ニュース
» 2012年02月03日 16時05分 UPDATE

英大手飲食チェーン、富士通のプライベートクラウドで1600店舗のICT環境を刷新

英国で1600店舗の飲食店を経営するMitchells & Butlersは、富士通のデータセンターが提供するプライベートクラウドでシステム基盤を刷新する。

[本宮学,ITmedia]

 英国でレストランやパブなど1600店舗を経営する飲食チェーン大手の英Mitchells & Butlers(M&B)は、富士通の英国法人のデータセンター上に構築したプライベートクラウド環境を使ってICT基盤を刷新する。富士通が2月3日に発表した。

 富士通は、M&Bの本社および各店舗と富士通のデータセンター間をつなぐネットワークを、従量課金制のサービスとして提供する。これにより、M&Bは全ての拠点/店舗からクラウド上の共通の業務アプリケーションを利用でき、本社が各店舗のPOSデータを効率的に収集する――といったことが可能になるという。

 クラウド環境の構築は開始から4カ月で完了し、現在は旧インフラからのデータ移行を行っているという。富士通によれば、データ移行はシステムを停止せずに行うため、M&Bの通常業務への支障はないとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -