ニュース
» 2011年05月19日 15時40分 UPDATE

企業の使用電力をリアルタイムで計測するサービス 東芝

企業内のさまざまな場所にセンサーを設置して、電力の使用状況をリアルタイムで可視化するサービスを東芝などが発表した。

[伏見学,ITmedia]

 東芝および東芝ソリューションは5月19日、企業全体の使用電力量をリアルタイムで可視化するサービスを発表した。6月中旬からサービス提供を開始し、電力の大口需要企業を中心に提案していく。

 新サービス「使用電力見える化クラウドサービス」は、企業の各拠点(主に分電盤など)に電力量計、電力センサー、ゲートウェイなどの計測ユニットを設置することで、電力の使用状況を可視化するというもの。1〜30分周期で測定したデータをインターネット経由でデータセンターに送信、自動集計することで、企業全体の使用電力量をリアルタイムで把握できる。分電盤やコンセント単位での部分的な計測も可能なほか、使用電力量の制限を設けることで上限値に近づくと自動警告メールが届く機能などを実装する。

 料金は、1拠点につき30の設置ポイントで月額3万6000円(税抜)。それ以上は1ポイントごとに1200円かかる。計測ユニットの設置工事費などは別料金となる。

「使用電力見える化クラウドサービス」の概念図 「使用電力見える化クラウドサービス」の概念図

関連キーワード

電力 | 節電 | 省電力 | 東芝 | 見える化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -