ニュース
» 2010年06月04日 10時48分 UPDATE

iPhotoに匹敵するフォトツールも:Microsoft、次期「Windows Live Essentials」の新機能を紹介

次期「Windows Live Essentials」では、複数のPCとMacのファイルを同期できるようになり、フォトレタッチツールの「Photo Gallery」にはユニークな写真合成機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月3日(現地時間)、オンラインサービススイート「Windows Live Essentials」(日本では「Windows Live おすすめパック」として提供)の次期版の新機能を公式ブログで紹介した。数週間以内にβ版を公開するという。

 Windows Live Essentialsは、「Messenger」「Mail」「Photo Gallery」「Movie Maker」「Writer」「Sync」「Family Safety」で構成される。

essentials

 今回のアップデートの大きな特色は、デスクトップとクラウドの接続機能と、ソーシャル機能といえる。Windows Live Syncにより、複数のPCとMacのファイルをMicrosoftのクラウドサービス「SkyDrive」を経由して同期させることが可能になった。また、MessengerでFacebookやLinkedInを利用したり、Photo GalleryやMovie Makerの写真や動画をFlickrやMySpaceなどの外部サービスで共有することができる。

Windows Live Photo Gallery

 Windows 7では、デジタルカメラやメモリカードなどをPCに接続するだけで写真や動画をPhoto GalleryやMovie Makerに取り込めるようになった。また、写真を日付やジオタグなど複数のクエリで検索できるFindタブ、顔認識機能、複数の写真の“いいとこどり”で写真を加工できる「Photo Fuse」、レタッチ操作を自動化するバッチなどが追加された。

photo fuse 「Photo Fuse」での編集画面。集合写真で目をつぶってしまった人の顔を合成すれば、全員が満足する写真を作れるかもしれない

Windows Live Movie Maker

 720pおよび1080pの高精細ビデオを編集し、アップロードしたりDVDに焼くことができる。

movie

 Photo GalleryとMovie Makerでは、多数のトランジションやエフェクト、BGMが用意された「AutoMovie」機能が利用できる。また、写真や動画は、数クリックでFacebook、Flickr、YouTube、SkyDriveにアップロードでき、それらのサービスでコンテンツについたコメントをデスクトップで読むこともできる。

Windows Live Mail

 複数アカウントのメール、予定表、RSSフィード、連絡先を一カ所で管理でき、オフラインでの編集結果がオンラインになった際に自動的に同期される。Messengerと予定表をMailのページで利用できたり、ファイルサイズの大きい写真をメールにはりつけられるなど、5月に発表したHotmailと同等の機能がある。

mail

Windows Live Sync

 PCだけでなくMacともドキュメント、画像、音楽などのファイルをSkyDrive経由で同期できる(対応するのはWindows Vista以上とMac OS X 10.5以上)。利用できるオンラインストレージの容量は2Gバイトまでだが、40GバイトまでのファイルをPC間で同期できる。またRemote Desktop機能で、オンラインになっている遠隔地のPCにdevices.live.com経由でアクセスし、操作できる。

remote desktop

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -