ニュース
» 2010年02月15日 16時56分 UPDATE

Adobe、モバイル向け「AIR」と「Flash Player 10.1」を発表

Adobeが、Android版「AIR」を2010年中にリリースすると発表した。また、モバイル版「Adobe Flash Player 10.1」を開発者向けにβリリースした。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは2月15日、バルセロナで開催のMobile World Congress 2010において、アプリケーション実行環境「AIR」のモバイル対応版を発表した。まずAndroid版を2010年中にリリースする。

 開発者はAIRを利用することで、Android向けに開発したモバイルアプリを、iPhone OSを含むさまざまなモバイルプラットフォーム向けに簡単に移植できるという。また、「Flash Player 10.1」を使うことで、モバイルブラウザ版の開発に同じコードを流用できる。モバイル向けAIRは携帯電話のディスプレイサイズに最適化されており、マルチタッチやGPSなどのモバイル特有の機能を活用できるよう設計されている。

 同社はまた、モバイル向けのFlash Player 10.1のβ版をコンテンツ提供者およびモバイル開発者向けにリリースしたことも発表した。一般向けには2010年前半にリリースする予定だ。この最新版は、携帯電話でFlashコンテンツをフル再生できるのが特徴。PC向けのβは2009年11月にリリース済みだ。Flash Player 10.1は、PC、携帯電話、家電など各種機器の間で一貫したFlash実行環境を実現する取り組み「Open Screen Project」で初の実行環境になる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -