ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「横浜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「横浜」に関する情報が集まったページです。

24年までに30店舗展開目指す:
富士通、手ぶらで入れる「レジなしコンビニ」の実証実験を開始 生体認証技術を活用
富士通は1月15日、病院内などでコンビニを運営する光洋ショップ-プラス(横浜市)とレジなし店舗の実証実験を開始した。光洋が運営するコンビニエンスストア「グリーンリーブスプラス横浜テクノタワーホテル店」に実装する。(2021/1/15)

横浜で“レジなしコンビニ”の実験 AIで商品を判別、持ち出すと自動決済
富士通が横浜で“レジなしコンビニ”の実験。店内ではAIで商品を判別。顧客が商品を手に取って店を出ると、代金を自動で決済する。(2021/1/14)

ブランド力向上:
「片道5分で大人1000円」 横浜市、桜木町駅と新港ふ頭を結ぶロープウェイの運行を4月22日に開始
横浜市は、桜木町駅と新港ふ頭を結ぶロープウェイの運行を4月22日に開始すると発表した。移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実を狙う。(2021/1/14)

動く実物大ガンダムも時短営業 緊急事態宣言受け 一部で払い戻し対応も
横浜の“動く実物大ガンダム”を運営するEvolving Gは、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言発令を受け、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の営業時間を1時間短縮する。(2021/1/8)

さよなら「有明」、通勤列車も様変わり 鉄道ファンが注目した「JRグループ2021年春のダイヤ改正」
名物(?)「横浜通過」も見納めに……。(2020/12/22)

テレワークやオンライン教室も:
ピーシーデポ、車両を使った移動店舗の開発に着手 地域の「デジタルよろず相談所」目指す
PC専門店を展開するピーシーデポコーポレーション(横浜市)は12月17日、2021年夏をめどに車両を使った移動型店舗『Connected Mobile Store』(仮)を導入すると発表した。(2020/12/21)

研究開発の最前線:
村田製作所がみなとみらいの研究開発拠点を公開「事業を広げる大きなチャンス」
村田製作所が神奈川県横浜市みなとみらい21地区に開業した研究開発拠点「みなとみらいイノベーションセンター」を報道陣に公開。電池事業を中心としたエネルギー市場やヘルスケア市場において顧客や業界との接点強化を図るとともに、自動車市場でも新規分野での採用拡大に向けた活動を推進する拠点としての活用を見込む。(2020/12/17)

神奈川県の住みここちランキング 2位「葉山」、3位「横浜市青葉区」を抑えて1位となったのは?
神奈川県の住みここちランキングの結果は?(2020/12/14)

PCR検査で”価格競争”?:
1980円のPCR検査施設に申し込み殺到 理研発スタートアップが東京駅近くにオープン
検査試薬の販売開発をする「ダナフォーム」(横浜市)の子会社は12月10日、PCR検査を1980円(税込、以下同)で受けられる施設「SmartAmp Station“駅前検査”」(東京都中央区)をオープンした。11日午前10現在、サイトはつながりにくい状況が続いている(2020/12/11)

導入事例:
鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例、協力会社の生産性向上と技能伝承を「Power Platform」で実現
協力会社の非効率な生産性と技能伝承の壁が建設業界の課題として存在する中、鹿島建設 横浜支店では、協力会社の作業効率を改善することで解決を目指すべく、Microsoft Power Platformを活用して、「工事進捗管理システム(内装・建具)」を自社の事務系社員が開発した。さらに、技能伝承をデジタル技術で代替することも見据え、2021年から現場適用を予定する「建設資材運搬システム」では、ベテラン調整係の暗黙知をデータ化する基盤の整備も検討している。建設業でのDXとシチズンデベロッパー実践のケーススタディとして、鹿島建設の事例を紹介する。(2020/12/8)

横浜駅「崎陽軒のおべんとう秋」(730円)〜いまこそ駅弁で秋を感じて、鉄道旅!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 横浜駅「おべんとう秋」です。(2020/12/3)

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)〜今年のハロウィンは、“かぼちゃ電車”の思い出と共に限定駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」です。(2020/12/2)

JIMTOF2020 Online:
「実物大の動くガンダム」を実現した道筋とは、プロジェクト関係者が経緯を語る
2020年12月19日、“実物大の動くガンダム”が横浜の大地に立つ。アニメ「機動戦士ガンダム」の40周年プロジェクトとして開発された、このガンダム「RX-78F00」のプロジェクトはどのように始まり、どうやって実現したのか。「JIMTOF2020 Online」において、プロジェクト関係者によるトークイベントが開催されたのでその模様をお伝えする。(2020/12/1)

ソフトバンク、横浜「動くガンダム」施設に5G導入 コクピットからの景色をVRで一望
ソフトバンクは、配信サービス「5G LAB」で「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のイベント会場に行かなくても楽しめるコンテンツを提供。「実物大『動くガンダム』パイロット視点VR」などを順次配信する。(2020/11/30)

実物大ガンダム視点で横浜の街を一望 ソフトバンクが5G活用で
ソフトバンクが“動く実物大ガンダム”の視界を5G通信で共有するVRコンテンツを発表。コックピットに乗り込んだような体験ができる。(2020/11/30)

研究開発の最前線:
AGCが新研究開発棟でオープンイノベーションを加速、JAIDとのコラボも進行中
AGCは、AGC横浜テクニカルセンター(YTC)内に建設していた新研究開発棟の完成を発表するともに、同研究棟内に開設した社内外の協創を加速させる協創空間「AO(アオ)」を報道陣に公開した。YTCにAGCの研究開発機能を集約するとともに、社内外の協創を推進するスペースを併設することでオープンイノベーションも加速させたい考えだ。(2020/11/24)

新建材:
横浜市庁舎にも採用された“ダンボール製ダクト”、金属にも劣らない性能を証明
竹中工務店は、金属ダクトにも劣らない気密性や不燃性などを有するダンボール製のダクトを開発し、このほど研究機関により30年の耐久性能が証明された。直近の採用実績では、2020年1月に竣工した横浜市新市庁舎などにも適用されている。(2020/11/19)

スマホの写真2枚で自動採寸するアプリ、そごう・西武が導入 AIで身体サイズを推定
そごう横浜店と西武池袋本店が紳士服のワイシャツ売り場にAIを使ったB2B向けの採寸アプリ「Bodygram」を導入する。3カ月間のトライアル後、他店舗への順次導入を検討する。(2020/11/17)

「こんにちはラミちゃんです」 元横浜DeNA監督のラミレス、公式YouTubeチャンネルを開設
11月14日の巨人戦が監督として最後の試合になりました。(2020/11/14)

太陽光:
電力損失を95%削減する超電導ケーブル、横浜市の工場で実証導入がスタート
横浜市戸塚区の化学工場で、超伝導ケーブルを導入する実証実験がスタート。従来のケーブルに比べ工場における送電時の電力損失を95%以上抑制でき、年間2000万円以上の電気料金の削減効果が見込めるという。(2020/11/12)

コロナ禍でも好調:
ワークマン、10月の既存店売上高34%増 一般客向け店舗を増やす本当の理由
ワークマンが10月の月次売上高(速報値)を発表。既存店の売上高は前年同月比の134.5%、客数は126.9%、客単価は105.9%といずれも上回った。好調の要因について「10月に開催した『過酷ファッションショー』や『#ワークマン女子』(横浜市)の開店が話題となったことで、秋冬商品の販売が好調に推移した」と分析する。(2020/11/6)

プロジェクト:
「関内」駅前に高層ツインタワーが誕生、横浜初の最高級マンションなど
神奈川県横浜市中区にある旧市庁舎の隣接地で、オフィスとマンションが混在する複合ビル建設の再開発プロジェクトが始動した。旧庁舎跡地で2021年に着工するイノベーションオフィスビルと星野リゾートのホテルの計画と合わせ、JR「関内」駅前に、国際的な産学連携のビジネス拠点に加え、観光スポット及び高級賃貸住宅で地域の賑わいを創出する象徴的なツインタワーが誕生する。(2020/10/31)

伊藤健太郎、始球式の事前練習を公開 本番ではノーバウンド投球しファンから「また始球式してほしいなぁ」
横浜スタジアムで投球した伊藤さん。(2020/10/25)

池田純のBizスポーツ:
Bリーグは、プロ野球とJリーグを超えられるか? 「B・J業務提携」の読み解き方
業務提携を発表したBリーグとJリーグ。しかし、業務提携は成功させるのがなかなか難しいと指摘するのが、さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏だ。Jリーグやプロ野球を超えるため、Bリーグに求められるものとは?(2020/10/20)

動く実物大ガンダムは12月19日公開 入場料は1650円
一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」(GGC)は9月29日、横浜の山下ふ頭で建造している“動く実物大ガンダム”を12月19日から公開すると発表した。全高18m、重さ約25t(トン)のガンダムが動く様子を間近で見られる。(2020/9/29)

顧客の衛生意識が変化:
イトーヨーカドーに「マスクの森」が登場 改装オープンを記念した限定マスクも
イトーヨーカドーたまプラーザ店(横浜市)が2階を改装して「新しい生活様式店舗」としてリニューアルオープン。顧客の衛生意識や環境問題への関心が高まったことを受けての対応。売り場にはマスクの森などが登場。(2020/9/28)

首相ゆかりの地に「スガノミクス特需」! 「菅さんのパンケーキ」など売り切れ続出
菅義偉首相ゆかりの地が祝賀ムードに色めき立っている。地元選挙区の横浜市や出身地の秋田県では、首相のイラストなどをあしらった名産菓子が売り切れ続出となった。パンケーキや著書など関連商品も人気と、「スガノミクス特需」が活況だ。(2020/9/23)

「腹筋と背筋にズキュンときたね」 横浜流星、1カ月で10キロ増量 監督も大絶賛の“肉体美”に
横浜さんの24歳バースデー祝いも。(2020/9/15)

岡田眞善、お台場フジテレビへ向かうはずが東名高速で関西方面へ 140分におよんだ珍道中実況に「世にも奇妙な物語気分」
川崎→世田谷のフジテレビ→東名川崎→東名横浜青葉→お台場のフジテレビ。(2020/9/9)

免震:
“南海トラフ地震”に備え免震建物2方向の揺れを計測、横浜市庁舎に導入
竹中工務店は、地震時に免震建物の動きを計測する「直立型変位計」を開発し、同社の新社員教育寮と横浜市役所新庁舎に適用した。(2020/9/2)

「いろいろ混じってる」 ざわちん、“ものまねメイク”でキムタクになりきるも「横浜流星」「平野紫耀」らと間違われる
久々のものまね。(2020/8/30)

池田純のBizスポーツ:
プロ野球とJリーグ、コロナ禍でより運営が厳しいのはどっち? カギを握る「コロナ回帰率」とは
感染拡大防止の観点から無観客試合を続けていたが、観客動員を始めたプロスポーツ。しかし、内情を見ると野球とサッカーで明暗が分かれたようだ。詳しく数字を見ると、コアなファンの数が命運を分けたようだ。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が解説する。(2020/8/28)

「命をかけて全力を尽くしました」 横浜流星、キックボクサー役のため1カ月で10キロ増量 鍛え上げた肉体美を披露
中学時代のライバルとの再会が実現した横浜さん。(2020/8/24)

組み込み開発ニュース:
自然光による瞬間カラーホログラフィックセンシングシステムを開発
情報通信研究機構は、科学技術振興機構、桐蔭学園桐蔭横浜大学、千葉大学と共同で、自然な光を使って3次元情報をホログラムとして記録する「瞬間カラーホログラフィックセンシングシステム」を開発した。(2020/8/21)

「はまPay」がおサイフケータイやApple Payに対応 コード決済と両軸で訴求
横浜銀行は20日、コード決済サービス「はまPay」をバージョンアップ。バーチャルプリペイドカードをアプリ内で即時発行し、おサイフケータイやApple Payでの支払いを可能にする。あらかじめ口座開設しているユーザーを対象としているため、登録電話番号による本人確認のみですぐに発行できる。(2020/8/20)

日本初のラーメンブーム火付け役、浅草「來々軒」が新横浜ラーメン博物館に今秋復活
明治43年創業、昭和51年閉店のラーメン史に残る名店が末裔たちの協力により再現される。(2020/8/12)

横浜駅「私にご褒美4種のシウマイ膳」(980円)〜「自分で自分を褒めたい」アナタを、駅弁が後押し!
一口サイズの「えびシウマイ」がプリッとした食感。昔ながらのシウマイとの食感の違いを感じるのがとても楽しいひとときです。(2020/8/12)

「第3の試合観戦」を目指す――横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを提供 収益化も視野に
横浜DeNAベイスターズとKDDIが、横浜スタジアム(ハマスタ)をバーチャル空間に再現したサービスの無料トライアルを実施する。新型コロナウイルスの影響により、経営面で苦しい状況にあるプロ野球チームの新たな収益源とすることを視野も視野に入れた動きだ。(2020/8/11)

タイムアウト東京のオススメ:
横浜で行くべきアートスポット
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/8/11)

プロジェクト:
横浜駅でエキュートが開業、壁面にDRAGON76氏らの作品
JR東日本リテールネットは2020年8月10日、神奈川県横浜市にあるJR「横浜」駅で、エキナカ商業空間「エキュートエディション横浜」を開業した。エネフォレスト製紫外線照射装置「エアロシールド」で新型コロナウイルス対策をしたシェアオフィスや複数の飲食店を配置している他、コンコースの壁面には、横浜市に縁があるアーティストがストリートアートを描いたことで、芸術を楽しめる商業エリアになっている。(2020/8/11)

横浜駅「夏のかながわ味わい弁当」(960円)〜この夏も、神奈川の風景を思い浮かべて駅弁!
三崎の海産物、小田原蒲鉾、おなじみシウマイと神奈川の味が一度に味わえる駅弁。夏らしいおかずと共に箸が進みます。(2020/8/9)

「完全復活ですよぉぉお」 横浜流星、笑顔のガッツポーズでドラマ撮影復帰に「笑顔が見れて嬉しい」とファン安堵
ドラマの放送が楽しみ!(2020/8/8)

横浜駅の工事はエルフの寿命より長い? 神奈川県に住むエルフの日常漫画スタート、ご当地小ネタにニヤリ
現代日本にすっかりなじんだエルフたちの日常が描いた連載がスタート。(2020/8/8)

新横浜駅「N700Sデビュー記念弁当」(1300円)〜JR東海と崎陽軒のコラボ限定駅弁!
崎陽軒自慢の蒸気炊飯で炊かれたもちもちとした食感のご飯の上に、N700Sのロゴがプリントされた焼海苔が乗っている限定駅弁らしいプレミア感。限定ひょうちゃんしょう油入れも!(2020/8/8)

動く実物大ガンダム、全貌を現す 頭部を取り付ける「上頭式」の模様を公開
横浜の山下ふ頭で建造中の“動く実物大ガンダム”。頭部を取り付ける「上頭式」の模様など最新映像がYouTube公式チャンネルで公開された。一般公開時に披露するポーズも一部明らかに。(2020/8/5)

自宅でリアルな球場を体験「バーチャルハマスタ」2020年8月11日の阪神戦で開催
横浜DeNAベイスターズとKDDIは、自宅にいながら野球場の雰囲気を味わい、試合観戦や応援ができる「バーチャルハマスタ」の無料トライアルとして、2020年8月11日の阪神戦で「バーチャルハマスタ 横浜DeNAベイスターズVS阪神タイガーズ」を開催する。(2020/8/5)

横浜スタジアムをバーチャル空間に再現 ファンのアバターが一緒に観戦 ベイスターズがコロナ対策
横浜スタジアムをバーチャル空間上に再現する取り組みを、横浜DeNAベイスターズとKDDIが行う。ファンはオリジナルのアバターを作成し、他のファンと一緒に観戦できる。コロナ禍の影響で球場への来場人数が制限される中で、自宅などから応援を楽しめるようにする。(2020/8/4)

横浜流星、主演舞台「巌流島」公演中止にコメント発表 「僕に大きな責任があります」と自責の念に苛まれる
横浜さん「またこのチームで“巌流島”が出来ることを信じて」(2020/8/1)

とらのあな、横浜店・仙台店・町田店・京都店が閉店へ 「現在の状況では店舗運営できない」
一方で通信販売の利用者は増加中。(2020/7/31)

コロナ感染の横浜流星、退院を報告 ファンから「どうか自分を責めないで」と気遣う声
よかった……!(2020/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。