ニュース
» 2010年04月08日 18時03分 UPDATE

タッチスクリーンPC、2015年には15歳未満の半数に浸透――Gartner予測

iPadのようなタッチスクリーン式端末はまず若い世代に普及するが、ビジネスへの浸透にはまだ時間がかかるとGartnerはみている。

[ITmedia]

 米調査会社Gartnerは4月7日、タッチスクリーン式端末の普及に関する予測を発表した。2010年はiPadをはじめとするタッチスクリーン端末が多数送り出されるが、こうした端末がエンタープライズ市場に浸透するのには時間がかかるとGartnerはみている。

 同社のリサーチ副社長、レスリー・フィエリング氏は「エンタープライズより先に若い世代がタッチスクリーンPCを利用し始める。2015年には、15歳未満のユーザー向けに購入されるPCの半数以上がタッチスクリーン機能を搭載したものになるだろう。2009年のその比率は2%以下だった。一方、2015年にエンタープライズ向けに販売されるPCに占めるタッチスクリーン搭載機の比率は10%以下だろう」と語った。

 ビジネスユーザーはマウスとキーボードによる入力に慣れており、レガシーなビジネスアプリケーションのほとんどはタッチスクリーンにすぐには対応しないことから、多くの企業はコストを掛けてタッチスクリーン機能を採用する必要を認めないだろうとしている。だが、ほかのコンシューマー技術と同様に、従業員が自分のタッチスクリーンPCを仕事に持ち込むようになり、最終的には企業がタッチスクリーンPCの利用を認めることになるという。

 タッチスクリーン端末は、まずエンターテインメントやゲーム目的の一般消費者層に受け入れられる。また、iPhoneなどのスマートフォンでマルチタッチを使い慣れたユーザーがPCにも同様の操作性を求めるようになるという。

 端末の価格が下がれば教育分野が主力市場になるだろう。初めて触れるPCがタッチスクリーン式という世代も出てくる。今後10〜15年のうちに、新卒者全員がタッチスクリーンでの入力が当然という時代が来るとGartnerはみている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -