ニュース
» 2011年06月10日 16時23分 UPDATE

環境情報を管理するクラウドサービス、NECが提供開始

NECは、CO2排出量や使用電力量などの環境情報を分析したり、編集したりできる2種類のサービスを発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 NECは6月10日、環境情報の一元管理や分析、加工ができるクラウドサービスとして、CO2や廃棄物などの情報が対象の「GreenGlobe Data Visualizer」、使用電力に関する情報を対象にした「GreenGlobe Energy Viewer」をそれぞれ発表した。GreenGlobe Energy Viewerはパッケージソフトでも販売する。

 GreenGlobe Data Visualizerは、エネルギーや化学物質、紙、水などの使用量、CO2や廃棄物の排出量に関するデータを複数拠点から収集し、一元管理できるようにする。収集したデータは、CSRレポートや行政機関への報告書など用途に応じて加工でき、日英中の各言語での操作が可能。同社によれば、個別にシステム構築する場合に比べて、初期費用を約10分の1に抑えられるという。

 GreenGlobe Energy Viewerは、ビルのエネルギー管理システムなど消費電力収集システムと連携して、日別や時間帯別の電力使用量を一元管理できる。全社規模の電力使用量などをグラフなどで表示でき、過去の実績や目標との比較、シミュレーションもできる。希望に合わせて機能のカスタマイズも行える。

 提供開始時期と料金は、GreenGlobe Data Visualizerが同日からで1ユーザー当たり月額3250円、GreenGlobe Energy Viewerが7月末からで、クラウドサービスの料金は1部門当たり月額200円から、パッケージソフトは50万円からとなっている。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -