ニュース
» 2012年07月30日 14時19分 UPDATE

導入事例:横浜銀行、サーバ200台のサブシステムを仮想環境に統合

勘定系システムを除く約200台のサブシステムを仮想化環境に統合し、ハードウェアコストの削減やシステム開発期間の短縮などを見込む。

[ITmedia]

 横浜銀行は、サーバ約200台のサブシステムを仮想環境の共通基盤に統合した。システム構築を支援した伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が7月30日に発表した。

 横浜銀行はこれまで要件ごとにサブシステムを導入してきたため、システム構築費用や保守/運用の管理負担の増大といった課題を抱えていたという。そこで今回、ヴイエムウェアの仮想化技術「VMware vSphere」などの活用で、勘定系システムを除く約200台のサブシステムを、サーバ約20台からなる仮想化共通基盤に統合。既に本番環境の移行を完了し、今後は他システムの移行も順次進めていくという。

 新システムの構築に当たっては、CTCのインフラ最適化コンサルティングサービス「SOIDEAL」やプライベートクラウドソリューション「VM Pool」などを活用した。CTCは新システムの稼働を通じ、横浜銀行のハードウェアコストの削減やシステム開発期間の短縮などを見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -