ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「開発者向けリリース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開発者向けリリース」に関する情報が集まったページです。

パスワードレス認証でセキュリティ向上【後編】
“パスワード廃止論”の追い風が吹く「パスワードレス認証」の現在地
セキュリティの新たな手段として「パスワードレス認証」が注目を集めつつある。これから注視したいのは、どのように広く普及するのかだ。現状はどのような状況なのか。専門家に聞いた。(2024/2/19)

「Android 15」のデベロッパープレビュー 1が登場
Googleは、次期モバイルOS「Android 15」の最初のデベロッパープレビュー版をリリースした。対応する端末はPixel 6以降。(2024/2/17)

Google、企業と開発者向け「Gemini Pro」提供開始
Googleは、新しい生成AIモデル「Gemini」のミドルサイズ「Gemini Pro」を企業と開発者向けに提供開始した。「Vertex AI」と「Google AI Studio」で利用できる。まずは無料で提供し、将来的には“競争力のある価格”にする計画。(2023/12/14)

Microsoft、生成AIによる知的財産権侵害での法的リスクを負担する新方針を発表
Microsoftは生成AIの出力に関する知的財産権侵害での法的リスクを負うとする「Copilot Copyright Commitment」を発表した。(2023/9/14)

レイトレーシングが変えるゲームグラフィックス(第4回):
2035年、ゲームグラフィックスは「オール・パストレーシング時代」へ――レイトレーシング技術の“先”を見つめる
レイトレーシング技術は、ゲームグラフィックスの世界に革命をもたらした……のだが、GPUの性能的にはまだ“完璧”とは言いがたい面もある。いつになったら完璧になるのか――2035年にその瞬間が訪れるという説がある。どういうことなのか、解説していく。(2023/7/20)

UI強化、「postDebugTask」のサポートなど:
VS CodeのJava開発者向けアップデートで、コード補完パフォーマンスが高速化
Microsoftは、VS CodeにおけるJava関連のアップデート内容を発表した。アップデート内容には、コード補完のパフォーマンス向上やUIの強化などが含まれている。(2023/7/20)

社内外のデータをそのまま生成AI開発に プラットフォーム化を進めるSnowflake
Snowflakeが年次イベントでNVIDIAとの協業を発表した。その他の機能強化と合わせ、データガバナンス強化と生成AI開発のニーズへの対応を進める。(2023/6/28)

MRデバイス「OPPO MR Glass」開発者版がお披露目 Snapdragon XR2+搭載で急速充電対応
OPPOはMRデバイス「OPPO MR Glass」を開発者向けに発表した。Snapdragon Spaces開発者キットとして開発者向けに公開する予定だ。プロセッサは「Snapdragon XR2+」を搭載し、OPPOブランドのスマートフォンで使用されている急速充電技術「SUPERVOOC」などを搭載する。(2023/6/8)

「iPadOS 17」発表 ロック画面を刷新、PDF編集機能の強化も
Appleは6日、「iPadOS 17」を発表した。正式版は今秋に配信される。PDF編集機能の強化や、ロック画面のウィジェット対応、ヘルスケアアプリのiPadでの提供などの新機能が含まれる。(2023/6/6)

Google I/O 2023:
Google、次期スマートウォッチOS「Wear OS 4」の新機能を紹介
Googleは次期スマートウォッチOS「Wear OS 4」の初の開発者プレビューをリリースした。正式版は“今年後半”リリースの計画だ。バックアップと復元をサポートするようになる。(2023/5/11)

「JSON Relational Duality」などが早期利用可能:
Oracle、次期DB「Oracle Database 23c」の無料版を開発者向けに提供開始 目玉機能は?
Oracleは、「Oracle Database」の次の長期サポートリリース「Oracle Database 23c」の無料版「Oracle Database 23c Free - Developer Release」を開発者向けに提供開始した。(2023/4/7)

エッジコンピューティング:
オムロンが産業用PCをクラウドネイティブへ、「Red Hat OpenShift」の採用で
レッドハットは、オムロンが産業用PC向けに開発を進めている「仮想化制御プラットフォーム」のPoC(概念実証)のコンセプトモデルに、Kubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift」が採用されたと発表した。(2023/2/28)

2025年には本格展開へ:
Red Hat OpenShiftをオムロンが採用、コンテナアプリケーションから産業用制御機器をリモートで操作
Red Hatはグローバルで、オムロンによるRed Hat OpenShiftの採用を発表した。OpenShift上のコンテナアプリケーションから産業用制御機器を操作する事例は、今回が世界初だという。日本法人のレッドハットはこの事例を活用し、国内のOTおよびエッジの世界への取り組みを強める。(2023/2/27)

正式リリースは2023年夏以降:
「Android 14」最初の開発者向けプレビュー版が公開 何が変わった?
Googleは、モバイルOSの次期バージョン「Android 14」の最初の開発者向けプレビュー版をリリースした。(2023/2/16)

Google、Android向け「プライバシーサンドボックス」のβ提供開始
Googleは、Android向けの「プライバシーサンドボックス」のβ提供を開始した。一部のAndroid 13ユーザーに展開していく計画だ。(2023/2/15)

「Android 14」の初開発者プレビューリリース
Googleは次期モバイルOS「Android 14」の最初のDeveloper Previewを公開した。Pixel 4a(5G)以降のPixelシリーズにインストール可能だ。フォント拡大率を上げるなどの新機能を紹介した。(2023/2/9)

画像ディレクティブ、MDCコンポーネントなども安定版に:
スタンドアロンAPIが安定版になるなど、多数の改良が反映された「Angular v15」が公開
オープンソースWebアプリケーションフレームワーク「Angular」の最新版となる「Angular v15」が公開された。(2022/11/28)

エッジコンピューティング:
レッドハットがエッジ市場に本格参入、「Red Hat Device Edge」を展開
エンタープライズ向けLinuxディストリビューション大手のレッドハット(Red Hat)が、エッジコンピューティング市場に本格参入する。「KubeCon+CloudNativeCon North America 2022」において、産業機器向けにコンテナアプリケーションを柔軟にデプロイするソリューション「Red Hat Device Edge」を発表したのだ。(2022/10/28)

Google、アプリを複数端末で横断利用する「Cross device SDK for Android」プレビュー版リリース
Googleは「Cross device SDK for Android」の開発者プレビュー版をリリースした。アプリの操作を近くの別の端末に転送したり、共有したりできるようにするためのツールだ。将来的にはWindowsやiOSもサポートする計画としている。(2022/8/28)

「Windows 11でAndroidアプリ」日本でスタート
Windows 11でAndroidアプリを利用できる「Amazonアプリストア」のプレビュー版の提供がスタート。(2022/8/25)

開発者向け「Windows 11」仮想マシン用イメージの最新版が登場 利用期限は11月7日まで
Microsoftが開発者向けに公開している「Windows 11」の仮想マシン用イメージファイルが最新版になった。利用期限は11月7日となっている。(2022/8/18)

エッジAI:
PR:サーバクラスの処理性能がエッジAIに、「Jetson AGX Orin」の力を引き出すには
リアルタイム性などが求められる製造業のAI活用で注目を集める「エッジAI」。このエッジAIの“本命”として期待されているのがNVIDIAの「Jetsonシリーズ」の最新モデル「Jetson AGX Orin」と「Jetson Orin NX」だ。製造業にJetsonシリーズを提案してきたマクニカも、サーバクラスのAI処理性能を実現するJetson AGX OrinとJetson Orin NXの活用を促進すべく、さらに活動を加速させている。(2022/7/11)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【前編】
Windows 365ベースのクラウドワークステーション「Microsoft Dev Box」とは?
Microsoftが開発者向けに提供するクラウドワークステーションの「Microsoft Dev Box」。開発者はMicrosoft Dev Boxを使うことで、何ができるようになるのか。機能と特徴を説明する。(2022/6/23)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第3回】
「macOSをDaaSで利用」が現実に それでも喜んではいけない理由
Appleは開発者に対して、「macOS」をDaaSで利用する選択肢を設け始めている。ただし、この動きが一般ユーザーまで広がるかどうかは不透明だ。その背景とは。(2022/6/22)

指の動きまでアバターに反映 AR用SDK「ToF AR」ソニーセミコンダクタが一般公開
手や指の動きまでスムーズに描写できるAR用SDK「ToF AR」をソニーセミコンダクタソリューションズが一般公開した。(2022/6/16)

AppleのFIDOサインイン認証情報「パスキー」の仕組み Google、Microsoftと共同で推進する「パスワードを不要にする認証」
WWDC22でFIDOサインインの認証情報「Meet passkeys」に関する解説を公開。(2022/6/13)

ウェアラブルニュース:
レノボ、6DoF対応で軽量な産業用スマートグラス「ThinkReality A3」発売
レノボ・ジャパンは2022年4月13日、ARスマートグラス「ThinkReality A3」に、製造業などの現場業務に対応するハードウェアやソフトウェアを加えてパッケージ化した「ThinkReality A3 Industorial Edition」を発売する。(2022/4/15)

Windows 10でボツになった悲しい過去
Windowsユーザーが切望したあの「タブ機能」をWindows 11が搭載?
エクスプローラーのタブ機能をWindowsユーザーは待望していた。Windows 10がこのタブ機能を搭載することはなかったが、「Windows 11」で実現する可能性が出てきた。具体的にどのような状況なのか。(2022/4/11)

小寺信良のIT大作戦:
起動しないMac miniをChromebook化して家庭円満に
Windows 11に見捨てられたPCをChromebook化して半年。CloudReadyが正式にChrome OSとなってまた試してみた。今度は起動しないMac miniを再生する。(2022/2/21)

「Android 13」の初Developer Previewリリース
Googleは次期Android OS「Android 13」のDeveloper Preview 1をリリースした。一部のPixel端末にインストールできる。(2022/2/11)

2画面や大画面端末向け「Android 12L」の「Beta 1」リリース Pixel端末サポート
Googleが10月に発表した折りたたみやタブレットなど向けのアップデート「Android 12L」の「Beta 1」をリリースした。一部のPixel端末にもインストールできる。(2021/12/9)

企業のタブレット活用は広まるのか
「Android 12L」と「iPad OS 15」がすごくてもタブレットが売れない理由
GoogleのタブレットOS「Android 12L」は、画面分割機能など大型ディスプレイでの利用を前提にした機能を豊富に搭載する。「iPad OS 15」との競争でタブレット市場は活性化するのか。アナリストは懐疑的だ。(2021/12/3)

折りたたみや大画面に最適化の「Android 12L」、来年公開へ
Googleは折りたたみ端末やタブレットの大画面に最適化する「Android 12L」を発表した。アプリを左右に並べてのマルチタスクやタスクバーなどが使える。正式版は来年初頭リリースの予定だ。(2021/10/28)

組み込み開発ニュース:
IARの「Embedded Workbench」がラズパイピコのマイコン「RP2040」に対応
IARシステムズの開発ツール「IAR Embedded Workbench for Arm」が、Raspberry Piの「RP2040」ボードに追加対応した。(2021/6/28)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由
Appleの開発者会議「WWDC」が今年も開催。新ハードウェアや新チップの発表はなかったが、各OSのアップデートや連携の強化といった全体を見渡してみると、やはりApple Siliconが戦略の中心にあると感じられた。(2021/6/9)

「Android 12」の初開発者プレビュー公開 Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能
Googleが次期モバイルOS「Android 12」のDeveloper Previewを公開した。Pixel 3以降のPixelシリーズにインストール可能。触覚ジェネレーターやメディアトランスコーディング機能を確認できる。(2021/2/19)

Googleさん:
Googleがこっそり伝承していた“Androidお菓子ネーム” 次期Android 12はかき氷?
例年2月か3月に次期Android OSがリリースされます。アルファベット順に付けられていたお菓子ネームは「Android 10」を最後に公表されなくなりましたが、Google社内では今も伝承されています。Android 12は「S」で始まるお菓子です。(2021/2/16)

車載ソフトウェア:
トヨタデンソーアイシンの車載ソフト会社が新体制に、目指すは「自動車のWindows」
トヨタ自動車グループの自動運転開発体制で先行開発を担ってきたTRI-AD(Toyota Research Institute Advanced Development)は、2021年1月から新体制で動き出した。これまでは車載ソフトウェアの開発会社だったが、スマートシティのように自動車やモビリティを超えた取り組みに挑むため役割分担を明確にする。(2021/2/2)

個人開発者はRed Hat Enterprise Linuxを無料で最大16システムまで利用可能に 本番環境もOK
米Red HatがRed Hat Developerプログラム」を拡大。個人開発者には無料で最大で16システムまでを本番環境でも利用可能にする。顧客のシステムを開発する開発チームも登録可能にする。(2021/1/22)

Apple Silicon搭載Macが発表か――11月11日にスペシャルイベントを開催
Appleが11月10日午前10時(日本時間11日午前3時)にスペシャルイベントを開催すると発表した。独自SoCの「Apple Silicon」を搭載したMacが登場するのだろうか。(2020/11/3)

Apple Silicon搭載Macは発表されず
Appleが10月13日(現地時間)に開催したスペシャルイベントにおいて、独自SoCの「Apple Silicon」を搭載したMacは発表されなかった。(2020/10/14)

NVIDIA、AIでWeb会議を快適にするプラットフォーム「Maxine」を開発者向けに提供開始
NVIDIAが、AI採用のWeb会議プラットフォーム「Maxine」を発表した。クラウド側のGPUで動画や音声を処理する。ノイズキャンセルはもちろん、顔の向きや視線を修正したりでき、帯域幅使用をH.264の10分の1に削減できるとしている。(2020/10/6)

3ノード構成でエッジ対応:
Red Hatが「OpenShift 4.5」を発表、仮想マシン管理統合は一般提供を開始
Red Hatは2020年8月17日(米国時間)、「Red Hat OpenShift 4.5」を発表した。この新バージョンでは仮想マシンの統合管理機能、マルチクラウドクラスタ管理機能、3ノード構成への対応などが新しい。(2020/8/18)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

「Android 11 β2」リリース プラットフォームの安定性を確定
Googleが次期モバイルOS「Android 11」のβ2をリリースした。開発者向けにプラットフォームの安定性を確定した。今秋予定の公式版リリース前に、あと1回βアップデートがある見込み。(2020/7/10)

WWDC20:
「iPadOS 14」発表 「ユニバーサル検索」やApple Pencilの手書き対応など
米Appleが開発者会議WWDC20でiPadの新OS「iPadOS 14」を発表した。同時発表の「iOS 14」と同じ新機能に加え、「ユニバーサル検索」や「サイドバー」、Apple Pencilでの手書き文字のテキスト化などの新機能がある。(2020/6/23)

「iOS 14」発表 ホーム画面の自動整理やウィジェット配置 オフラインで使える翻訳も
米Appleが6月22日(現地時間)、オンラインでの開催となった開発者向け会議「WWDC20」にて、iPhone向けの新OS「iOS 14」を発表した。一般ユーザー向けには2020年秋にリリースする。ホーム画面のアプリを自動で整理する「App Library」や、ホーム画面に設置できるウィジェットなどが主なトピック。(2020/6/23)

4度目の大転換を迎えるMac:
Appleが独自CPU搭載Macを2020年末に投入、Intel CPUサポートも継続
Appleが独自CPUの「Apple Silicon」を発表した。同Socを搭載したMacを2020年末に投入し、Mac miniベースの開発キットは6月末から出荷を行うという。(2020/6/23)

Appleが「watchOS 7」を2020年秋に公開 「睡眠記録」や「手洗い検知」に対応
Appleが、開発者向けイベントでApple Watchの新OSを発表。開発者向けプレビュー版を即日公開した。一般ユーザー向けには2020年秋に提供する見通しだ。(2020/6/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10は全て64bitになる 32bitから64bitへの完全移行は間もなく
初のオンライン開催となるMicrosoftの開発者向けイベント「Build 2020」を前に、Windows 10に関する話題をまとめた。(2020/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。