ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「予算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「予算」に関する情報が集まったページです。

これからの採用戦略を考える(1):
「厳選採用」時代、中途採用戦略の立て方とは? カギは雇用形態と成長フェーズ
コロナ禍により採用予算が削減されたことが要因で、多くの企業で余裕をもった人材採用が行えなくなった。「厳選採用」の傾向が続く中、できる限りミスマッチのない採用を行うために、ますます重要になっているのが「採用戦略」だ。(2021/2/19)

財務管理で「人間よりロボットやAIを信じる」日本人の割合、世界平均をはるかに上回ると判明
日本オラクルは、お金や財政、予算に対する態度と行動、金融業務や管理に対するAIやロボットの役割と期待に関する調査の結果を発表した。財務管理について「自分以上にロボットやAIを信頼する」と回答した割合は67%に上り、日本の割合はそれを上回ることが分かった。(2021/2/16)

2021年のバレンタインデー平均予算は「4448円」 コロナ禍で贈る相手や数は「厳選」傾向に
手作りチョコレートをやめる人も多そう。(2021/2/5)

産業動向:
2021年度の国交省予算案から見る建設市場「民間は大幅減も公共工事が下支え」
ヒューマンタッチ総研は、独自に分析した2021年度の国土交通省予算案から見る建設市場の動向を公表した。今後の見通しでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、民間の建設投資は大幅に減少するが、政府建設投資については前年度並みを維持すると予測している。(2021/2/4)

国会クラスター「Zoom」で回避案浮上! 識者「コロナ収束までに限定で試みてもいい」
国民民主党の玉木雄一郎代表は1月28日、「予算委員会をZoomでやったらいい」と提案した。国会には必要出席者数の規定がある。現状は物理的に集まることを「出席」としており、ビデオ会議は難しいが、緊急事態のため検討の余地はあるだろう。(2021/2/3)

最終回・総務プロの「攻めと守り」:
社員の健康推進「予算がないから後回し」では済まない! 必要な予算は総務が作り出す
コロナ禍で、オフィス関連コストや空調、電気代などを大きく削減できる「総務が使える予算」(総務サイフ)。人事関連コストへの振り替えもできますが、どこに投資すべきでしょうか。(2021/2/1)

コロナ禍で浮上した「ITインフラ整備、3つの課題」:
PR:ビジネス変革をもたらすITインフラにおける自動化の活用
新型コロナウイルス感染症が深刻化する中でもビジネスの遅滞は避けなければならない。ましてやデジタル化が叫ばれている今、ITインフラの改善、増強は必須だ。だが人も予算も限られ、出社制限もある中で、ハードウェアを含めたインフラ改善を図るにはどうすればよいのか。(2021/1/28)

半導体需要の高まりを受け:
TSMCが設備投資を倍増、先端プロセスの開発を強化
TSMCは、今後数年間の堅調な成長を期待して、2021年の設備投資予算を2020年比でほぼ2倍の280億米ドルとした。世界最大のチップファウンドリーであるTSMCは、2021年に設備投資に250億〜280億米ドルを投じることとなる。(2021/1/21)

VDIは“高くて面倒”ではなくなった
パッケージで楽々導入、今からできる2021年度のVDI環境刷新方法
コロナ禍をきっかけにデータ保護やセキュリティ要件を考慮したVDI環境の導入に注目が集まっている。しかし、導入には追加予算や作業工数がかかるため足踏みする企業も少なくない。VDI導入の課題を丸ごと解決する方法とは?(2021/1/26)

データ駆動型の営業活動へ 農作業機メーカーがオラクルのSaaSで分析基盤を構築
スガノ農機は、日本オラクルのSaaS「Oracle CX Sales」と「Oracle Sales Planning and Performance Management」で売上予算の分析基盤を構築した。課題だった商談や営業活動状況の可視化はどのように実現されたのか。(2021/1/14)

6つのカテゴリーで整理
「テレワーク」実現で中堅・中小企業が成長するには
新型コロナウイルスの流行により、2020年に事業環境が悪化した中堅・中小企業は少なくない。場所にこだわらない勤務スタイルとして「テレワーク」が注目されているが、対応するIT人材や予算が限られていることもあり、継続することが難しい。どうすればよいのだろうか。(2020/12/28)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「コロナ禍対応でDXが進む」言説は真実か、調査で読み解く
次のIT投資は「攻め」と「守り」のどちらに予算を割く企業が多いでしょうか。独自調査で見えてきたのは、日本企業のコロナ禍対応の現状と今後想定される「変化」の兆しでした。(2020/12/28)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
コロナ禍のIT予算計画はどうなるか 景気のサイクルから学ぶ2021年、IT投資の戦術
2008年、2011年と、日本経済はコロナ禍以前にも大きな景気後退局面があった。このとき企業が次の成長に向けて「動ける」猶予期間はいつまでだろうか。過去の数字から2021年に実行すべきIT戦略を考える。(2020/12/24)

シンジ「ガッデム乗ってやるぜ!」 米国の低予算番組が作った「5分で分かる新世紀エヴァンゲリオン」がツッコミどころ満載
安定のMega64クオリティー。(2020/12/23)

総務プロの「攻めと守り」:
IT投資に必要な予算は、総務から生まれる 何に、いくら投資すべき?
働き方の変化に対してテクノロジーの投資をする上で、総務がどのような役割を持ち、社内で仕掛けるのが効果的であるか。日系・外資系大企業の計7社で、総務の経験がある“総務プロ”が解説します。(2020/12/23)

今日のリサーチ:
2021年のマーケターは「DXの推進」「オウンドメディア強化」などに注力――コムエクスポジアム・ジャパン調査
「ad:tech tokyo」をはじめとした国内主要カンファレンス参加の広告主を対象にアンケート調査を実施。2020年度の予算消化状況など、コロナ禍がもたらす影響についても聞いています。(2020/12/18)

Gartner Insights Pickup(187):
セキュリティとリスクマネジメントのリーダーが予算削減に備えるには
全ての組織が予算削減やコスト最適化、契約交渉などを行う適切な準備を整えているわけではない。セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、あらかじめ計画を立ててコストの削減と最適化のバランスを取る必要がある。(2020/12/18)

新型コロナ、AI解析深化に30億円超 政府、3次補正に計上へ
政府が新型コロナ対策として、AIを活用した解析を深化させるため、2020年度第3次補正予算案に内閣官房の調査研究業務として30億円超を計上する方向で調整している。ビッグデータを活用して流行の兆しをつかむ技術の開発や富岳の活用を進める。(2020/12/11)

総務プロの「攻めと守り」:
総務は“発注のプロ” コロナショックで取捨選択すべき、予算配分・お付き合い業者「7つの手順」
総務部は、オフィス関連のサービスを外部の業者に“発注”する立場でもある。今回のコロナ渦では、現在の発注先が本当に必要なサービスなのか、新たに何が必要なのかを取捨選択する必要がある。(2020/11/30)

Gartner Insights Pickup(184):
ITコストを最適化する10の手法
官民のCIOは、変化の激しいビジネス環境の中で予算の制約に対処するために、ITコストの最適化手法を検討する必要がある。(2020/11/27)

リーマンショック時との“違い”とは?:
コロナ禍でもIT投資額は堅調推移 ITR「IT投資動向調査2021」を発表
ITRは2020年11月12日、「IT投資動向調査2021」を発表した。2020年度のIT予算額を2019年度と比較し増額した企業の割合は36%、減額した企業の割合は15%だった。(2020/11/24)

週6〜7回利用した人も:
「Go To Eat」キャンペーン74%が利用 週に何回利用した?
「無限くら寿司」などさまざまな話題を呼んだ「Go To Eat」キャンペーン。オンライン飲食予約サイトを経由したポイント付与は、予算上限に達し各サイトで予約受付が終了した。現在までにどのくらいの人がキャンペーンを利用したのか。ROIが調査を実施。(2020/11/21)

Go To Eat今週末にも終了 予約サイトにはアクセス集中
農林水産省が実施する「Go To Eat」によるオンライン事業は、近く予算上限616億円に達する見込みのため、早ければ今週末にも終了する見込みだ。予約サイト大手のホットペッパーは、「近日中終了のお知らせ」を掲載している。(2020/11/13)

「Go To Eat」の予約、近日中に終了へ 農水省が「まもなく予算上限に達する」と報告
農水省が、Go To Eatのオンライン予約受け付けを近日中に終了という見通しを示した。11月11日までに累計400億円超に相当するポイントを付与し、還元額が間もなく予算(616億円)の上限に達するため。(2020/11/13)

調査レポート:
2020年度の建設投資は前年度比3.4%減の63兆1600億円、国交省
国土交通省が発表した資料「2020年度 建設投資の見通し」によれば、国内の建設投資は、1992年度の84兆円をピークに減少基調となり、2010年度には1992年度の半分程度にまで減少したが、その後、東日本大震災からの復興などにより回復傾向に転じている。2020年度は、2019年度の補正予算などに関連する政府建設投資が見込まれることから、63兆1600億円になる見通しだ。(2020/11/6)

気付かないうちに目の届かない部分が狙われる
海外拠点と本社の“セキュリティレベルのギャップ”に潜むリスクと解消方法
国境にとらわれないサイバー攻撃の脅威は、海外拠点のセキュリティレベルをどう高めればよいのかという問題を企業に突き付ける。文化、予算、人材などさまざまな要因が壁となる海外拠点のセキュリティを強化するヒントを紹介しよう。(2020/11/6)

産業動向:
2021年度の“国交省概算要求”から見る建設市場の見通し、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、2021年度の国土交通省予算概算要求から見る建設市場動向をまとめた。(2020/10/30)

総務プロの「攻めと守り」:
総務のサイフ、コロナで大激変 社員に「あり得ない」とは言わせない、予算を投じるべき最優先課題
これまで総務部のコスト削減というと、庶務関連など「非常に小さいパイ」だったので、経営効果は限定的だった。しかし新型コロナの影響で、そんな総務のサイフの中身が変化している。(2020/10/28)

今日のリサーチ:
世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。(2020/10/27)

ニューノーマル時代の情シス 最新意識調査(2):
PR:もう一度生まれ変わっても、あなたは情シスの仕事をしますか?【情シス意識調査】
テレワーク対応で多忙な中、予算は増えず、人も増えない。「八方ふさがり」「四面楚歌」――。そんなネガティブな言葉が浮かぶ状況かと思いきや、調査によると予想外の希望の光が見えてきました。調査結果から情シスの未来を占ってみましょう。(2020/10/23)

7つに増えたiPhone、後悔しない選択のポイント 5GよりSoCやメモリに注目
新しいiPhoneシリーズは、メモリの容量をそろえて価格を比較すると価格のグラフがほぼ一直線になる。予算に合わせて選べるといえばその通りだが、気をつけたいポイントもいくつかある。(2020/10/16)

「モロッコのアクション映画」「フィリピンの低予算B級映画」ってどんな感じ? Amazonプライムで珍しい国の謎映画を観賞しよう
「砂漠のアウトロー」、おすすめです。(2020/10/17)

Gartner Insights Pickup(179):
AIプロジェクトの予算計画を検討し直す際のポイント
COVID-19の影響で、イノベーションへの投資の抑制を検討する動きも見られる。AIプロジェクトの主要コストを見極め、予算超過を防ぐにはどうしたらいいか。3つの観点から解説する。(2020/10/16)

「Go Toトラベル」で割引上限引き下げ、利用回数制限相次ぐ 予算枠追加検討も
政府の観光支援事業「Go To トラベル」の宿泊割引を巡り、割引上限額の引き下げや利用回数の制限を掛ける予約サイトが相次いでいる。東京発着旅行がの追加で割引の予算が上限に迫っており、利用者は予約サイト選びに注意が必要になる。(2020/10/14)

GoTo旅行予算追加配分へ 「明日の午前までに35%割引再開」
 政府の旅行喚起事業「Go To トラベル」の旅行商品の35%割引が一部オンライン予約サイトで制限されている問題で、赤羽一嘉国土交通相は13日、各サイトへの予算の追加配分により、遅くとも明日の午前中までに35%割引が再開されることになったことを明らかにした。また、割引幅を制限されて旅行予約した人も35%割引を受けられるようにサイトに求める考えも明らかにした。赤羽氏は「利用者に不利益が生じないように丁寧に対応したい」と述べた。(2020/10/13)

混乱は必至:
Go Toの割り引き制限や終了、予約サイトで相次ぐ
「Go Toトラベル」をめぐって、最大1万4千円の旅行商品の割り引きを終了したり制限したりする旅行予約サイトが相次いでいる。割り引きの原資となる政府から配分された予算が限られているため、「苦肉の策として」(楽天)割り引きの制限などを始めたという。(2020/10/13)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

パロアルトネットワークス株式会社提供Webキャスト
調査で見えたセキュリティオペレーションの現状、「SOAR」は何をどう変える?
情報漏えいの被害が増える中、セキュリティオペレーションの重要性が高まっているが、その多様な機能を予算や人材をかけず網羅することは容易ではない。そこで注目される技術が、自動化によりインシデント対応などを効率化する「SOAR」だ。(2020/10/9)

コロナ禍でテクノロジー関連予算が増加 取締役会が重視するIT投資先とは?
ガートナーによると、企業の取締役会メンバーの69%が、コロナ禍で「デジタルビジネスイニシアチブを加速させた」と回答し、さらにその約半数が「ビジネスモデルの変更」を想定していることが分かった。(2020/10/6)

「IT企業」から「DX企業」へ:
生まれ変わる富士通、予算1000億の組織改革プロジェクトの中身は
DX人材を呼び込んできた富士通が、ついに社内の大改革プロジェクトをスタートさせた。柱は4つ、総額1000億円を投資して、パーパスドリブンな組織を本気で目指すという。(2020/10/6)

「クラウド活用の課題」を今すぐ解決するには:
PR:ハイブリッド/マルチクラウドをうまく活用できないのはなぜか――安心、安全を実現する方法とは
ビジネス、働き方に新しい在り方が求められ、それを支えるITシステムにも変革が促されている。そのカギとなるのがクラウドだ。ビジネスニーズをより適切に実現する上では、複数のサービスを使いこなすハイブリッド/マルチクラウドのアプローチが求められる。だがスキルや予算に限りがある中、ミッションクリティカルシステムを多数持つ組織の場合、どうすればビジネスニーズを実現できるのか。金融、自治体をはじめ多数の支援実績を持つNTTデータに聞いた。(2020/9/28)

「予算カットに過ぎない」「ベーシックな生活を実現できません」 竹中平蔵氏の「月7万円」所得制限付きベーシックインカム案に批判の声
Twitterでは問題点を指摘するツイートが広がっています。(2020/9/24)

サイバー戦の精鋭隊員養成 防衛省、予算概算要求に経費計上 
防衛省が来年度末、サイバー防衛でトップガンと呼ばれるような高度な技術を持つ隊員を養成する教育専門部隊を自衛隊に新設することが分かった。(2020/9/23)

プレミアムコンテンツ:
災害時、本当に役に立つ「バックアップ」の取り方とは
技術進化やIT環境の変化に合わせて、災害復旧(DR)計画も更新する必要がある。予算を増やさずに、より効果的な計画を立てるポイントと、バックアップとスナップショットを組み合わせたデータ保護の方法を説明する。(2020/9/16)

2020年度はリモートアクセスへの投資が拡大:
「中堅中小企業はITインフラ向けの要員や予算が少ない」 IDCがITインフラサービスへの投資動向調査
IDC Japanは、ITインフラストラクチャサービスへの投資動向に関する調査の結果を発表した。2019年度に最も投資された技術領域は「サイバーセキュリティ」だったのに対して、2020年度は「リモートアクセス」への投資が大きくなりそうだ。(2020/8/31)

導入後のトラブルにも現場の力で対応:
「マニュアルなしでは使えないシステム」から脱却せよ 日本取引所グループが“要”の会計システム刷新で得た教訓
現場で発生する予算やコストを細かく把握し、管理する――。経営の透明性を上げようと管理システムを導入する企業にとって、実際にシステムを操作し、データを可視化する現場の負担は悩みの種だ。日本の主要な証券取引所を運営するJPXは、そんな状況を思い切って抜け出し、国内で当時実績の少ないツールを使ってシステムを刷新する決断を下した。その理由と、導入過程のさまざまなトラブルを切り抜けて得た教訓とは。(2020/8/26)

コロナ禍でのIT投資はどうあるべきか:
PR:「コスト最適化」と「デジタル化」を両立させる方法
コロナ禍による景気悪化が予測される中でも、企業は生き残りを懸けたデジタル化の取り組みを止められない。限りあるIT予算をどう投資し、何をスリム化すべきか。2人の専門家に取るべき方策を聞いた。(2020/8/17)

イベントやライブが中止でも、オタクは別のことにお金を使う→本当だった 「BL消費動向調査」でBLファンのお財布事情が明らかに
コロナ渦も、約3割の人が「気付いたら予算を使いすぎていた」。(2020/8/9)

中堅・中小企業にもできるデータドリブンの事業運営、まずはどう着手するか:
PR:データの時代、中堅・中小企業のIT投資はどうなるのか、HPEのビジョン
HPEは大企業だけでなく中堅・中小企業にもDXに向けたデータ中心のアプローチを提案する。人員や予算が限られる企業に向けて「簡単にできる」方法だという。米国イベントの事例から詳細を紹介する。(2020/7/31)

東芝など12機関、盗聴不可能な暗号技術「量子暗号通信網」の共同開発へ
東芝は、NECや三菱電機、東京大学などと共同で次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めると発表した。総務省の委託事業で、期間は2024年度までの約5年間。初年度の予算は14億4000万円としている。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。