ニュース
» 2012年08月08日 22時36分 UPDATE

導入事例:日鉄鉱業、全24拠点のデータバックアップにCTCのクラウドを採用

データの遠隔バックアップを実現したほか、本社の情報システム部門が全拠点のデータを一元管理できるようになったという。

[ITmedia]

 日鉄鉱業は、全国24拠点のデータのバックアップシステムとして、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のクラウド型バックアップサービスを導入した。CTCが8月8日に発表した。

 同サービスは、ユーザー企業とCTCのデータセンターを閉域網で接続してバックアップ/リストアを行うというもの。EMCの重複除外技術「Avamar」の搭載で、バックアップするデータの量をデータ転送前に減らせるという特徴を持つ。

 日鉄鉱業は同サービスの利用で、データの遠隔バックアップを実現。さらに専用Webポータルを活用し、本社の情報システム部門が全拠点のデータを一元管理できるようになったという。

photo 日鉄鉱業のサービス利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -