ニュース
» 2012年10月09日 12時56分 公開

導入事例:新宿区が全庁規模のプライベートクラウドを構築

新宿区がMicrosoft Windows Server 2008 R2 Hyper-Vを利用してのクラウド環境を構築したという。

[ITmedia]

 新宿区がMicrosoft Windows Server 2008 R2 Hyper-Vを利用して全庁プライベートクラウド基盤を構築し、9月から本格運用を開始した。これを支援したNECが10月9日に発表した。

 新宿区では2008年に情報化戦略計画を定め、まず2010年に全職員が共通で使用する文書管理システムや職員ポータルなどの内部情報系システムのサーバ約150台を43台に集約した。今回構築した環境では各課の個別業務システムの集約を進める。2015年までに順次移行する計画で約250台のサーバを24台に集約するという。

 NECによれば、新宿区の取り組みは自治体での大規模なプライベートクラウド基盤構築の先進例だという。今回の取り組みで年間のITコストを約24%削減する計画。

新宿区が構築する全庁プライベートクラウドのイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -