ニュース
» 2011年03月15日 13時52分 UPDATE

Microsoft、被災の日本以外でIE9正式版を予定通り公開

MicrosoftがWebブラウザの最新版「Internet Explorer 9」の正式版をリリースした。ただし、大地震に襲われた日本向けに関しては、ネットワークへの負荷に配慮し、公開を延期した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月14日(現地時間)、予定通りWebブラウザ「Internet Explorer(IE) 9」の公式版をリリースした。ただし、東北地方太平洋沖地震の影響を受けている日本では、ネットワークに余計な負荷を掛けないよう配慮し、公開を延期した。

 MicrosoftのIE9公開用特設サイト「Beauty of the Web」からは39カ国語版のIE9がダウンロードできるほか、新機能などを紹介するインタラクティブな製品ガイドなどが用意されている。

 ie 9

 IE9のプレリリース版は4000万本以上ダウンロードされ、Windows 7で稼働するWebブラウザシェアの2%を占めたという。リリース候補(RC)版ユーザーからのフィードバックだけでも1万7000件を超え、Microsoftはこれらのフィードバックを公式版に反映させたとしている。例えば、低性能なPCでのパフォーマンスの向上、トラッキングプロテクション機能の強化などを追加した。

 IEを利用しているWindowsユーザーは、Windows Update経由でのアップデートが可能。IE9のβ版およびRC版も、自動的にアップデートされる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ