ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「見える化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「見える化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モビリティサービス:
事故の危険がある地点を10m四方でスコアリング、トヨタとKDDIが協力
KDDIは過去の事故情報などのオープンデータと人や車両の流れのビッグデータをAIで分析して危険地点を見える化するソリューションを2024年春から提供する。トヨタ自動車と連携して、早期の社会実装を目指す。(2024/2/21)

FAニュース:
最大200×100mのエリアの人の動きを見える化する位置、動作分析ツール
イーアールアイは、最大200×100mをカバーする位置、動作分析ツール「InQrossカイゼンメーカーWIDE」を発売した。ゲートウェイとアクセスポイントが広範囲をカバーし、Wi-Fiネットワーク不要で容易に導入できる。(2024/2/13)

関東の私鉄沿線格差:
通勤ラッシュ時でも「遅れにくい」路線は? よく遅れる路線の特徴
国土交通省は、「東京圏の鉄道路線の遅延『見える化』」と題し、遅延証明書の発行状況や遅延の発生原因などをまとめている。通勤ラッシュ時でも「遅れない」路線の特徴は……。(2024/2/7)

医療機器ニュース:
調味料の使用量を見える化するIoTサービスを開発
東洋製罐グループホールディングス、おいしい健康、シャープは、食塩などの使用量を見える化する調味料IoTサービス「ソルとも」を開発した。顆粒調味料と液体調味料にそれぞれ対応する2種類を用意した。(2024/1/31)

脱炭素:
オムロンがサプライチェーンのCO2排出量見える化実証開始、Catena-Xにも接続
オムロンは、製造現場における脱炭素化への取り組みを紹介するとともに、製品サプライチェーンのカーボンフットプリントの見える化に向けた実証実験を開始したことを発表した。実証実験では、グローバルデータ流通基盤「Catena-X」にも接続する計画だという。(2024/1/30)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)

災害対策:
能登半島地震の道路状況をWebで可視化 国交省の「道路復旧見える化マップ」
国土交通省は、能登半島地震の道路復旧状況をWebサイト上に可視化した「道路復旧見える化マップ」を公開した。(2024/1/15)

脱炭素:
求められる供給網全体の可視化、CO2排出量見える化の国内ルール整備の現状
ライブ配信セミナー「カーボンニュートラルテクノロジーフェア 2023冬 製造業の技術と持続可能な未来を考える」で実施した、Green x Digitalコンソーシアム 見える化WG主査 稲垣孝一氏による基調講演を紹介する。(2024/1/5)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
中小企業が注目のダッシュボード活用、うまくいかないKPI分析を見える化
KPI(重要業績評価指標)を活用したデータ分析は、業務の効率化や経営基盤強化の頼もしい武器だ。しかし、中小企業への浸透はまだまだ十分ではない。そこで、クラウドERPによるダッシュボードを活用したKPI分析手法を紹介する。(2023/12/20)

オフィス回帰で浮かび上がった「新たな悩み」:
「席がない」「会議室もない」を解決する“オフィスの最適化”とは
オフィス回帰が本格化する中、「出社したが、座る席がない」「会議室が取れない」といった不満の声が上がっている。オフィスの増床を考える前に、オフィスの利用状況を「見える化」することで問題の解決につながる可能性もある。(2023/12/19)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(70):
オムロンがSD-WANでグローバルネットを刷新、「見える化」と「コスト削減」を実現
オムロンがSD-WANによるグローバルネットワークの刷新を進め、2023年12月に導入が完了する予定だ。高機能なSD-WANの特徴や導入効果を見てみよう。(2023/10/30)

「CEATEC AWARD 2023」スタートアップ部門グランプリ:
風を「見える化」、ドローン運航支援や風力発電に活用
メトロウェザーは「CEATEC 2023」にて、風況予測を行えるドップラーライダーを展示した。同製品は小型かつ低価格であることが特長で、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門でグランプリを受賞している。(2023/10/25)

仙石惠一の物流改革論:
経営者に物流コストを「直視」させる方法
批判を恐れずに言わせていただくと、日本の企業は物流に無関心だ。サプライチェーンにおける企業活動では、ほぼ100%物流が発生する。しかし、その物流をコントロールする人材を十分に配置していなければ、育成もしていない。ならば、物流におけるコストを「見える化」しよう。そうすれば、まともな経営者だったらアクションを取らざるを得ないだろう。(2023/10/18)

FAニュース:
製造現場の見える化に貢献、さまざまな測定値を表示する多機能デジタル表示器
ifm efectorは、さまざまな測定信号に適応する多機能デジタル表示器「DX1063」を発売した。データをリアルタイムで表示し、製造現場でプロセス状態を見える化する。(2023/10/16)

トヨタが車の納期を“見える化” 全販売店に新システム 生産も効率化
トヨタ自動車は13日、販売店と生産部門が、日々の新車の受注状況や生産の進捗情報を共有できる新たな販売物流統合管理システムを本格導入すると発表した。(2023/10/13)

xR:
熊谷組がHoloLensでコンクリ締固め作業を見える化 経験に頼らず施工品質を均一化
熊谷組とインフォマティクスは、Microsoft HoloLensを用いたコンクリート打込み時の締固め作業を見える化する管理システムの実用化に取り組んでいる。(2023/9/13)

スマートコンストラクション:
西松建設が山岳トンネル工事のコンクリ残量を「direct」とLiDARで見える化
西松建設は、山岳トンネル工事の吹付けコンクリートで、コンクリ材料の残量(骨材残量)を、L is Bのコミュニケーションツール「direct」とLiDARセンサーで、いつでもどこからでも確認できる「BP-Tracker」を開発した。(2023/9/13)

Japan Drone 2023:
“大阪・関西万博”会場で実証実験が進行中 風を見える化し、空飛ぶクルマの安全を確保するドップラー・ライダー
上空の風の速さと向きを3次元化するドップラー・ライダーで、空のインフラ構築を目指す、京大発ベンチャーのメトロウェザー。(2023/8/23)

スマートコンストラクション:
清水建設が山岳トンネル工事で、最適な発破パターン算出と施工を自動化する新システムを開発
清水建設は、山岳トンネル工事で、切羽を見える化し、発破設計と穿孔作業工程を自動化する最適発破自動設計施工システムを開発した。(2023/8/15)

脱炭素:
CO2データの企業間連携の実現性を確認、供給網の排出量見える化に向けて前進
電子情報技術産業協会は2023年8月4日、仮想サプライチェーン上でのCO2データ連携の実証実験に成功したことを発表した。(2023/8/10)

製造業IoT:
PFUが工場の「ネットワーク見える化装置」を機能強化、より“やさしく”
PFUは、工場におけるネットワーク接続機器の見える化やネットワークの状態把握を簡単に行える装置「iNetSec FC」の機能強化版の提供を開始する。ネットワークの見える化を、より“やさしく”行えるようにしたことが最大の特徴となる。(2023/7/27)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(6):
オリジナルCPU「DL166」のレジスタをLEDドットマトリックスで見える化する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第6回は、「Tang Nano 9K」に移植したオリジナルCPU「DL166」のレジスタをLEDドットマトリックスで見える化する。(2023/7/18)

FAニュース:
IVIつながるものづくりアワード2023発表、最優秀賞は企業間連携見える化促進事例
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブは、「IVIつながるものづくりアワード2023」を発表した。最優秀賞は、神戸製鋼所などによる「企業間連携による新たな価値の創出1(カーボンニュートラル編)」が受賞した。(2023/6/23)

安全システム:
EDRを中古車評価に、車体骨格のダメージを見える化
ボッシュは、中古車販売での車両評価にEDRのデータを使う「Bosch Car History Report」を公開する。(2023/6/13)

BAS:
コネクシオが戸田建設のCO2見える化システム「CO2MPAS」のリニューアルを支援
コネクシオと戸田建設は、建物のCO2を見える化するシステムをリニューアルした。新システムでは、電力量などのエネルギー情報をクラウドに集め、PCモニターで見える化する。(2023/6/7)

製造ITニュース:
SOP管理機能などを搭載した食品、化学向けMESパッケージの最新版発売
日立産業制御ソリューションズは、製造現場の見える化に貢献する、食品、化学向けMESパッケージの最新版「ProductNEO Ver2.0」の販売を開始した。作業手順誤りを抑制するSOP管理機能や、KPI管理機能などを新たに搭載している。(2023/5/15)

北欧のネクストイノベーション「Climate Fintech」に迫る旅:
ESG投資に続く「インパクト投資」 環境・社会への影響を正しく「見える化」する北欧企業が活躍
ESG投資に続いて注目を集めているグリーン投資がある。「インパクト投資」と呼ばれ、投資先が生み出す社会的・環境的な価値を最大化することで、社会課題の解決に貢献するとともに適切な金融リターンを追求するのが目的だ。インパクト投資のすそ野を広げようと奮闘している北欧企業を紹介する。(2023/5/15)

ドローン:
ドローンとAI解析で道路や駐車場の“混雑度を見える化” 竹中工務店が万博工事に向け実証
竹中工務店は、自律飛行するドローンの空撮画像をリアルタイムにAI解析することで、道路や駐車スペースの車両台数を判定し、データ連携による混雑度見える化の実証実験を行った。(2023/5/9)

NEC、学校授業向け「学びの様子見える化サービス」を強化 教員への通知機能を実装
NECは、同社が提供する「学びの様子見える化サービス」の強化を発表した。(2023/5/9)

現場管理:
三井住友建設がコンクリの締固め範囲と時間をARで見える化するシステムを開発
三井住友建設は、コンクリート打設時にARで締固め作業の定量的な管理を行う「ARコンクリート締固め管理システム」を開発した。(2023/5/1)

デザインの力:
購買に至るまでのデザイン課題を見える化して改善へと導くクラウドサービス
コニカミノルタは、最先端の感性脳工学と同社独自の画像処理技術を利用したデザイン解析クラウドサービス「EXplainable感性」を2023年4月3日から提供開始した。(2023/4/18)

脱炭素:
生産設備の100%再エネ利用を認証団体が初認定、日立の見える化システムを活用
旭化成は宮崎県延岡市に持つ不織布工場のスエード調人工皮革「Dinamica」生産設備が、100%再生可能エネルギー由来の電力で稼働していることを一般社団法人パワード・バイ・アールイー認定委員会より2023年3月8日に認定されたことを発表した。(2023/4/4)

脱炭素経営EXPO:
“脱炭素経営”の加速で「排出量の見える化」に脚光、関連ツールが続々登場
企業活動に伴う温室効果ガス排出量の削減に向けて、「排出量の見える化(算定・可視化)」が喫緊の課題となっている。昨年、上場企業に対してTCFD提言に基づく情報開示が実質義務化され、対応に追われているところも少なくない。東京ビッグサイトで開催された「脱炭素経営EXPO」において、排出量見える化ソリューションの最新動向を探った。(2023/3/29)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
もうただの「時計付き」じゃない! 操作ステータスの“見える化”に対応した「Echo Dot with clock」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、状態表示を目視できるようになった「第5世代Echo Dot with clock」をチェックした。(2023/3/3)

脱炭素:
サプライチェーン全体のESG指標を一元管理する基盤、企業価値向上に生かす
booost technologiesは2023年2月27日、CO2排出量や人的資本などESG関連の指標を見える化するプラットフォーム「booost Sustainability Cloud」を発売した。自社情報に加え、サプライヤーの情報も収集して管理できる。(2023/2/28)

配当金も見える化 マネフォMEに投資家向け有料プラン「資産形成アドバンスコース」
マネーフォワードは2月27日、家計簿アプリ「マネーフォワードME」に新有料プラン「資産形成アドバンスコース」の提供を開始した。(2023/2/27)

潜在顧客は400万人に:
買い物のCO2排出量が見えるクレジットカード、日本で浸透するのか?
クレディセゾンは2021年6月、CO2排出量を見える化するクレジットカードをリリースした。「価格よりもサステナビリティを優先する」という人が少ない中で、カード利用は広まるのか?(2023/2/21)

脱炭素:
CO2排出量見える化アプリを無償提供、中小企業と共に脱炭素目指す山善
山善はカーボンニュートラル実現に向けた同社の取り組みについて発表した。同社は製品仕入れ先である中小企業などを支援する形で、サプライチェーン全体でのCO2排出量低減を目指している。(2023/2/9)

FAニュース:
サーボモーターの保全基準が“時間”から“状態”へ、オムロンの保全DXに新製品
オムロンは生産設備の異常の有無を見える化する「状態監視機器」の新シリーズとして、アドバンスドモーター状態監視機器「K7DD」を2023年3月1日より日本国内で販売すると発表した。4月から順次グローバルに向けて販売する。(2023/2/7)

スマート工場EXPO2023:
工場のカーボンニュートラル化へ、現場のCO2情報見える化を支えるEdgecross
Edgecrossコンソーシアムは、「第7回スマート工場EXPO」において、Edgecrossを用いて、製造現場の装置のリアルタイム情報を取得し個々の電力消費量やCO2排出管理を行う仕組みを紹介した。(2023/2/2)

遠隔臨場:
エコモットの建設現場を見える化する製品群「現場ロイド」で“オンライン見積もり”が可能に
エコモットは、建設現場の生産性向上に寄与する製品群の「現場ロイド」で、検討中製品の見積もりをWebブラウザ上の簡単な操作で顧客自身が作成し、ダウンロードもできる“オンライン見積もり”の提供を開始した。(2023/1/30)

BAS:
第一ビルサービス、建物内の感染リスクを見える化する管理ツール
第一ビルサービスは建物内の感染対策をより最適化するため、感染リスクを“見える化”するシステムとして、建物環境感染リスクマネジメント「りすくま」をリリースした。(2023/1/23)

製造IT導入事例:
日本酒の麹造り工程をIoTで定量的に評価する手法を開発
大阪ガスと黄桜は共同で、日本酒造りの「製麹」工程を定量的に評価する手法を開発した。同手法をDaigasエナジーのIoTサービス「D-Fire」に組み込み、製麹工程の見える化に成功した。(2023/1/11)

MONOist 2023年展望:
進む脱炭素のルールメイキング、2023年以降の製造業に影響し得る2つの動き
2022年、国内産業界でもカーボンニュートラル実現に向けたさまざまなルールや枠組み作りが加速した。こうしたルール作りの中でも今後製造業に少なからず影響を与えるテーマとして、「CO2排出量見える化」と「カーボンプライシング」の2つを取り上げたい。(2023/1/11)

ドコモ、CO2削減量や環境貢献度を見える化する「カボニューレコード」提供開始
NTTドコモは、対象サービスの利用状況や移動情報などからCO2削減量や環境配慮への貢献度を見える化する「カボニューレコード」を提供開始。これに伴い、エコ行動を記録するとdポイントがもらえるキャンペーンも行う。(2023/1/10)

MONOist IoT Forum 特別企画:
PR:現場データを経営価値に、国際標準準拠の「見える化」がもたらす新たな生産性
2022年12月6〜7日に開催されたオンラインセミナー「MONOist IoT Forum 2022 〜ビジネス価値につながるIoT活用とは〜」(主催:MONOist編集部)に日本アイ・ビー・エム IBMコンサルティング事業本部 アソシエイト・パートナーの永田靖宏氏が登壇し「IoTデータの価値最大化に向けて」をテーマに講演。スマート工場におけるデータ活用の仕組みとその有効活用により経営価値を作り出していく方法について紹介した。(2022/12/28)

清掃作業の効率化も目指す:
「トイレ行ったら全部埋まってた」を防止 満空状況の見える化サービスを開発したイオンディライトの狙い
施設管理などを手掛けるイオンディライトは、「トイレ・ゴミ箱IoTシステム」を開発した。トイレやゴミ箱の利用状況などを可視化する。利用者の満足度向上だけでなく、清掃作業の効率化も目指す。(2022/12/23)

マネーフォワードMEに「サブスク」の見える化機能
マネーフォワードは12月12日、家計簿アプリ「マネーフォワードME」において、ユーザーが契約しているサブスクリプションサービスを一目で把握できる「サブスクレポート機能」の提供を開始した。(2022/12/12)

製造業×脱炭素 インタビュー:
もうけて進めるカーボンニュートラル、問題の見える化でコスト削減
欧米を筆頭に機運が高まるカーボンニュートラル。iSTCおよび旭鉄工で代表取締役社長を務める木村哲也氏は「自社のカーボンニュートラルの推進はまだ先だ、というような発想ではなく、電力料金が企業の収益を圧迫している状況」と語る。(2022/12/2)

協働ロボット:
協働ロボットの故障をシーケンサーを通じて予知、稼働状況も簡単見える化
ユニバーサルロボットは2022年11月15日、同社の協働ロボットの生産性を高める保守、運用に関するオンラインセミナーを三菱電機と共同で開催し、協働ロボットのメリットや導入事例の他、故障予知を図る新たなソリューションなどを提案した。(2022/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。