ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「予算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「予算」に関する情報が集まったページです。

開発者のためのLLM入門【前編】
「LLM(大規模言語モデル)選び」の“基本の基”とは?
大規模言語モデル(LLM)の活用を検討する場合、用途や予算を踏まえて最適なLLMや導入方法を選ぶことが重要だ。コスト効率の観点で、企業にとっての選択肢を解説する。(2024/5/22)

今日のリサーチ:
GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。(2024/5/21)

FAニュース:
Intel Celeron J6412プロセッサ搭載の超小型産業用PC、ファンレスで保守も容易
コンテックは、Intel Celeron J6412プロセッサ搭載の超小型産業用コンピュータ「LPC-400」の受注を開始した。場所を選ばず設置でき、BTO方式のため、用途や予算に合わせて最適なスペックの製品を選べる。(2024/5/14)

スマートメンテナンス:
AIの橋梁診断で人手や予算の限られた自治体でも定期点検を支援、BIPROGY
BIPROGYは、AI橋梁診断支援システム「Dr.Bridge」で自治体の小規模橋梁点検を支援している。現場の点検写真と諸元データを用い、AIが橋梁の劣化要因や健全度を判定する。(2024/5/13)

「予算5万円ですか?」 破格の自主制作アクション映画が度肝抜く! 銃で戦う女子高生に「マジですか!?」
ポニテ女子高生×ガンアクション。(2024/5/11)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製造業のデータ活用実態調査 「予算確保」と「専門スキル」が利用拡大の課題に
製造DXにおいてデータ活用は非常に重要な意味を持ちます。MONOist編集部では、製造業におけるデータ活用の実態調査を行いました。本ブックレットでは、アンケート調査の結果を紹介します。(2024/5/9)

手動では実現が難しい最適化を容易に実現:
広告運用自動化ツール「Shirofune」がAmazon Adsに対応
ShirofuneがAmazon Adsの運用自動化機能をリリース。予算管理・入札最適化と成果分析、レポート作成をShirofuneで自動化し、手動では実現が難しいレベルの最適化を実現した。(2024/5/8)

AIに聞く:
AIに予算20万円以下でピラーレスケースのビジネスPCを組んでもらって分かったこと
GWの連休中に、新しいPCを一式組んでみようという人も多いのではないだろうか。そこで、自作PCで人気のピラーレスケースを採用したビジネスPCを複数のAIアシスタントに聞いてみた。(2024/5/4)

Z世代のマイカー選び、最も重視するのは「費用」 予算はいくら?
ウェブクルーが調査結果を発表した。(2024/4/29)

国内旅行の平均予算「8万1310円」:
GWの平均予算は2万7857円 「外食」「旅行」を抑えた過ごし方1位は?
今年のゴールデンウィークの予算について、平均金額は「2万7857円」となったことがインテージ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。人々は今年のゴールデンウィークをどう過ごす予定なのか。(2024/4/28)

「なにしてんの!?」「みんな引いてる」 「ラヴィット!」出演者が総額300万超えの高級腕時計購入でスタジオ騒然
予算100万円だったよな!?(2024/4/25)

働く人の平日ランチ、平均額は? 「自炊派」が3割
有職者の平日ランチについて、3割が「自炊派」としたことがリクルート(東京都千代田区)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」による調査で明らかとなった。働く人々の平日ランチの予算とは。(2024/4/25)

ポイントは「バックアップの進化」
「ランサムウェア対策は重要と分かっていても予算なし」 現実的な進め方とは
データの保護や管理がますます重要となる中で、適切にデータを守れている企業は限られている。一方、ただツールを導入すればいいわけではない。データ保護の重要なプロセスであるバックアップを軸に、最適な対策を論じる。(2024/4/25)

今日のリサーチ:
2024年のGW予算は横ばい 賃上げよりも物価高と円安の影響が勝る?――インテージ調査
インテージが全国の15歳から79歳の男女を対象に実施したゴールデンウイークに関する調査の結果です。(2024/4/23)

団地の「お部屋大改造」、予算6万円で……→センスあふれる空間に大変身! 驚きのビフォアフに「映画観てるみたい」「素敵!」
なんてすてきなお部屋……!(2024/4/20)

GWにしたいこと、1位は「外食」 前年比で予算は増えた? 減った?
ぐるなびが調査結果を発表した。(2024/4/19)

PR:バックアップにも手を出すランサムウェアが増加 予算不足でも絶対に外せない対策法とは?
企業を狙うランサムウェアの進化が続いている。攻撃を受けた際にデータ復旧のよりどころとなるバックアップデータを暗号化したり削除したりするタイプが登場しており、バックアップデータを含めて効果的にストレージを守る対策の重要性が増している。(2024/4/18)

小3の娘に「予算10万円で1泊2日の家族旅行」の計画を任せてみた……ステキなアイデアに「良い社会勉強」と反響
出発前から楽しそう。(2024/4/16)

Cybersecurity Dive:
ソフトウェア開発の安全強化に“本腰” 米国政府が定める認証フォームの正体
CISAと連邦管理予算局(OMB)は、米国政府と協働するソフトウェアメーカーが安全な開発プラクティスを順守しているかどうかを確認するための認証フォームを公表した。この認証フォームで要求される情報の提供を拒んだ場合、どうなってしまうのか。(2024/4/8)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「IT関連の予算」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/4/8)

ローカル生成AIの魅力に迫る
中堅・中小企業が低コスト、低工数で生成AIをビジネスに適用する方法
ビジネスでの生成AIの活用を検討する中堅・中小企業が急増している。しかし、AIに割ける予算が限られる企業には導入が難しいといった現状がある。コストパフォーマンス良く生成AIをビジネスに適用する方法を届ける。(2024/4/18)

釣り好き公言の杉浦太陽、1800万円で船をドカンと購入 予算オーバーも「人生の投資」宣言
以前乗っていた「太陽丸」から乗り換え。(2024/4/5)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【後編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。【後編】では、製品設計と設備設計における「予算配分」「求められる知見」の違いに触れるとともに、「製品設計と設備設計のこれから」について言及します。(2024/4/5)

中長期的ビジョンを踏まえた対策が必要
侵入を前提とした対策の高度化とセキュリティ人材不足 企業はどうすればよいか
サイバーセキュリティ対策は攻撃者優位だ。ある調査によると企業の91%に侵入経験があるほどだ。だが、不十分な予算や対策の高度化、人材不足が原因で、中長期的なビジョンや対応策を組み立てられない。有識者が語る効果的な対策とは。(2024/4/25)

最大5900億円の追加支援が決定:
Rapidusへの政府支援は累計9200億円に、後工程プロジェクトも発進
Rapidusは2024年4月2日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に提案し、採択された先端半導体前工程のプロジェクトの2024年計画/予算が承認され、また、新たに提案していた先端半導体後工程のプロジェクトが採択されたと発表した。追加の支援額は、前工程プロジェクトが最大5365億円、後工程プロジェクトが最大535億円だ。(2024/4/3)

工場ニュース:
Rapidusに追加で5900億円の支援、EUV露光機の導入やクリーンルームなどの稼働に
Rapidusは、NEDOから2024年度の予算と計画の承認を受けたことを発表した。これによるRapidusへの追加支援額は5900億円になるという。(2024/4/3)

就職・転職などに向けた資格取得、8割超が「役に立った」 月の勉強代はどれくらいかかった?
NEXERと宅建学院が、資格取得に関する調査結果を発表した。勉強法や予算などが明らかになった。(2024/4/3)

クラウドコスト管理の基本「FinOps」【後編】
クラウド予算超過を抑制「FinOps」は担当者1人で実践できる? その方法とは
FinOpsは、クラウドサービスを利用する企業のコスト管理手法として注目を集めている。これを実践するにはどうすればいいのか。そのポイントを専門家に聞いた。(2024/4/3)

ストレージコスト見直しの動き【第1回】
企業がクラウドからオンプレミスに回帰する“単なる予算オーバー”以上の理由
クラウドサービスの価格上昇が続く中で、企業はデータの保存先を見直し始めた。クラウドストレージを使用してきた企業の判断は、価格上昇を受けてどのように変化しているのか。(2024/4/1)

初めてのマイカー平均予算「211.3万円」 実際の購入金額に差
初めてのマイカー購入、どれくらい金額をかけているのだろうか。(2024/3/26)

コード決済を活用した東京都の消費喚起策「TOKYO元気キャンペーン」が3月23日をもって終了 予定から8日繰り上げ
東京都が3月11日から開始した消費喚起策「TOKYO元気キャンペーン」が、予定を8日繰り上げて3月23日をもって終了することになった。還元額が予算額に達する見込みになったことを受けた措置で、23日までは予定通りの還元を受けられる。(2024/3/19)

セキュリティニュースアラート:
約半数がサイバーセキュリティを最重要課題と回答 企業のデジタル運用の実態は
PagerDutyは大企業や中堅企業の意思決定者350人を対象にした「2024年版デジタル運用の状況に関する調査結果」を発表した。この調査ではIT運用における業務変革や予算戦略、リスクなどが明らかになった。(2024/3/11)

バックオフィス業務のDX推進、「とても進んでいる」は7% 人材や予算の不足が要因に
情報通信サービスを提供するオロは、バックオフィス業務におけるDX推進の課題に関する調査を実施した。その結果、勤務先のバックオフィスにおけるDX化が「とても進んでいる」割合は7.3%にとどまることが分かった。(2024/3/6)

ヤマハ発動機が「積み上げ型」の予算プロセスを「KPIコミットメント型」に変革した方法
ヤマハ発動機は、従来の積み上げ型予算プロセスではなく、KPIコミットメント型予算プロセスを採用した。その実現方法とは。(2024/2/29)

「王様戦隊キングオージャー」終幕 “無謀だった”という制作の舞台裏、上堀内監督に聞いた
「王様戦隊キングオージャー」が最終回を迎えた。2023年3月から約1年にわたって放送された特撮作品だが、綿密なストーリー展開に加え、最新テクノロジーをふんだんに取り入れたことで「背景CGのクオリティーが高すぎ」「予算は大丈夫なのか?」など、X(旧Twitter)で話題になったことも記憶に新しい。(2024/2/25)

今日のリサーチ:
ウェビナー運用の実態 開催頻度、集客数、予算など、よその会社はどうしてる?――ネクプロ調査
ネクプロがウェビナーを実施または検討している企業を対象に行った「ウェビナーにおける実態調査」の結果です。(2024/2/17)

今日のリサーチ:
2024年のバレンタインデー予算は前年比1.3倍 「自分チョコ」など増加――インテージ調査
インテージが実施したバレンタインデーに関する調査の結果です。(2024/2/9)

PR:ランサムウェア被害の事例に学ぶ「予算に応じたセキュリティ対策」 事業継続のポイントは?
(2024/2/6)

「Apple Vision Pro」レビュー 渡米してまで買う価値はあったのか
米Appleの製品には「魔法のような」という形容詞がつきやすい。技術に魔法も近道もないが、大量の予算とエンジニアを貼り付けて「時間を早送りする」ことは可能ではある。Vision Proなそんな製品だ。どういうことか、渡米して実機を購入したのでレビューしたい。(2024/2/5)

Marketing Dive:
プログラマティック広告の不都合な真実 220億ドルの予算をどこで溶かしているのか?
全米広告主協会(ANA)は、プログラマティック広告費のうち、消費者にリーチできている費用はわずか36%にとどまっていると指摘している。なぜこうなったのか。(2024/1/12)

Marketing Dive:
2024年、広告主が「クリエイターエコノミー」にもっと投資すべき理由
米国の広告業界団体IABは、2024年に広告主がクリエイターコンテンツへの投資を増やし、予算配分は平均で25%増加すると予想している。(2024/1/5)

年末年始の帰省や旅行などの予算 昨年「3万5400円」、今年は?
インテージは年末年始の予算や予定について、男女5000人を対象とした調査を実施した。(2023/12/28)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
中小企業が「高いレジリエンス」を実現する為に取り組むべきこととは
予算が多くない中小企業にとって、高度なセキュリティ対策は困難だと思われがちだ。しかし、そんな企業こそクラウド活用によって享受できるメリットは大きい。本稿では、AWSが提供するサービスによっていかに高いレジリエンスを実現できるのかについて解説する。(2023/12/28)

中堅・中小企業のレガシーERP刷新の秘訣
予算と人員が限られた企業のシステムモダナイズに、クラウドERPが役立つ理由
老朽化したレガシーシステムの存在が、ビジネス成長の足かせとなっているケースは少なくない。特にその傾向は、中堅・中小企業で強い。予算と人員が限られた中で、いかにシステムをモダナイズしていけばよいのか。その方法を探る。(2023/12/26)

2023年のアキバまとめ【前編】:
街は回復するも、自作予算の青天井は止まらない
コロナ禍が収まった電気街の様子は2019年以前に近くなったが、売れ筋パーツの価格はその頃から大きく上昇している。とりわけ目立つのはグラフィックスカードだ。前編はそこにスポットを当てて2023年を振り返る。(2023/12/26)

今日のリサーチ:
年末年始(2023〜2024) コロナ5類移行で予算が増えたもの、そうでもないもの
コロナ禍明けの年末年始をどのように過ごすのか。インテージが全国の男女5000人を対象に実施した調査の結果を紹介します。(2023/12/26)

CIO Dive:
「セキュリティは負け戦」なのか? リソース不足でも簡単にできる2つの対策
AWSの調査によると、中小企業はセキュリティ対策に十分な予算やリソースを避けていない。これにはセキュリティに対する中小企業の“誤解”が関係している可能性がある。(2023/12/22)

中堅・中小企業でのコストを抑えたデータ保護
中小企業向けのランサムウェア対策 シンプルでも強固な「データ保護」の実力
企業を襲うランサムウェア攻撃をはじめ、災害や機器故障などの事態からデータを保護するために欠かせないのがバックアップだ。予算が限られる中でも、コストを掛けずに強固なバックアップシステムを構築する方法とは。(2023/12/22)

BIM:
「建築BIM加速化事業」2023年度補正で60億円計上 小規模や改修も対象に
2023年度補正予算の成立を受け、60億円を計上した「建築BIM加速化事業」が2024年以降も継続することが決まった。階数や面積の要件を廃止し、小規模プロジェクトに加え、改修工事も対象となった。(2023/12/20)

企業ITの最優先事項は「セキュリティ」:
全世界で78%の企業がIT予算増額を予定 Omdia年次IT調査
Omdiaは、企業のIT動向を調べた年次調査結果を公開した。企業ITに割り当てられる予算が2022年には62%だったところ、2023年の調査では74%に増加したことが分かった。(2023/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。