ニュース
» 2012年09月11日 11時46分 UPDATE

導入事例:ケンコーコム、「AWS+SAP ERP」による基幹業務システムを構築

ケンコーコムが自社の基幹業務システムとして、Amazon Web Services上にSAP ERPを構築した。

[ITmedia]

 ケンコーコムは9月11日、Amazon Web Services(AWS)上にSAP ERPによる基幹業務システムを構築して、8月から本格運用を開始したと発表した。2011年の東日本大震災をきっかけに事業継続を強化する目的で、基幹業務システムを自社運用からクラウド環境に移行した。

 サーバシステムのAWSへの移行は2011年中に完了。SAP ERPは新規導入となるため、5月まで検証を行った。事業継続だけでなく、事業基盤の拡大や事業展開の加速化に対応できる仕組みとして選択したという。これらシステムの構築に当たっては、NTTデータソルフィスのテンプレート「専門商社向けモデルシステム」を活用。

 AWSにSAP ERPを構築するケースは、国内ではケンコーコムが初めてだとしている。

関連キーワード

SAP | ERP | ケンコーコム | Amazon Web Services


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -