ニュース
» 2015年10月27日 16時00分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2015 Report:オラクル、「Oracle Database 12c Release 2」のベータ版を発表

オラクルがデータベース製品の最新版「Oracle Database 12c Release 2」のベータ版を発表。クラウド展開の俊敏性と拡張性を向上させる、数百に渡る新たな機能を盛りこむようだ。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「Oracle Database 12c Release 2」を説明するアンドリュー・メンデルソン氏

 米Oracleが10月26日(現地時間)からカリフォルニア州サンフランシスコで開催中の年次カンファレンス「Oracle OpenWorld 2015」において、同社はデータベース製品の新バージョン「Oracle Database 12c Release 2(12.2)」のベータ版を発表した。

 マルチテナントアーキテクチャとデュアルフォーマットのインメモリデータベース技術を取り入れ、クラウド展開や管理、リアルタイムアナリティクス、ビッグデータ分野での活用も進む「Oracle Database 12c(12.1)」(2013年6月リリース)。新バージョンの12c Release 2は、これらの機能の進化や強化を中心に数百の新機能を盛りこみ、これまで以上にクラウドへの移行を簡素化できるとする。

 Oracle Database 12c Release 2で注目される強化機能は以下の通り。10月26日に行われたデータベースに関するゼネラルセッションでOracle データベースサーバ技術担当 エグゼクティブバイスプレジデントのアンドリュー・メンデルソン氏が説明した。


photo Oracle Database 12c Release 2のベータ版をリリース
  • Oracle Multitenantの強化による俊敏性とキャパシティの拡張
  • ビッグデータアナリティクスの対応を強化

 サーバ、データセンター、Oracle Cloud間におけるプラガブルデータベース(PDB)のオンラインでの移動(PDB Hot Clone)を含む機能を強化するほか、ビッグデータアナリティクスの対応として「Database In-Memory」機能の強化と「Spatial」のパフォーマンスを改善した。

 そのほか、あらゆる主要なプログラミング言語(node.js、python、PHP、.Netなど)やフレームワークのドライバーの強化も図っている。

photophotophoto コンテナ機能をアップグレード。コンテナ当たりのPDB(プラガブルデータベース)数の最大値を252から「4096」に増加し、さらにクローニング時のダウンタイムを極力減らすPDBのHot Clone/Refresh/Relocateも強化する
photophotophoto Oracle Database 12c/12.1と12.2(Release 2)の機能差
photophotophoto Database In-Memoryのさらなる強化とともに、同日に発表されたデータベース処理特化型プロセッサ「SPARC M7」への最適化も図る。SQLのパフォーマンス向上に加え、プロセッサベースでセキュリティ性も高める
photophoto パフォーマンス面におけるOracle Database 12c/12.1と12.2(Release 2)の機能差とその他多数の強化機能

 「Oracle Database 12c Release 2は、クラウド向けデータベースの大きな前進。2014年まで、Oracleのデータベースクラウドサービスはどちらかというと“スタートアップ”の段階で、当時、クラウドを使っている顧客は100社に満たない状況だった。しかし2015年10月現在、数千社の顧客がデータベースクラウドを使うようになった。これは、パブリッククラウドでエントリーレベルラックから、開発者向け、エンタープライズ向けサービスまで、幅広い製品をすで提供しているからだ。ビッグデータ解析を始めとするとても大きな負荷を要するものも、最近リリースしたExadata Cloudサービスとしてクラウドで使っていただける。対して、競合は主に開発者向けのものしか出していない。この意味で、競合よりはるかに先に行っていると自信がある」(アンドリュー・メンデルソン氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ