ニュース
» 2011年03月11日 09時01分 UPDATE

LinkedIn、ビジネス特化のソーシャルニュースサービス「LinkedIn Today」スタート

IPO申請中のLinkedInが、ユーザーデータに基づいてアグリゲートしたトップニュースを提供するソーシャルニュースサービスを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ビジネス目的のソーシャルサービスを手掛ける米LinkedInは3月9日(現地時間)、ユーザーのアカウント情報に基づいて選択した注目ニュースを提供するソーシャルニュースサービス「LinkedIn Today」を発表した。同サービスはLinkedInのiPhoneアプリ版でも利用できる。

 linkedin today 1

 LinkedInのユーザーは、自分の職歴や関心のある業界、企業、企業幹部などの人物をプロフィールに登録し、ビジネスに特化したネットワークを形成している。LinkedIn Todayはこうしたユーザーの情報に基づいてWeb上のニュースからアグリゲートしたニュースを各ユーザー向けにカスタマイズして提供する。同社は「ユーザーは自分のコネクションや同僚を信頼しているのだから、それらの人々が関心を持った情報はユーザー自身も関心を持つべきだといえる」と説明する。

 ニュースは、ユーザーのコネクション、業界ネットワーク、Web全体の3段階に分けて表示されるので、目的に応じてチェックできる。各ニュースをどんな業界の誰が共有したか、どんなコメントを残したかを見ることもできる。

 linkedin today 2

 9000万人の会員を擁する(2010年12月31日現在)LinkedInは、1月にIPOを申請している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ