ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LinkedIn」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LinkedIn」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第2回】
「YouTube」はSNS? 老いも若きも愛する“老舗SNS”6選の特徴を紹介
老舗の風格がただよう主要なSNSといっても、家族の誰かが毎日アクセスしているほどなじみ深いものから、日本ではあまり知名度のないものまでさまざまだ。筆者の独断で選んだ6つの“老舗SNS”の特徴を紹介する。(2024/2/22)

欧州委員会、TikTokをDSA(デジタルサービス法)違反の可能性で調査開始
EUの欧州委員会は、TikTokがDSA(デジタルサービス法)に違反している疑いがあるとして、正式な調査を開始した。「ウサギの穴効果」の可能性や未成年保護方法などを調べる。(2024/2/20)

Google、Microsoft、MetaなどIT系20社、選挙イヤーでのAI悪用阻止協定
GoogleやMicrosoftなど大手IT企業20社のグループがミュンヘン安全保障会議で、世界で行われる選挙でのAI悪用と戦うための技術協定を発表した。2024年は40以上の国、40億人以上の人々が選挙に参加する。(2024/2/19)

Cybersecurity Dive:
Microsoftの不備と怠慢を暴いた、非常にシンプルなサイバー攻撃とは?
セキュリティ専門家たちは、Microsoftの幹部の電子メールがハッキングされたインシデントについて、同社のセキュリティ不備と怠慢の結果だとして批判している。(2024/2/18)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

SNSの栄枯盛衰を振り返る【第1回】
いにしえから現代まで受け継がれた、もはや「レジェンド」なSNSの機能とは
個人的なコミュニケーションからビジネスまで、ソーシャルメディアはなくてはならない存在になりつつある。歴史をひもときながら、社会生活を彩るソーシャルメディアの役割を振り返る。(2024/2/15)

Microsoft、AI「Copilot」のAzure好調で予想を上回る増収増益
Microsoftの10月〜12月の決算は、売上高、純利益ともに予想を上回る2桁台の増収増益だった。AI統合を進めたクラウド部門が好調だった。Activision Blizzard買収による営業損失も計上した。(2024/1/31)

セキュリティニュースアラート:
2023年Q4のフィッシング攻撃で最も悪用されたブランドとその手口とは?
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2023年第4四半期のブランドフィッシングレポートを公開した。悪用されているブランドとその手口が公開された。(2024/1/24)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
Contiの解析から判明した“攻撃者エコシステムの実態”と“EDRの限界”
今やランサムウェアグループは分業化などが進み、組織はますます高度化している。著名なランサムウェアグループContiの実態と攻撃手法から、EDRの限界が見えてきた。(2024/1/31)

「8億1500万人分の個人情報流出」や「被害額1億ドル」の事例など:
2023年に起きた10大サイバーセキュリティインシデント事例 ESET
ESETは2023年に発生したサイバーセキュリティインシデントの中で、最も影響の大きかった10個の事例を発表した。(2024/1/22)

Marketing Dive:
Amazonが広告付き動画配信の本格化に向けてDisneyから大物を召喚、これからアマプラに何が起きる?
ジェレミー・ヘルファンド氏がDisneyからAmazonへ移籍した。同氏はDisneyでHuluやDisney+などのストリーミング広告の構築に携わった経歴を持つ。(2024/1/19)

海外医療技術トレンド(103):
米国政府のAI駆動型保健医療DX推進策とDFFTの関係性
本連載第23回や第65回で米国保健医療行政当局のIT戦略やDXを取り上げたが、データ駆動型からAI駆動型への進化に向けた動きが本格化している。さらに、日本が提唱してきたDFFT(信頼性のある自由なデータ流通)をも取り込もうとしている。(2024/1/19)

現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」 データ駆動は社会をこう変える
イスラエルではガザや爆撃といったキーワードで報道されることも多いものの、実はイスラエルビジネスは従来通りにきちんと機能している。現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」をお届けする。(2024/1/17)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

VMware買収がもたらす影響
VMware買収の狙いはやはりあれ? レイオフに動くBroadcomの本心
VMwareの買収を2023年11月に完了させたBroadcomは、VMware従業員のレイオフに踏み切った。この動きから、BroadcomがVMware を買収した狙いの一部が見えてきた。(2024/1/9)

Cybersecurity Dive:
金融機関を狙うサイバー攻撃は連鎖的な被害を生む その原因とは?
2023年は金融機関を狙う悪質なサイバー攻撃が活動が数多く観測された。そして、この攻撃は複数の金融機関で連鎖する可能性がある。その原因とは。(2024/1/6)

Social MediaToday:
2024年、成功したいデジタルマーケターがやるべきこと5選
2024年のマーケティングプランニングにおいて注目すべき5つの主要なトレンドについて、ポイントを絞って解説する。(2024/1/4)

Social Media Today:
AppleやMetaにも負けないAR 有料サブスクはさらなる成長の期待も――2024年のSNS大予測(Snapchat編)
財務的には一時困難な状況もあったSnapだが、ARグラスや3Dアバター、メッセージングなど、再浮上の可能性は十分にある。(2023/12/23)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【後編】
退職した人材の再雇用を狙う「アルムナイ制度」 企画倒れで終わらせないポイントは
人事部門が「アルムナイ制度」(退職者を再雇用する仕組み)を構築し、コミュニティーを長く存続させたいなら「やるべきこと」と「やり過ぎてはいけないこと」がある。それは何か。(2023/12/21)

PoC(概念実証)の基本ステップ【後編】
これなら分かる「PoC」で失敗しない“6つの原則”
新しいアイデアやプロジェクトの実現可能性を検証するに当たって、PoC(概念実証)には押さえておくべき6つのポイントがある。PoC全体の流れと、必要なステップを理解しよう。(2023/12/19)

Social Media Today:
TikTok全面禁止は結局のところ、あり得る?――2024年のSNS大予測(TikTok編)
コマース領域への進出、AI機能の強化など、2024年もTikTokはますます進化することが予想される。しかし、米中関係次第では、そもそも全面的にアプリ利用が禁止される懸念もある。(2023/12/16)

海外医療技術トレンド(102):
経済インセンティブで攻めるフランスのデジタルヘルス戦略
本連載第79回でフランスのデジタルヘルス戦略を取り上げたが、同国が2022年上半期のEU理事会議長国を務める2022年5月3日に、「欧州保健データスペース(EHDS)」に関する規則が正式に提案されるなど活発な動きを見せている。(2023/12/15)

この頃、セキュリティ界隈で:
イベントの出演者が“実は存在しなかった”──海外の開発者会議が中止に なぜこんな事態に?
12月にオンラインで開かれる予定だったイベントにて、ゲストスピーカーの中に実在しない女性がいたことが発覚して開催中止に追い込まれた。多様性・包括性が求めらる風潮の中、こうしたイベントの主催者が講演者の確保に苦慮している様子も垣間見える。(2023/12/14)

ビル点検員に変装→オフィスにラズパイ持ち込んで社内システム侵入 Sansanが本当にやった“何でもアリ”なセキュリティ演習
標的型攻撃メールから物理侵入まで、Sansanが本当にやった何でもアリなセキュリティ訓練。携わってメンバーに話を聞いた。(2023/12/26)

Social Media Today:
MicrosoftはOpenAIの最強パートナー 生成AIへの強みをどう生かす?――2024年のSNS大予測(LinkedIn編)
プロフィール要約や投稿補助など、生成AIを活用した機能を続々と導入してきたLinkedIn。2024年はAIの使用をアプリ内の体験向上にシフトさせることが予想される。(2023/12/9)

アルムナイネットワークを構築する7つのヒント【前編】
採用難から注目集まる「アルムナイ」制度 参加したくなるグループとは?
人材不足と採用難から、人事部門は「アルムナイ」(退職者)を再雇用する仕組みに熱視線を送っている。企業主導でアルムナイのコミュニティーを立ち上げ、魅力的な参加者を集めるためのこつは。(2023/12/7)

Social Media Today:
ARで小売業との連携を強化、ショッピングにより強いSNSに――2024年のSNS大予測(Pinterest編)
2024年のPinterestのテーマはIRL(In Real Life:現実世界)との接続となるだろう。(2023/12/2)

ふぉーんなハナシ:
Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう
Googleマップのデザインが新しいものに変更されました。単なる色の変更に見えますが、視点を変えると別のものが見えてくるかもしれません。(2023/12/1)

この頃、セキュリティ界隈で:
「あの企業、実は情報漏えいしてますよ!」──ランサムウェア集団が自ら政府機関に“告げ口” 米国で新たな手口
ランサムウェアを操る集団が自分たちで攻撃を仕掛けて情報を流出させた企業について、被害に関する届け出を怠ったとして米証券取引委員会に“告げ口”する手口が確認された。こうした手口が発覚したのは初めてとみられる。(2023/11/27)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏の野望はいつ破綻する?――2024年のSNS大予測(X編)
スーパーアプリの構想を掲げるマスク氏が改革の大ナタを振るう度、Xユーザーや広告主は心をざわつかせている。Xはこの調子でやっていけるのだろうか。(2023/11/25)

OpenAIの新取締役3人のプロフィール
OpenAIが発表した“初期段階”の取締役会のメンバー、アダム・ディアンジェロ氏、会長になるブレット・テイラー氏、ラリー・サマーズ氏のプロフィールを簡単に紹介する。(2023/11/24)

Social Media Today:
生成AIでビジュアル編集強化、そしてThreadsは出オチで終わらない――2024年のSNS大予測(Instagram編)
AIでレコメンドされる動画、AR、それからX(旧Twitter)キラーの最有力候補であるThreads。Metaの屋台骨を支えるInstagramは2024年、どう進化するのか。(2023/11/18)

Cybersecurity Dive:
パッチ適用しても効果なし? Citrix NetScalerの脆弱性についてMandiantが指摘
Mandiantの研究者は、Citrix NetScalerの脆弱性について、パッチを適用した組織が依然としてハッキングの被害を受けていると指摘した。一体どういうことだろうか。(2023/11/18)

海外医療技術トレンド(101):
医療/介護イノベーションの“砂場”に変貌するシンガポール
地域医療/介護連携ネットワークの共通基盤化が進み、主要プラットフォーム事業者のクラウドセンターが集中するシンガポール。今や、次世代健康/ウェルビーイング領域のイノベーションのためのテクノロジーサンドボックスに変貌している。(2023/11/17)

Supply Chain Dive:
Uberがホリデーシーズンの「救世主」に? 進む「物流会社化」の背景
ライドシェア業界とフードデリバリー業界の「物流会社」化が進んでいる。大手のUberは、ECサイトなどから購入された商品の返品サービスを開始した。大手物流業者の拠点と一般消費者をつなぐ「ラストワンマイル」の配達を請け負うこのサービスは成功するか?(2023/11/14)

Social Media Today:
Facebookの“ソーシャル離れ” フォローよりAI重視が加速――2024年のSNS大予測(Facebook編)
世界最大のSNSであるFacebookさえ、フォローする人よりAIがレコメンドするコンテンツの方がエンゲージメントが高いと考えるようになっている。2024年はどうなる?(2023/11/11)

ビジネスに使える「生成AIツール」6選【後編】
SNSマーケティングが面倒ではなくなる「生成AIツール」3選
企業がマーケティングにSNSを活用するのは一般的になった。一方でSNSの効果的な活用方法に悩む企業は少なくない。SNSマーケティングの成功に役立つ生成AIツール3つと、その特徴や課題を紹介する。(2023/11/9)

「優秀なマーケター=外資にいる」はもう間違い? 現代の優秀マーケターはどこにいるのか
(2023/11/8)

Social Media Today:
2024年のSNS大予測
2024年まで、残すところあと数週間。次の12カ月でデジタルマーケティングへのアプローチをどのように変えていくか、計画立案のために知っておきたいことがある。(2023/11/4)

LinkedInの会員が10億人突破 プレミアム会員向けAIツールを追加
LinkedInは、会員数が10億人を突破したと発表した。また3月に予告したプレミアム会員向けのOpenAIのGPT採用AIツールの提供を開始した。(2023/11/2)

チップからパッケージまで:
TSMCのロードマップをたどる
活発な投資が続くTSMC。本稿では、TSMCの半導体製造プロセスのロードマップをまとめる。(2023/11/1)

OpenAI、AIの“壊滅的な”リスクに取り組む「Preparedness」チーム結成
OpenAIは、AIの“壊滅的な”リスクに取り組むためのチーム「Preparedness」を結成した。また、そうした壊滅的リスクとその対処についてのアイデアを募集するコンテストも開始。優秀な回答には2万5000ドル分のAPIクレジットを提供する。(2023/10/27)

AIに目的のコンテンツを生成させるには:
Microsoft、生成AIの可能性を引き出す25種類の効果的なプロンプトの作成方法を紹介
Microsoftは公式ブログで、効果的なプロンプトを作成し、生成AIの可能性を引き出す25のヒントを紹介した。(2023/10/27)

Supply Chain Dive:
Amazonが投資 「海上輸送の脱炭素化」を進める新たな一手
Amazonは「2030年までに同社が出荷する商品の50%のネットゼロ(大気中に排出されるGHGと除去されるGHGが差し引きゼロになる状態)を達成する」という目標に向けて、海運大手との契約を更新した。両社が取り組む、海上輸送の脱炭素化という取り組みを進めるための新たな一手とは。(2023/10/26)

Microsoft、AI搭載クラウド好調で2桁台の増収増益
Microsoftの7〜9月期決算は、売上高は13%増、純利益は27%増だった。Azureなどのクラウドが好調だった。フッドCFOは、AzureのGPU性能向上で成長が促進されたと語った。(2023/10/25)

海外医療技術トレンド(100):
DXとGXで先行する北欧の医療“SX”イノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回で北欧諸国のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回は医療に焦点を当てる。(2023/10/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
イスラエル・ハマス衝突でサイバー空間も戦場に ハッキングで“偽の核攻撃アラート” SNSはデマだらけ
パレスチナ自治区ガザのイスラム勢力ハマスとイスラエルの戦闘が、サイバー空間でも激化している。(2023/10/18)

Microsoft傘下のLinkedIn、約668人の人員削減
Microsoft傘下のLinkedInは約668人の従業員を削減すると発表した。エンジニアリング、製品、人材、財務部門が影響を受ける。(2023/10/17)

Microsoft、Activision Blizzardの買収を完了
Microsoftは10月13日、昨年1月に発表したActivision Blizzardの買収を完了したと発表した。同日に英CMAがこの取引を承認したことを受けたものだ。Microsoftは、Activision Blizzardのゲームの多くを「Xbox Game Pass」に追加していく計画。(2023/10/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年10月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/10/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。