ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「教育委員会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育委員会」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Microsoft Education ICT教育フォーラム」レポート(第1回):
ICTの成果は? 「先生の働き方改革」を推進し「生徒の興味喚起」を引き出した岐阜県教育委員会の取り組みから
日本マイクロソフトが、オンラインイベント「Microsoft Education ICT教育フォーラム」を開催した。この記事では、このフォーラムにおける岐阜県教育委員会の発表についてレポートする。(2022/7/1)

新教員研修で受講履歴データ化、校長の指導力カギ
文部科学省が新たな教員研修制度の枠組み案を公開した。教員個別の研修履歴を記録するデータベースを構築する他、校長らが研修成果を確認する手法を明確化することを各都道府県教育委員会に求める。(2022/6/28)

「1人1台」端末配備2年目 子供たちの主体的学び鍵に
コロナ禍で全国の小中学生に1人1台の学習用タブレット端末が配られ、2年目を迎えた。端末の活用は学校現場の情報化を進める足がかりとなるが、ハードとソフトの両面でまだ課題も多い。(2022/6/21)

教育ITニュースフラッシュ
中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上
中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2022/6/20)

情報教員が大幅不足 文科省、全国の教委に充実を要請
高校でのプログラミング教育が必修化される中、文部科学省が高校での情報教育の充実を求める事務連絡を全国の教育委員会に出した。深刻な専門教員不足の環境改善が進んでいないことを重く見た文科省が一層の対策を各教委に促した。(2022/6/7)

GIGAスクールのiPad授業、実際はどんな感じ? 墨田区錦糸中学校が実践していること
GIGAスクール構想で日本には275万台以上のiPadが導入された。では実際にどのように使われているのか、墨田区の中学校での授業風景を取材した。(2022/4/26)

noteに教育委員会向けプラン 高機能版を公立学校に一括導入
noteが教育委員会向けサービス「note pro一括導入プラン」の提供を始めた。管轄の公立学校に高機能版「note pro」を一括導入できるプランで、利用料は無料。(2022/4/14)

タワマン増加が背景:
東京・港区が9階建ての区立小学校を新設した理由
オフィスビルなどが立ち並ぶ東京・港区芝浦に「港区立芝浜小学校」が新たに開校した。同区にとって、統廃合を伴わない形での区立小新設は、小中一貫校の区立港陽小学校(港区台場)以来、26年ぶり。新設の背景を取材した。(2022/4/1)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(中編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、自身の経験を基に紹介する。(2022/3/29)

長期欠席の小中高生、オンラインで学習支援 さいたま
さいたま市教育委員会は、不登校や病気などで長期欠席している市立小中高生に対し、オンライン学習の機会を提供する「不登校等児童生徒支援センター」を4月に開設する。「学ぶ喜びや人とのつながりを実感し、社会的な自立につながれば」としている。(2022/3/25)

全ての都立校でAdobe導入 デザイン、Webページ、動画などの製作に活用
東京都教育委員会が、都立学校にAdobe Creative Cloud Expressを導入した。児童生徒16万人と教職員2万人が、学校や自宅でデザイン、Webページ製作、動画編集などを体験できるようになる。(2022/3/24)

始めから“100点”を求めないことがポイント――茨城県守谷市が全小中学校のオンライン授業をいち早く実現できた理由(後編)
東京のベッドタウンとしても知られる茨城県守谷市が、2021年8月25日から9月12日にかけて全ての市立町中学校において完全オンライン授業を実施した。オンライン授業を実際に行った際の様子と、そこから見えた課題を担当者に聞いた。(2022/3/23)

何があっても“学び”を止めない――茨城県守谷市が全小中学校のオンライン授業をいち早く実現できた理由(前編)
東京のベッドタウンとしても知られる茨城県守谷市が、2021年8月25日から9月12日にかけて全ての市立町中学校において完全オンライン授業を実施した。新型コロナウイルスの感染拡大が問題となり、ほとんどの市区町村が「夏休みの延長」や「分散登校」の判断を下す中、守谷市がオンライン授業という選択肢を取った経緯を聞いた。(2022/3/18)

CO2削減:
グリコ、学校給食用牛乳のストローを廃止 ストローなしでも飲みやすい新パックを採用
江崎グリコは学校給食用牛乳のストローを廃止する。開口部が開けやすい紙パックを採用し、ストローなしでも飲みやすくした。二酸化炭素の排出量削減が目的。(2022/3/8)

小寺信良のIT大作戦:
出身地ガチャが生み出すGIGAスクール格差 高校の1人1台端末導入はどうなる?
(2022/1/19)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(17)STEM教育(5):
課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト
本シリーズでは、STEM教育の中でも特にプログラミング教育を取り上げてきましたが、やはり課題(ツッコミどころ)は満載です。それでも、いろいろと調べていくうちに、いくつかの光明も見えてきました。(2021/12/27)

A-Styleフォーラム Vol.8:
Microsoftが提言するニューノーマル時代のクラウド化メリット、「目からウロコ!これからのクラウド活用術」<前編>
住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。前・中・後編と3回に分けてお送りするうち、前編の今回はオープニングセッションと日本マイクロソフトの基調講演を中心にレポートする。(2021/12/21)

3分インタビュー:
ランドセルが、約90%軽くなる「棒」とは? 購入予約数は約2000本に
ランドセルの重量化が腰痛や肩こりなどを引き起こす「ランドセル症候群」が小学生の間で広がっているという。そんな状況を改善すべく、大学生と小学生が協力して、ランドセルを約90%軽くする「棒」を開発した。棒でどうやってランドセルが軽くなるのかというと……(2021/12/2)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

「他市の教員にうらやましがられる」──小中学校のICT基盤をクラウド化、教員もPC持ち出し可能に 独自施策でAzure移行した埼玉県鴻巣市
「GIGAスクール構想」に先駆けて教育現場のICT化を進め、公立小中学校のシステム基盤をフルクラウド化した埼玉県鴻巣市。教師のワークライフバランス改善や、生徒の学習環境の整備にも貢献したクラウド移行はどのように成し遂げられたのか。(2021/11/29)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

国公立高校のデジタル化は大都市圏で遅れ 端末配備率は47%
MM総研は、国内の高等学校における“1人1台端末環境”などの整備状況についてのアンケート結果を発表した。(2021/11/15)

「学校内ネットワーク」の問題をどう解決する? 「GIGAスクール構想」発展に向けたNECの取り組み(前編)
文部科学省の「GIGAスクール構想」が本格的に始まって1年半が経過した。2021年4月までに端末とネットワークはおおむね整備された……が、ネットワーク回りに関する課題は現在も解消しきれていない。NECはこの課題にどう取り組んできたのだろうか。担当者から話を聞いた。(2021/10/22)

平嶋夏海、バイク女子がドハマり中のバイク漫画『トップウGP』を熱く語り出す
本当にバイク好きなのです。(2021/10/20)

「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
「すべての市町村でこうあってほしい」「文科省が全国的に展開すべき案件」など反響が。(2021/10/18)

平手友梨奈「かけがえのない世界」が9月24日に配信決定! 幻想的なアートワークも初解禁
ついに配信決定!(2021/8/30)

「Google Workspace」は小学校でどう使われている? 3人の先生が解説
文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」によって、小中学校では2020年度内に「1人1台」の学習用端末配備がおおむね完了した。しかし、端末配備後の様子は自治体や学校によってマチマチのようだ。うまく行っている小学校ではどのような取り組みをしているのだろうか?(2021/8/27)

GIGAスクール構想スタートで、学校はどう変わるのか ネット時代に頼れる教師の姿は
Windows、iPad、Chromebookが生徒たちに配布され、ICT教育に利用するGIGAスクール構想。学校側の体制は今どのようになっているのか。アンケート調査の結果から得られるものは。(2021/8/13)

一段落した「GIGAスクール構想」、学校のIT化は進んだ? 教育現場に残る課題
GIGAスクール構想では2020年度中に児童生徒への学習用PCの配布や学校の通信環境整備などを進めてきた。21年度に入って、学校のIT化は進んだものの、現場には「端末の持ち帰り」「学習アプリがない」「教師に変化が必要」など課題も残る。(2021/8/4)

レノボが学校用プログラミング教材「みんなでプログラミング」を拡充 有償版を提供開始 家庭/個人向けライセンスも用意
レノボ・ジャパンが東京書籍などと協力して学校向けに提供しているプログラミング教材「みんなでプログラミング」に有償版が登場する。無償版にはないより実践的な教材の他、より深く学習できるコンテンツも提供される。家庭/個人でも利用できる「単月ライセンス」も用意される。(2021/7/29)

オカムラの「新オフィス提案」に迫る:
赤字予想から一転、最高益 オフィス縮小ブームの中でオカムラが作り出した「需要」とは?
新型コロナウイルスによって人々の働き方は大きく変わった。それに伴い、オフィス縮小や移転の動きが急激に広がり、オフィス関連市場には逆風が吹き付けていた。事務機・オフィス家具大手のオカムラも苦境に立たされていた。しかし、蓋を開けてみると2021年3月期の連結決算は過去最高益を達成していた。市場から需要が消えたにも関わらず、なぜ達成できたのか。オカムラの中村雅行社長執行役員に話を聞いた。(2021/7/26)

EdTech企業のクラウド活用
オンライン教材「すらら」が“脱オンプレミス”からの「AWS」移行を選んだ理由
EdTechベンダーのすららネットは、オンライン教材「すらら」のインフラに「AWS」を利用している。オンプレミスサーバからAWSへ移行した理由と、新型コロナウイルス感染症の拡大ですららに起きた変化を取り上げる。(2021/9/9)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

EDIX 東京 2021:
「GIGAスクール構想」の成功には何が必要? 先進事例から考えてみる
文部科学省の「GIGAスクール構想」の本格スタートから1年経過した2021年。実際の教育現場ではどのような動きがあるのでしょうか。1年に1回開催される教育関連の総合見本市「EDIX 東京」で行われたパネルディスカッションの様子を見ながら考察してみました。(2021/7/12)

辻希美「マスクを外すプールが安全なのかはわからない」 4児のママとしてプール授業に悶々
「学校行事は親としては参加させてあげたい」としつつ。(2021/6/15)

1人残らず最適な教育環境を――岐阜県教委、慶應大学SFC研究所、日本マイクロソフトが連携協定 岐阜県立学校のICT化を推進
県立学校におけるICT化を進めるべく、岐阜県教育委員会が慶應義塾大学SFC研究所、日本マイクロソフトと連携協定を締結した。岐阜県立学校では既に1人1台の学習用端末の配備が完了しているが、その利活用を通して児童/生徒の個別最適化された学習を実現すると同時に教員の業務負担の軽減も推進する。(2021/6/11)

小学校教員がSMSフィッシング被害に 学級名簿などを保存したクラウドストレージの個人アカウントが奪われる
大阪教育大学が、附属小学校の教員1人がスミッシングの被害に遭い、同教員が私的に契約するクラウドストレージ内に保存していた個人情報約3900件が第三者から閲覧可能な状態にあると発表。教員は情報管理のルールを守らず、情報を私的なクラウドストレージに保存していた。(2021/5/24)

エプソンの学校向けサービス「アカデミックプラン」が愛媛県四国中央市の公立小中学校26校に導入
エプソン販売は、同社が提供する学校向けサービスが愛媛県四国中央市教育委員会に導入されたと発表した。(2021/5/10)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

市場は拡大:
元女性サッカー選手がエンディングビジネスで起業 墓選びで最適なプランを提案
実業団のサッカーチームで活躍を夢見た選手が、身内の死をきっかけに「終活」に目覚め、起業して「貴方にふさわしいお墓の在り方」を提案するコンサルタントビジネスを展開している。納得のいく墓選びをするためのビジネスを「供養のカタチ」というブランドで始めた石原千晶代表に狙いを聞いた。(2021/4/20)

市内の小中学校にボカロ一斉導入、「ピアノ経験者以外も活躍」「歌に自信なくても安心」 授業風景を導入のキーマンに聞く
市立小中学校に、音楽の教材としてボーカロイドを一斉導入した愛知県岡崎市。実際の授業風景はどうなっているのか。岡崎市立南中学校に聞いた。(2021/4/13)

eスポーツを通じて高校生の新たな可能性を育てる――2021年の活動をNASEF JAPANが発表
日本でも、eスポーツと教育が徐々に距離を縮めつつある。2020年には北米教育eスポーツ連盟の日本本部となるNASEF JAPANが設立された。ここでは、NASEF JAPANが開催した国際教育eスポーツサミットの模様をお届けする。(2021/3/22)

授業と校務でのICT活用に向けて――堺市教育委員会と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結
堺市教育委員会と日本マイクロソフトが、Microsoft 365の利活用を軸とした連携協定を締結した。日本マイクロソフトにとっては、初めて「GIGAスクール構想」に関連する初めての協定となるという。(2021/3/16)

「GIGAスクール構想」の推進に向けて――NECが教育ICTプラットフォームを強化
NECが教育ICTに関する説明会を開催した。同社が展開する教育クラウドサービスやハードウェア製品に関する近況や新展開が紹介された中で、興味深い話も飛び出した。(2021/3/9)

クラウドニュースフラッシュ
蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由
「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。(2021/2/27)

職員室の「IT化」を阻むものは何? 元教員が考える課題と解決策
文部科学省の「GIGAスクール構想」と、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、教育現場のIT化が急速に進む……と思いきや、職員室(教員)のIT化は思ったように進んでいない部分もあります。2020年3月まで教員として学校に勤めていた筆者が、教員のIT化の課題と対応策について考察します。(2021/2/26)

日本マイクロソフト、愛知の県立学校生徒向け端末としてSurface Go 2を4万台導入
日本マイクロソフトは、愛知県教育委員会が生徒用端末として4万383台のSurface Go 2を展開すると発表した。(2021/2/24)

千葉県教委と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結 県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に注力
千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。(2021/1/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DX推進は、いかに戦略と体制を確立し、人材を育成するかが成功のカギ――サツドラ独自のDX戦略とは
AIカメラなどの先端テクノロジーの活用や異業種連携により、店舗のデジタル化にいち早く乗り出したサツドラ。コロナ禍では、AIカメラソリューションをわずか2週間で共同開発した。サツドラ独自のDX戦略を学ぶ。(2021/1/13)

スリーワンシステムズ、教育支援アプリ「Netop Vision」の6カ月試用キャンペーンを開始
スリーワンシステムズは、同社提供の教育支援アプリ「Netop Vision for Chromebooks」「Netop Vision 365」を6カ月試用できるキャンペーンを開始する。(2021/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。