進するオープンクラウドビジョンの進捗を発表した。大量データ蓄積ニーズの高まりに期待を寄せる企業での採用が増えてきているという。(2013/5/22)

IBMのデータセンター戦略:
PR:IBMのコンテナ型データセンター 〜災害対策からクラウド対応までさまざまな用途に〜
日本IBMはどちらかというとITベンダーとしてのイメージが強い。しかし、実は20年以上にわたり、国内でITファシリティー事業を手掛けてきた実績を持つ。そんなIBMが必要なリソースをタイムリーに提供し、バックアップからクラウド対応まで、さまざまな課題を解決するソリューションとして提案するのがモジュラー型のデータセンターである。(2011/4/25)

IBM、クラウドサービス向けデータセンターをノースカロライナに開設
IBMは総費用3億6200万ドルを掛けて、広さ10万平方フィートのグリーンな大規模データセンターを開設した。(2010/2/5)

SGIのDNAはデータセンターに根付くか
日本SGIは、データセンターサーバ事業への進出を発表。Rackableによる買収を経た新生米SGIが生み出したCloudRackなどを携え、新たな勝負を開始する。(2009/9/16)

クラウドサービス本格稼働に向けて:
Microsoft、“メガ”データセンターを欧米2カ所で開設
Microsoftがダブリンとシカゴにクラウドサービス用データセンターを開設した。(2009/7/1)

Microsoft、「モジュール式」データセンター構想を発表
「Generation 4 Modular Data Center」は、サーバなどのコンポーネントを収めたコンテナや電気設備をモジュールとして組み立てる、スケーラブルで低コストなデータセンター構想だ。(2008/12/4)

Trend Insight:
無能なITマネジャーと呼ばれないためのキーワードは「PUE」
グリーンITが叫ばれる中、サーバの消費電力に目がいってしまうITマネジャーは筋が悪いといわざるを得ない。エネルギーコストをどう削減するかを考えるに当たって、圧倒的な電力効率を持つモバイルデータセンターがHPからリリースされた。その秘密に迫ってみたい。(2008/8/4)

米HP、コンテナ型のデータセンター「HP POD」を発表
米HPは、コンテナ型のデータセンターを発表した。その名前は、かつて同社が再販していた「HP iPod」に似た「HP POD」(HP Performance Optimized Data Center)である。(2008/7/17)

省エネを推進:
IBM、ポータブルデータセンター製品群を発表
Sun Microsystemsの「Project Blackbox」やMicrosoftおよびRackableのポータブルマシン構想に対抗すべく、IBMが省エネを推進するプロジェクトを打ち出している。(2008/6/18)

IBM、グリーンプロジェクトに新製品を追加
IBMが省エネ推進プロジェクト「Project Big Green」に新製品や新サービスを追加、グリーン化活動をさらに推し進める。(2008/6/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。