ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LinkedIn」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LinkedIn」に関する情報が集まったページです。

Googleの親会社Alphabet、「X」のロボット部門を「Everyday Robots」としてスピンアウト
Alphabetはムーンショット部門「X」のロボット事業を「Everyday Robots」としてスピンアウトした。既にプロトタイプ100体以上がGoogleのキャンパスを動き回っている。人間には簡単でもロボットには難しい日常業務を機械学習でで習得中だ。(2021/11/21)

海外医療技術トレンド(77):
フィットネストラッカーにも広がる米国のセキュリティ規制、異業種連携も加速
前回の連載第76回では米国の医療機器サイバーセキュリティ規制動向を取り上げたが、医療機器に該当しない健康アプリケーション/機器でも、新たな規制に向けた動きが顕在化している。(2021/11/12)

Microsoft、クラウド好調で純利益が初の200億ドル超え
Microsoftが発表した7〜9月期の決算は、売上高は22%増、純利益は48%増。純利益は初めて200億ドルを超えた。Azureの売上高が50%増と好調だった。(2021/10/27)

オンラインシフトへの対応は:
転換期の採用領域 HRテックを活用すべき2つのポイントと、求められる4つのスキル
コロナ禍で激変する採用領域。HRテックの活用機運も高まるが、テクノロジーは決して「魔法の杖」ではないことに注意が必要だ。その特質を踏まえ、採用領域においてテクノロジーを活用すべきポイントはどこにあるのか。人事領域に詳しい筆者が、「2つのポイント」と、これから求められる「4つのスキル」を解説する。(2021/10/22)

Microsoft、中国版LinkedInを年内に廃止へ 「コンプライアンス要件の高まりに直面」
Microsoftが中国版LinkedInを年内に廃止すると発表。2014年から7年間提供してきたが、「非常に困難な運用環境」のため。中国では新たにSNS要素のないジョブアプリ「InJobs」を提供する。(2021/10/15)

海外医療技術トレンド(76):
日本の一足先を行く米国のコミュニケーション重視型医療機器サイバーセキュリティ
本連載第69回で欧州連合の医療機器サイバーセキュリティ政策動向を取り上げたが、今回は米国の最新動向を整理してみたい。(2021/10/15)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(後編)
海外では採用テックは採用のバリューチェーン(流れ)に沿って、CRM、ATS、オンボーディングという区分でさらに細分化されており、そこで製品もすみ分けがなされている。(2021/10/4)

Googleさん:
うんち×カップケーキ=? Androidユーザーだけが使えるGoogle手作りスタンプの妙
2つの絵文字をマッシュアップしてスタンプにするGoogleの「Emoji Kitchen」。TwitterやInstagramで使える、Gboardの機能です。(2021/10/3)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

レベニューオペレーションとは? RevOpsでバックオフィス業務の設計はどう変わるか
これからはCXが重要だと顧客情報の統合を進めたとしても、社内手続きが旧来通りの縦割り構造では、顧客体験も刷新できず「残念なまま」になりかねない。この状況を打開しようと、欧米を中心にレベニューオペレーション組織を設置する企業が増えているという。(2021/10/1)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第4回】
「ロボットの同僚」と協働できる社員をどう育てるか
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、業務自動化技術の導入を後押ししている。「ロボットの同僚」と共に働く機会は今後増える可能性がある。ロボットと協働できる人材をどう育てればいいか。(2021/9/30)

海外医療技術トレンド(75):
米国の医療DXを支えるブロックチェーンと分散台帳はオバマ政権時代からの積み重ね
本連載の第23回や第65回で触れたように、米国の保健医療行政機関がDX(デジタルトランスフォーメーション)施策を本格化させる中、変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術が注目されている。(2021/9/17)

競争力を高める「スキルアップ」と「リスキリング」【第3回】
LinkedInが明かす「競争優位性が高い企業」の条件とは?
パンデミックの影響が収まらない中、企業は人材開発の課題にどう向き合えばよいのか。McKinseyやLinkedInの調査から分かってきたのは、従業員の「スキルアップとリスキリング」の重要性だ。(2021/9/16)

やはりExcel操作は世界を悩ませるのか 日本と世界、ビジネススキル講座トップ10が判明――LinkedIn調査
リンクトインは、eラーニングの視聴時間が前年同期と比べて約41%増加したと発表した。同社の発表からは、日本と世界で関心を集めるビジネススキルの大きな違いと共通点も明らかになった。(2021/9/13)

イスラエル発ニュービジネス:
イスラエルに熱視線 NTTとソフトバンクが驚きの人事 前駐日経済公使と「モサド」元長官
NTTグループとソフトバンクグループが、ともにイスラエルで事業活動を活発化させています。NTTは前駐日イスラエル経済公使を、ソフトバンクはモサドの元長官を、それぞれイスラエルのビジネストップに就任させました。なぜでしょうか。(2021/9/10)

LinkedIn、「ストーリーズ」を9月末に終了
LinkedInは昨年2月から提供している「ストーリーズ」機能を9月30日に終了する。ユーザーは24時間で消えてしまうより、プロフィールに残る動画を望んでいると分かったためとしている。(2021/9/1)

なぜ、あなたの部下は報連相しないのか:
「報連相は部下からすべし」と考える上司が大間違いなワケ
ビジネスの基本である「報連相」。上司の中には、「部下が報連相をしてこない」と悩む人も多いのでは。その根幹にあるのは、「報連相は部下がやるべきこと」という勘違いだと筆者は指摘する。(2021/8/26)

「デジタルバッジ」基本の基【中編】
「デジタルバッジ」の正しい使い方 「スキルギャップ」解消にも効果?
労働者がどのようなスキルを持つかを視覚的に示す「デジタルバッジ」は、人材採用に役立つ可能性がある。企業はどのように使えばよいのか。幾つかの例を紹介する。(2021/8/19)

海外医療技術トレンド(74):
EUのワクチンパスポートを支える分散型連携基盤と「トラスト」
本連載第61回で、欧州連合(EU)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けデジタル接触追跡アプリケーションの越境連携エコシステムを紹介したが、今回は、ワクチン接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)を取り上げる。(2021/8/16)

電気自動車:
EVの絵文字のアイデアを募集、入賞作品はユニコード・コンソーシアムに提出
ABBとメディア企業のGreen.TVは2021年8月10日、電気自動車(EV)の絵文字を公募すると発表した。(2021/8/12)

TechTarget発 世界のITニュース
セキュリティ企業幹部が病院へのサイバー攻撃で起訴 何のために攻撃したのか?
セキュリティ企業のCOOが病院へのセキュリティ攻撃を実行した嫌疑で起訴された。電話システムを制御するコンピュータを侵害した疑いだ。(2021/7/30)

Microsoftの4〜6月決算、過去最高を更新 AzureやLinkedInが好調
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高、純利益ともに2桁増で過去最高を更新した。半導体不足でWindows OEMやSurfaceの売上高は減少したが、AzureやLinkedInが好調だった。(2021/7/28)

人事側のポイントも解説:
ビフォーアフターで見る、「目標管理」1on1の失敗例「課題を丸投げしてしまう上司」編
多くの企業が取り組む「目標管理」制度だが、なかなかうまくいかないケースも多い。その理由は、マネジャーと部下の間の温度感の違いにも起因する。では、どうすればいいのか。実際にあった1on1を基に振り返る。(2021/7/28)

海外医療技術トレンド(73):
米国で急速に進む医療XRと5G/エッジコンピューティングの融合
本連載第71回で、米国の医療AIの市場動向を取り上げたが、今回は医療分野の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)と5G/エッジコンピューティングの適用動向を紹介する。(2021/7/16)

TikTok、求人・求職サービス「Resumes」のテストを米国で開始
TikTokが求人企業と求職者を結ぶパイロットプログラム「TikTok Resumes」を米国で開始した。TargetやSpotifyなど34社の参加企業に向けて、履歴書代わりの“履歴動画”を投稿する。(2021/7/8)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
バーチャルイベントはもはや「コロナ禍におけるやむを得ない代替案」ではない
次のCESはリアルイベントになるそうだが、バーチャル展示会は今後も続くのだろうか?(2021/7/5)

IBMプレジデントのホワイトハースト氏(元Red HatのCEO)が辞任
IBMのRed Hat買収でIBM入りし、2000年から同社プレジデントを務めてきた前Red HatのCEO、ジム・ホワイトハースト氏が辞任した。後任はまだ発表されていない。ホワイトハースト氏はシニアアドバイザーとして同社にとどまる。(2021/7/5)

職能型との違い:
ジョブ型人事で才能を開花 従来と異なる「ヒトの育て方」の成功ポイント
話題のジョブ型人事制度と、伝統的な日本型人材マネジメントである職能型人事制度の大きな違いは、ヒトの育て方だろう。ジョブ型の場合、ヒトの育て方の基本思想は「厳しい競争環境を通じてヒトを鍛えていく」ということだ。成功のポイントを解説する。(2021/7/5)

7億人分のLinkedIn登録データがハッカーフォーラムで販売される
LinkedInのものとされる7億人分のユーザーデータがハッカーフォーラムで販売されていることが分かった。2020〜2021年の最新のデータも含まれる。(2021/6/30)

典型的な1on1失敗例とは:
ビフォーアフターで見る、本当にあった1on1失敗例 「部下の話を聞けない上司」編
筆者が実際に見た、失敗する1on1の典型とは。そしてそれをどう改善すればよいのか。ビフォーアフターで成功する1on1、失敗する1on1を見てみる。(2021/6/30)

海外医療技術トレンド(72):
厚労省が推奨しない「BYOD」、米国は医療テレワーク拡大に向け積極導入へ
本連載第66回および第68回で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応下の米国動向を紹介したが、今回はその米国で拡大する医療テレワークと「BYOD(Bring Your Own Device)」の問題を取り上げる。(2021/6/18)

ビジネスSNS「LinkedIn」 職歴に「主婦・主夫」追加 「復職を応援」
ビジネスSNS「LinkedIn」で、ユーザーの職歴欄に「主婦・主夫」を登録できるようになった。(2021/6/10)

ヘイトでアプリストアから削除された「Parler」、App Storeに復活
1月6日の米議事堂襲撃で連絡手段として使われ、ヘイトスピーチが問題になってアプリストアから削除されたSNSサービス「Parler」のアプリが、AppleのApp Storeで復活した。Google Playにはないが、これでAndroidでもiOSでも利用できる。(2021/5/18)

海外医療技術トレンド(71):
規制改革と海外企業参入で活性化する米国医療AI市場
本連載第67回で、米国のトランプ政権からバイデン政権への移行期における医療イノベーション支援策を取り上げた。今回は、それらのイノベーション支援策の中から医療AIに焦点を当てて取り組みを紹介する。(2021/5/14)

Kaggle入門:
Kaggleはじめの一歩
データ分析/機械学習の競技大会プラットフォーム「Kaggle」についてコンペティションの種類や仕組み、メダルと称号などを概説。さらにKaggle初心者にお勧めの教材から、Kaggleに取り組む際に役立つノウハウまでを紹介する。(2021/5/12)

GoogleからAppleへAI人材移籍再び AI部門の研究マネジャーだったサミー・ベンジオ氏がAppleに転職
同じくGoogle出身の機械学習&人工知能担当上級副社長の下で働くという。(2021/5/6)

IT企業が上位に:
ビジネスパーソンが「働きたいなあ」と思っている会社ランキング
ビジネスパーソンが「働きたいなあ」と思っている会社は、どこだろうか。ビジネス特化型SNSを運営しているLinkedInが行った調査によると……。(2021/5/2)

Microsoftの1〜3月決算、クラウドとゲームが好調
Microsoftの1〜3月決算は、前四半期に続けてパンデミックの巣ごもり需要で2桁台の増収増益だった。Web会議サービス「Teams」のDAUは1億4500万人を超えた。(2021/4/29)

オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【中編】
「Azure AD」がオンプレミスのActive Directory(AD)より魅力的な3つの理由
「Azure AD」は、クラウドサービスの利用状況によってはオンプレミスの「Active Directory」(AD)よりも魅力的に映る。オンプレミスのADとAzure ADの違いを理解する上で、重要な3つのポイントを紹介する。(2021/4/28)

「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストで紹介:
PR:Microsoftの“今と未来”が分かる「Microsoft Ignite 2021」の見どころをギュッと凝縮!――日本のコミュニティリーダー厳選の発表内容総まとめ
Microsoftが自社の最新テクノロジーとその展望を披露する年次カンファレンス「Microsoft Ignite」。そのMicrosoft Igniteを聴講した日本の技術コミュニティのリーダーが“特に気になった発表内容”を厳選して紹介する日本独自の振り返りイベント「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストでお届けする。(2021/4/22)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

「フェイク漏えい」か アングラ市場での漏えいデータ販売報道にLinkedInが公式見解
このところデータ漏えいインシデントを巡る報道が二転三転する事態が続いている。LinkedInは、ユーザーデータ5億人分がハッカーフォーラムで販売されているとの報道について、自社サービスから漏えいしたデータではないと発表した。(2021/4/13)

Microsoft、音声認識のNuanceを262億ドル(約2兆円)で買収すると正式発表
Microsoftが音声認識大手のNuance Communicationsを買収すると発表した。買収総額は197億ドル(約2兆1551億円)。AzureやTeamsなどにNuanceの技術を統合し、主に医療業界向けソリューションを強化する。(2021/4/13)

Clubhouse「130万件データ漏えい」報道を巡り議論、プライバシー情報の扱いに課題
海外メディアが「Clubhouseのユーザーデータ130万件が漏えいした」と報道した。Clubhouse運営企業は漏えいしたとされるデータは誰でもアクセスできるパブリックなデータであるため、漏えいではないとして反論している。(2021/4/12)

Microsoftが音声技術のNuance買収を検討中か──Bloomberg報道
Microsoftが、AppleのSiriに技術を提供したことで知られるNuance Communicationsの買収を検討中とBloombergが報じた。買収総額は160億ドル(約1兆7550億円)に上る見込み。(2021/4/12)

Clubhouseからスクレイピングされたユーザーデータ130万件も無料公開
Facebookの5億3300万人、LinkedInの5億人に続き、Clubhouseの130万人のユーザーデータもスクレイピングにより集められ、同じハッカーフォーラムで公開されたと報じられた。Clubhouseは「われわれのAPIを使えば誰でもアクセスできるもの」とツイートした。(2021/4/12)

LinkedIn 5億人分のプロファイルデータが「販売中」との報道
5億人分のLinkedInプロファイルデータが売りに出されているとの報告があった。漏えいしたデータには電子メールアドレスや電話番号、氏名などが含まれているとされる。(2021/4/9)

LinkedInからスクレイピングされた約5億人分の公開個人情報も犯罪フォーラムで販売
Facebookに続き、Microsoft傘下のLinkedInの個人情報も犯罪フォーラムで販売されていたことが判明した。ユーザーが公開しているフルネームや電話番号、メールアドレスなどを5億人分、4桁ドルで購入できる状態だった。(2021/4/9)

サイバー犯罪者が偽セキュリティ企業を設立か Googleが報告
Googleの脅威分析チームが、北朝鮮政府に支援されているとみられるサイバー犯罪者が偽のセキュリティ企業をでっち上げたようだと発表した。セキュリティ研究者をだますための偽のサイトだとGoogleは分析している。(2021/4/3)

LinkedInに自己紹介動画やフォロワー獲得などの新機能
Microsoft傘下のLinkedInに、プロフィールで自動再生される自己紹介動画を追加できるようになる。また、「クリエイターモード」を選ぶと、「つながりを申請」ボタンが「フォロー」ボタンになり、フォロワーを獲得できるようになる。(2021/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。