ニュース
» 2013年07月16日 12時06分 UPDATE

日本HP、Webアプリのサービスシミュレーションツールを強化 SAPに対応

「HP Service Virtualization software 3.0」ではSAPプロトコルへの対応とテスト管理ツールとの連携を強化。ERPがバックエンドで稼働するWebアプリのテストを効率化できる。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは7月15日、Webアプリケーションの開発テスト向けサービスシミュレーションツールの最新版「HP Service Virtualization software 3.0」を発表した。

 同製品は各種プロトコルで接続されるサービスコンポーネントのシミュレーションを実行するための仮想サービスを作成するもの。仮想サービス用のスタブを作成・編集する「Service Virtualization Designer」と、作成したシミュレーションツールをサーバに配備する「Service Virtualization Server」で構成される。

 今回のバージョンではSAP ERPなどの製品と連携するためにRFCおよびIDocの両プロトコルをサポートした。SAPと接続するシステムのテストにおいて、同製品の仮想サービスを活用することで、開発プロセスの時間を短縮できるという。

 また、同社のテスト管理ツール「HP Quality Center」やその最上位版「HP Application Lifecycle Management」との連携や統合にも対応。HP Service Virtualization softwareの仮想サービスをこれらのテストツールのレポジトリを通じて、ほかのメンバーと共有、管理できる。これによってテストプロジェクトの準備や再利用、バージョン管理、実行の記録などをテスト管理ツールから行えるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -