ニュース
» 2012年10月29日 12時07分 UPDATE

山梨大学が情報システム基盤をハイブリッドクラウド化

旧山梨大学および旧山梨医科大学にあった情報システム基盤を、プライベートクラウドとパブリッククラウドサービスを併用する形で統合した。

[ITmedia]

 山梨大学が甲府キャンパスと医学部キャンパス(旧山梨医科大学)の情報システム基盤をクラウド環境に移行し、9月から運用を開始している。これを支援したNECが10月29日に発表した。

 今回のシステム刷新では情報システム基盤をデータセンターに移行し、プライベートクラウド型で運用する。物理サーバ台数を仮想化で68台から21台に削減。サーバの統合にはNECの「Express5800/SIGMABLADE」サーバや「iStorage」を採用し、データセンターとキャンパス間を10ギガビットイーサの回線で冗長化して結んでいる。キャンパス内の基幹ネットワークスイッチに、ユーザー単位で接続制限ができる認証スイッチを採用する。

 メールシステムには「Microsoft Office 365 for Education」を採用し、約7000人が使用する。情報処理教室では540台の端末からなるネットブート型のシンクライアントシステムを導入し、リモートアクセスで教室外からも利用できるようにした。ID管理にはNECの統合認証ソフト「SECUREMASTER」および「Shibboleth」技術を用い、1つのIDで学内外の各サービスをシングルサインオンで利用できるようにしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ