ニュース
» 2012年12月28日 12時28分 UPDATE

導入事例:北海道に全国最大規模の教育クラウド、約13万人が利用

道立の270校と教育研究所、特別支援教育センターが利用する「北海道教育情報通信ネットワーク」が構築された。

[ITmedia]

 NECは12月28日、北海道に全国最大規模という教育クラウド基盤「北海道教育情報通信ネットワーク」を構築したと発表した。北海道教育委員会が同基盤による教育サービス「ほっかいどうスクールネット」を提供し、道立の全270校と教育研究所、特別支援教育センターなどの児童生徒、教職員の約13万人が利用する。

 新基盤の構築では道立教育研究所に設置されていた約60台のサーバを、NEC北海道データセンターの仮想化環境に移行。プライベートクラウドとして構築した。運用管理では新たに専用のサービスデスクを設け、教職員現場の管理者の負担を軽減して、TCOを約30%削減させるとしている。

 ほっかいどうスクールネットではポータルやeラーニング、教育用教材登録や検索、Web会議、教員研修用の講義映像受信サービス、ホスティングなどのサービスを提供する。IDはオープンソースの統合認証基盤「Shibboleth」などを用いて統合し、利用者は1つのIDで各サービスをシングルサインオンで利用できるようになっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ