ニュース
» 2010年03月04日 07時37分 UPDATE

ブラウザ選択の自由を世界中に――Microsoftのライバルが訴え

Microsoftが欧州で提供し始めた「ブラウザ選択画面」をほかの国でも実現するよう、ライバル各社が各国の政府に求めている。

[ITmedia]

 米Microsoftのライバルで構成される欧州のロビー活動団体が、各国の競争政策当局に対し、同社が欧州で提供している「ブラウザ選択画面」を世界中に拡大させるよう呼び掛けている。

 Microsoftは3月1日から、欧州での独禁法訴訟への対応として、ユーザーがInternet Explorer(IE)以外のWebブラウザを選べる「ブラウザ選択画面」を提示し始めた

 ECIS(European Committee for Interoperable Systems)はこれを受け、各国の政府機関に「世界中のユーザーにブラウザの選択という恩恵を与える」よう求める声明文を出した。欧州委員会のようにMicrosoftに圧力をかけて、ほかの国でもブラウザ選択画面を提供させるよう訴えている。

 「この欧州での取り組み(ブラウザ選択画面)は競争を促進するだろうが、IEと緊密に統合されたOSが搭載されている世界のコンピュータのほとんどが取り残されている。世界中の競争政策当局に対して、欧州での出来事をつぶさに見て、消費者のために行動することを求める」とECISの法務顧問トーマス・ビニエ氏は述べている。

 ECISにはOpera Software、Adobe Systems、IBM、Nokiaなどが加盟している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -