ニュース
» 2012年09月11日 08時00分 UPDATE

導入事例:徳島大、学生8000アカウントのメールシステムに「Office 365」を採用

安定したメールサービスの提供が求められる学生向けにOffice 365を、メール内容に個人情報などが含まれる教職員向けにはExchange Server 2010を採用した。

[ITmedia]

 徳島大学は、学生および教職員が利用するメールシステムとして、約8000アカウントの学生向けにクラウド型の「Microsoft Office 365 for Education」を、約4000アカウントの教職員向けに「Microsoft Exchange Server 2010」を採用した。日本マイクロソフトが9月10日に発表した。

 同大ではこれまで学内でメールシステムを運用してきたが、メンテナンス時にはメールシステムの停止が避けられないという課題があった。そこで、安定したメールサービスの提供が求められる学生向けにはOffice 365を採用。一方、メール文面に学生の個人情報などが含まれる教職員向けには、学内設置型のExchange Server 2010を採用したという。

関連キーワード

メール | Office | Office 365 | Microsoft | 学生 | 先生 | Exchange | Office 2010


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -