ニュース
» 2011年11月29日 16時46分 UPDATE

2011年の企業のIT投資は微増傾向、リスク対策やモバイルは急伸――ITR調査

ITRの調査によれば、2011年度の企業のIT投資動向は前年比で微増となり、「災害対策費用」「モバイル端末/スマートフォン」などへの投資が増えている。

[本宮学,ITmedia]
photo ITRの舘野真人シニア・アナリスト

 アイ・ティ・アール(ITR)は11月29日、「国内IT投資動向調査」の結果を発表した。2011年度の企業のIT投資動向は、2010年度よりもプラスになり、企業の情報セキュリティ対策費や災害対策費が大きく上昇した。

 予算額を前年度と比べて増額したとする企業の割合は、2011年度では24.8%と、2010年度(24.9%)とほぼ同水準だった。一方、前年度よりも減額したとする企業は2010年度調査と比べて減り(26.6%から20.5%)、全体としてはややプラス成長となった。

 2012年度の予想としては、IT予算の増額を見込む企業の割合は23.4%となり、2011年度と比べて減少するという。一方、減額を見込む企業も17.5%まで減少し、全体で見れば2011年度と同じか、ややプラス成長になると見込んでいる。

 ITRの舘野真人シニア・アナリストは「リーマン・ショック以降、企業のIT投資のメリハリがなくなっている。前年度と比較してIT予算が『横ばい』と回答した企業はその翌年も『横ばい』を選択することが多く、“前年踏襲主義”に陥っている。一方で、前年度に『増加』と回答した企業はその翌年も『増加』と回答する割合が高く、IT投資動向の2極化が起きている」と指摘している。

photo IT予算額増減の経年変化(2010〜2012年度予想 出典:「IT投資動向調査2012」ITR)

 企業の売り上げに対するIT予算の比率では、2011年度は前年度を0.2ポイント上回る3.0%だった。これについてITRは、3%台に達するのは5年ぶりだとする一方、分母となる売り上げが伸び悩んだことが影響したとも考えられるとしている。

photo IT予算に対する情報セキュリティ対策費用および災害対策費用の割合の経年変化(出典:「IT投資動向調査2012」ITR)
photo 東日本大震災後の企業における施策の実施状況(出典:「IT投資動向調査2012」ITR)

 「リスク対策費用」の分野では、他分野と比べて大きな変化がみられた。2011年の企業のIT予算に占める「情報セキュリティ対策費用」の比率は12.5%と、2010年度(10.6%)と比べて上昇。また、「災害対策費用」が占める比率は7.0%と、2010年度(4.4%)と比べて上昇したほか、同調査を開始した2006年度以来、最高値を記録した。

 これについてITRは「東日本大震災の発生を受け、多くの企業が災害対策を強化した。また、国内企業において個人情報や機密情報の大規模な流出事故が相次いだことで、改めて情報セキュリティへの高い関心が集まった」と分析している。

 製品/サービスに対する投資意欲を見ると、ハードウェア/ネットワーク分野では「サーバ仮想化」(今期は26.4%、来期は29.7%)や「モバイル端末/スマートフォン」(今期は26.6%、来期は37.6%)などの投資意欲が高いことが分かった。OS/ミドルウェア分野は全体的には伸び悩むものの、「モバイルデバイス管理ツール」(今期は10.9%、来期は15.7%)への投資は増えると予測している。

photophoto 製品/サービスに対する投資意欲(左:ハードウェア/ネットワーク分野、右:OS/ミドルウェア分野 出典:「IT投資動向調査2012」ITR)

 舘野氏は「モバイル端末などに関して投資意欲のある企業はあるものの、その数は決して多くはなく、劇的な投資の増加は見込めない。IT投資全体を見ても2012年度はプラス成長が見込まれるが、予算を伸ばす企業はわずかにとどまる見通しで、IT投資に関して本格的な低成長時代が到来したと考えられる」と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -