ニュース
» 2012年07月23日 15時01分 UPDATE

徳島県、職員用自治体業務システムにワンタイムパスワード認証を導入

リモートアクセスの際の認証システムに「RSA SecurID」を採用した。

[ITmedia]

 EMCジャパンは7月23日、徳島県がワンタイムパスワードによるリモートアクセス認証の「RSA SecurID」を導入したと発表した。職員用の自治体業務システム「e-県庁システム」のリモートアクセスなどに利用される。

 e-県庁システムは、Webメールやグループウェア、Webサイト作成ツール、オンラインストレージサービス、認証基盤管理やソフトウェア資産管理などで構成。災害時などに県庁舎以外の場所からリモートアクセスで利用できるようにしている。

 EMCジャパンによれば、認証製品の評価では「パスワードは流出するもの」という前提で、リモートアクセスの本人認証を固定パスワードのみに依存しない仕組みが検討され、同製品が採用されたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -