ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Database In-Memory」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Database In-Memory」に関する情報が集まったページです。

スキンケア商品の直販ビジネスを支えるDB環境を1つに集約:
PR:ザ・プロアクティブカンパニーがOracle Database ApplianceとOracle Database 12cで基幹DBとDWHを統合し、コスト半減でリアルタイムなデータ活用を実現
インフォマーシャルとダイレクトマーケティングを駆使したスキンケア商品の通信販売で知られるザ・プロアクティブカンパニー。長年にわたり基幹データベースとDWHを別々に運用してきた同社は、ソフトウェアの保守期限切れによってこれらの刷新を迫られる。そこで同社が選んだのが、Oracle Database ApplianceとOracle Database 12cによる基幹データベース/DWHの統合であった。(2018/9/12)

PR:クラウドでエンジニアの負荷が減る! 熟練エンジニアのチューニングにも迫るオラクルの自律型データベース、新日鉄住金ソリューションズが実力を検証
(2018/8/30)

Computer Weekly製品導入ガイド
CRM成功の鍵を握るデータソースのコーディネート
次世代顧客関係管理のためには、データ第1の戦略が求められる。(2017/12/1)

企業ITの核心はいつの時代も「データ活用」:
PR:インメモリ、インデータベース、そして自律化へ──Oracle Databaseで企業のデータ活用はどう進化していくのか?
データの利活用こそ、企業がITシステムを使う真の目的だ。データ活用の技術や手法は、ビジネス環境の変化やITの変遷に応じて大きく発展してきた。そして、今後もさらに進化していこうとしている。これから何がトレンドになるのか、それを加速するためにオラクルは何を提供していくのだろうか。(2017/11/30)

膨大なデータを処理、分析し、リアルタイムのビジネス洞察を獲得:
768GBから48TBまでスケーリング可能――HPEがモジュラー型インメモリプラットフォーム「HPE Superdome Flex」をリリース
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、スケーラブルでモジュラーなインメモリコンピューティングプラットフォーム「HPE Superdome Flex」の販売を開始した。(2017/11/8)

「2020年までにクラウドでナンバーワンになる」は本当ですか?:
PR:Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、企業ITには一層のスピードと柔軟性が求められている。これを受けてクラウド利用は企業にとってもはや必須となり、パブリッククラウド市場も依然、活況が続いている。そうした中、最後発として登場してきたOracle Cloud。AWS、Azure、GCPなどベンダー勢力図もある程度固まっている中でリリースしたことには、果たしてどのような狙いや意義があるのだろうか? (2017/8/31)

OLTPとデータ分析の共存が可能に:
PR:既存データベースをコスト&リスクを抑えてインメモリ化──企業がOracle Database In-Memoryを使うメリット
既存のデータベース環境を最小限のコストとリスクで大幅に高速化し、データのリアルタイム活用を実現する「Oracle Database In-Memory」。同製品ならではのメリットや活用事例について、米オラクルでプロダクトマネジャーを務めるマリア・コルガン氏に聞いた。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c](2017/7/19)

海外拠点との連携強化もにらみ、24H/365D環境の構築が急務に:
PR:日本ペイントホールディングスが「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、グループ統合データベース基盤のリアルタイムバックアップを実現
積極的な海外展開を続ける日本ペイントホールディングスは、グループ10数社が利用する各種データベースをOracle SuperCluster M7上に統合。そのデータベースバックアップ環境に「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、リアルタイムバックアップの環境を整えた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/10)

DB処理高速化に寄与、前モデル比2.5倍の演算処理性能を実現:
富士通とオラクル、SPARC64 XIIを搭載するUNIXサーバの新モデル「SPARC M12」をリリース
富士通とオラクルが、SPARCプロセッサを採用したUNIXサーバの新モデル「SPARC M12」の提供を開始。「SPARC64 XII」を採用し、CPUコア当たりの演算処理性能は前モデル「SPARC M10」の最大2.5倍を実現する。(2017/4/5)

X2からX5への移行でさらにパフォーマンスが向上:
PR:「月間60億ダウンロード」を処理可能な電子書籍配信システム──メディアドゥがOracle Exadataで構築
主要な電子書籍販売サイトへのコンテンツ配信を担うメディアドゥが、月間60億件ものダウンロードに耐えるコンテンツ配信/販売管理システムを構築した。その核となったのが、OLTPとDWHを同時に高速処理可能な「Oracle Exadata」だ。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/3/28)

オラクルの“ハイブリッドクラウド”が向かう先は?:
PR:Oracle Database 12c R2が“クラウドファースト”で登場! インメモリ、マルチテナント機能がさらに強化
“クラウドファースト”の公約通り、Oracle Database 12c R2がOracle Cloudで先行リリースされた。同バージョンの登場により、オラクルのハイブリッドクラウド環境はどのように進化したのか? 製品開発を統括する米オラクルのアンディ・メンデルソン氏が語った。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/20)

確かな技術力とノウハウ、最新ソリューションの活用が成功の鍵:
PR:ミッションクリティカル分野の「DBアップグレード」はどう進めるべき? 富士通北陸システムズとオラクルのキーパーソンが語る勘所
ミッションクリティカル領域におけるオラクル製品の活用に関して豊富な実績と高い技術力を誇る富士通北陸システムズ。ORACLE MASTER Platinumを有する同社のエキスパートらが、Oracle Database製品の開発を主導するキーパーソンと“データベースアップグレード”を巡って議論を交わした。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/15)

新日鉄住金ソリューションズのエキスパートも太鼓判:
PR:そろそろ12cに移行する? 課題はアップグレード時のDBテスト Oracle RATとOracle DBCSで手間とコストのリスクを最小限に!
Oracle Databaseのアップグレードでは、移行前後でSQLの性能がどう変化するかを検証するテストが大きな関門になる。Oracle RATとOracle DBCSを使えば、このテストにかかる手間とコスト、リスクを最小限に抑え、アップグレードしやすい運用/保守体制を作れる。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/1/30)

ナビゲーター卒業、そして新世代へ:
PR:SPARC/SolarisやSuperClusterが、SAPに最適な理由とは何ですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、米国のオラクル本社からSAPアカウント担当 バイスプレジデントを務めるゲルハルト・カップラーが来日したので、SAPのお客さまに対して、オラクルはどのようなテクノロジーを提供し、お客さまはどのような価値を享受できるのかを聞いてきました。(2016/9/20)

豊富なオプション機能を従量課金で使えるメリットを生かすには!?:
PR:コンサルが明かす、「今すぐ得するOracle Database Cloud Serviceの使い方」
Oracle Databaseの豊富なオプション機能を従量課金で使えるOracle Database Cloud Serviceは、データベース基盤のアップグレードや機能拡張の際の検証環境をはじめ、さまざまな用途で今すぐにメリットをもたらす。日本オラクルのコンサルタントが活用ノウハウを明かす。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/5/11)

SAPのさらなる高速化にIn-Memoryの活用も検討:
PR:ライオンがSAP ERPや基幹系のDB基盤をOracle Exadata X5 & Oracle Database 12cに更改 性能が4〜20倍向上
ライオンは先頃、Oracle Exadata V2で運用してきたSAP ERPや基幹系のデータベース基盤をX5に移行。併せてRDBMSもマルチテナントを活用したOracle Database 12cにアップグレードし、処理性能が4〜20倍向上した。同社は今後、Oracle Database In-Memoryの活用も検討しているという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/4/7)

12cへの移行がクラウドのメリットを最大化する:
PR:Oracle Database 12cを核としたオラクルのクラウド戦略はなぜOPEX削減にも効果があるのか
製品名にクラウドの名を冠した「Oracle Database 12c」が、さらなる進化を続けている。オラクルのハイブリッドクラウド戦略で核となる同製品が指向する次世代のデータ管理アーキテクチャとは、どのようなものなのだろうか?[パブリッククラウド][プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Cloud][Oracle Mutitenant][Oracle Enterprise Manager](2016/3/15)

データベースクラウドに求められる3つの要件(3):
PR:既存アプリの改修なしでOLTPとリアルタイムアナリティクスを高速化する「Oracle Database In-Memory」
Oracle Database上に集約した統合データベース基盤上では、OLTPやデータ分析など、さまざまな処理が行われることになる。それらの処理をさらに高速化し、データのリアルタイム活用を推し進めたいという企業に向け、オラクルは「Oracle Database In-Memory」を提供している。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/2/16)

データベースクラウドに求められる3つの要件(2):
PR:統合データベース環境の運用効率化に「マルチテナント」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」は使えるか?
多数のデータベースを集約したプライベートクラウドの管理において、バックアップの運用をどうするかは悩ましい課題だ。データベースの数が多ければ当然、作業が煩雑になる他、作業ミスで重要なデータを失うリスクも高まる。Oracle Database 12cの「マルチテナントアーキテクチャ」と「Zero Data Loss Recovery Appliance」ならば、この問題をスマートに解決できる。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/25)

”ノンチューニングで高速”をどう実現したか:
PR:NTTドコモの6600万顧客のリアルタイムビリング基盤「MoBills」を支えるデータベース基盤とは
「Oracle Exadataで垂直統合型システムのイメージが変わった」──NTTドコモの基幹システムの1つ「MoBills」のインフラ刷新を推進したメンバーの1人はそう語る。約6600万顧客への課金/決済を担う同システムのデータベース基盤に、同社はなぜOracle Exadataを選んだのか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2016/1/20)

開発/検証、遠隔地バックアップ環境としての有効性をチェック:
PR:Oracle Database Cloud Serviceは本当に使えるか? 新日鉄住金ソリューションズの検証は
「Oracle Database Cloud Service」は、Oracle Databaseを使う企業が既存資産を最大限に生かすことのできるパブリッククラウドだ。その開発/検証環境およびバックアップ環境としての有効性について、新日鉄住金ソリューションズのエキスパートらが検証を進めている。[パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Oracle Cloud](2015/12/25)

Database Expertイベントリポート:
クラウド時代の「Oracle Database」はどこへ向かうのか
オラクル考える、クラウド時代を見据えた次世代データ管理アーキテクチャとは。「Oracle CloudDays Tokyo 2015」の基調講演でデータベース製品担当キーパーソンのアンディ・メンデルソン氏が登壇し、戦略を語った。(2015/12/14)

Database Watch(2015年11月版):
SPARC M7に実装された「Software in Silicon」とは何か
データベースというソフトウエア技術を追いかける本連載で「SPARC」について言及する日が来るとは思いませんでした。今回はオラクルのデータベース性能を強化するためのチップに実装された技術「Software in Silicon」を深追いします。(2015/12/3)

データベース運用管理をクラウド化する方法(2):
PR:Oracle DBアップグレードの実践的手法〜パッチ適用、データ移行、ダウンタイム短縮の手法
データベースをプライベートクラウドの構築に最適なOracle Database 12cに移行する際には、アップグレード作業をいかに円滑に行うかが重要なポイントとなる。また、高い安定性を確保するためのパッチ適用も忘れてはならない。今回は、Oracle Databaseの最新アップグレード手法とパッチ適用のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/11/30)

ハードウエアレベルでのメモリ保護や暗号化も:
米オラクルがSolaris 11.3をリリース。SPARC M7、12c R2の情報も発表
米オラクルは米国で開催中の年次イベント「Oracle OpenWorld 2015」で、セキュアでスケーラブル、クラウド運用に対応したデータベースプラットフォームとして、プロセッサー「SPARC M7」、OS「Solaris 11.3」、データベース管理ソフトウエア「Oracle Database 12c R2」の詳細を語った。(2015/10/29)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、「Oracle Database 12c Release 2」のベータ版を発表
オラクルがデータベース製品の最新版「Oracle Database 12c Release 2」のベータ版を発表。クラウド展開の俊敏性と拡張性を向上させる、数百に渡る新たな機能を盛りこむようだ。(2015/10/27)

将来的なオンプレミスへの移行も容易に:
PR:Oracle DBユーザーに最適なセルフサービスBI環境とは?
「ビジネス部門主導で手軽に使える高機能なBIツールが欲しい」──Oracle Cloudには、そんなニーズに最適なサービスとして「Oracle Business Intelligence Cloud Service」が用意されている。ハイブリッドアーキテクチャで提供されるため、将来、オンプレミスに移行することも可能だ。[パブリッククラウド][ビッグデータ][Oracle Cloud][Big Data](2015/10/27)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
クラウド事業好調、「SAPは“どうでもよくなった"」 ラリー・エリソンCTO
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。マーク・ハードCEO、ラリー・エリソン会長兼CTOがオープニング基調講演にさっそく登場した。(2015/10/26)

スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【富士通編】:
PR:ジャパンネット銀行の情報系システム リアルタイム化の裏側
ジャパンネット銀行は、Oracle Database 12cの新機能である「Oracle Database In-Memory」と富士通のUNIXサーバー「SPARC M10」の組み合わせが発揮する並外れた性能を評価し、次期データウエアハウス基盤に採用したという。その速さの秘密を富士通のスペシャリストに聞いた。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2015/10/19)

クルマポータルサイト「Goo-net」の性能向上/サービス拡大の真実:
PR:4カ月でDB統合、販売店支援を5.3倍高速化したプロトコーポレーション
プロトコーポレーションは2015年1月、クルマ情報誌「Goo」やクルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする基幹事業のデータベース群をOracle Exadata X4-2上に統合した。「ここまで劇的に性能が向上するのなら、もっと早く導入すればよかった」──このプロジェクトを統括した同社の山本正博氏はそう語る。[パフォーマンス改善][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/5/19)

スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【NEC編】:
PR:DWH環境に即効果! 綿密な検証で得た知見とノウハウでOracle Database In-Memoryの導入を強力サポート
国内ベンダー第1号のOEMパートナーとして、オラクル製品に関する豊富な実績と知見/ノウハウを誇るNEC。「Oracle Database In-Memory」に関しても綿密な製品検証を重ねてきた同社は、このインメモリデータベース製品をどう評価しているのか。同社スペシャリストに聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2015/3/31)

スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【伊藤忠テクノソリューションズ編】:
PR:Oracle Database In-Memoryでデータベースの常識が変わる! OASC認定施設で実機検証を支援
Oracle Databaseを桁違いに高速化する「Oracle Database In-Memory」には、オラクルのパートナー企業各社も熱い期待を寄せている。製品検証により、その圧倒的な性能を実感した1社として、伊藤忠テクノソリューションズのスペシャリストの声をお届けする。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2015/3/26)

PR:コストを掛けずにDBの可用性を高めるには? Oracle Database Applianceの効果をディーコープに聞く
企業の「購買」にフォーカスした異色のコンサルティングサービスで業容を拡大するディーコープは、同社が展開するBtoB購買サービスを支えるデータベース基盤を「Oracle Database Appliance」で刷新。懸案だったBCP対応とパフォーマンスの問題を、初期投資を抑えつつ、従来と同様のランニングコストで解決した。同社はなぜOracle Database Applianceを選び、どのようなメリットを得たのか? 導入の経緯と効果について、ディーコープ 情報システム本部 IT戦略部運用グループ マネジャーの佐藤大雅氏に聞いた。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2015/2/16)

従来比「数百倍〜数千倍」は本当? アシストが評価
徹底検証:Oracle Databaseのインメモリ機能は本当に速いのか
「Oracle Database」(DBMS)にインメモリ機能を組み合わせ、データベースを劇的に高速化する「In-Memory」オプションの性能を第三者が検証した。どれほどの高速化が実現できているのか。高速化によってビジネスはどう変わるのか。(2014/12/22)

日本オラクル、高速データ分析マシンの最新モデルを発売
高速分析専用アプライアンス最新版となる「Oracle Exalytics In-Memory Machine X4-4」の国内提供を開始する。(2014/12/2)

導入支援プログラムも同時展開:
Oracle Database In-Memoryオプションに対応した分析専用機Exalytics
Exalytics X4-4の日本国内での提供がスタート。ハードウェア性能が高まった他、Oracle Database In-Memoryオプションへの対応で分析対象が拡大した。(2014/12/2)

リアルタイム経営強化の一手として、NTTドコモも期待:
PR:Oracle Database In-Memoryは従来のインメモリDBと何が違う? 徹底解剖した
リアルタイム経営強化に向け、データ活用のさらなるスピードアップを求める企業に決定打となるソリューションが登場した。日本オラクルが2014年7月にリリースした「Oracle Database In-Memory」だ。その特徴を、製品のベータテストに参加したNTTドコモの声も交えて紹介する。[パフォーマンス改善][ビッグデータ][Big Data](2014/12/1)

Oracle Days Tokyo 2014基調講演レポート:
PR:クラウド/ビッグデータ時代の企業システムが直面する課題に、オラクルはどう応えたか
日本オラクルは2014年10月、都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催した。「クラウドで切り拓く最先端ビジネス」をテーマに掲げた同イベントでは、米国サンフランシスコで催された「Oracle OpenWorld 2014」における発表内容も交えつつ、クラウドカンパニーとしてNo.1を目指す同社の最新技術/製品を披露した。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2014/11/26)

Database Watch(2014年10月版):
データベースバックアップ専用マシン、GISデータ分析をウォッチ
米国サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld」からほぼ1カ月。日本へのフィードバックとして恒例になっている「Oracle Days Tokyo」が開催されました。オラクルの技術的なハイライトの他、「Zero Data Loss Recovery Appliance」の仕組みを見ていきます。(2014/10/24)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
SaaS事業を急拡大、Salesforceに対抗 ラリー・エリソン会長
IT企業のカンファレンスで世界有数の規模を誇る「Oracle OpenWorld」が今年もサンフランシスコで開幕した。今月半ばにCEOを退任したばかりのラリー・エリソン経営執行役会長兼CTOがオープニングキーノートにさっそく登場した。(2014/9/29)

Oracle DBaaS & Big Data Summit基調講演レポート:
PR:オラクルがIn-Memory DatabaseとBig Data SQLで示す「データベースの未来」
日本オラクルは2014年7月、データベースクラウドとビッグデータをテーマにしたイベント「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を都内で開催した。これまでにない新たなデータ活用を可能にする新製品「Oracle Database In-Memory」などの国内リリースを記念して開催された同イベントの基調講演の内容をダイジェストで紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][Oracle Database 12c][Big Data][Engineered System](2014/8/20)

Database Watch(2014年7月版):
Oracle Database In-Memory/Amazon Kinesisが日本国内に
ついに、Oracle Database In-Memoryが日本国内でも提供スタート。Amazon Kinesisは東京リージョンが選択できるようになった。ぞれぞれをウォッチした。(2014/8/6)

Weekly Memo:
データベースのインメモリ化がIT市場にもたらすインパクト
ビッグデータの活用などに向け、データベースをインメモリ化して高速処理を実現した製品が相次いで登場している。この動き、IT市場全体にも大きな影響がありそうだ。(2014/7/28)

オラクル「Database 12.1.0.2」リリース、In-Memoryデータベースを提供
Oracle Database 12.1.0.2がリリースされた。In-MemoryオプションやBig Data SQLなど、直近で発表した機能が盛り込まれている。(2014/7/25)

データ処理を1000倍以上も高速化、インメモリDBを発売 日本オラクル
日本オラクルは、データベース製品のオプション機能「Oracle Database In-Memory」を国内で提供開始した。(2014/7/23)

7月24日開催の「Oracle DBaaS & Big Data Summit」で明らかに:
PR:「オラクルのインメモリDBが企業ITにパラダイムシフトを」 ――ビジネスにもたらす価値は?
2014年7月24日、日本オラクルは東京 恵比寿で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。先ごろ、米国で発表された「Oracle Database In-Memory Option」のお披露目、Oracle Exadataの最新ユーザー事例セッションなどが予定される同イベントの見所を紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][Engineered System][Oracle Database 12c](2014/7/4)

Weekly Memo:
SGIがSAPやOracleと協業して新市場に挑戦
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野で実績を持つSGIがSAPやOracleと協業し、エンタープライズ市場に本格参入する。キーワードは「インメモリ」だ。(2014/6/23)

Oracle Database 12c対応ハードウェアで利用可能:
100〜1000倍の高速化を実現――オラクル「Oracle Database In-Memory」を発表
オラクルがインメモリデータベース「Oracle Database In-Memory」を発表した。エンタープライズアプリケーションのテストでは、100〜1000倍の高速化を実現できたという。(2014/6/11)

OOW 2013速報:
オラクル、Oracle 12cにインメモリとカラム型データベースの追加機能を発表
米国で開催中のOOW 2013では、12cのインメモリオプションや“ビッグメモリマシン”「Oracle M6-32」、DBのトランザクションログ管理アプライアンスやそのクラウド展開などの発表が相次いだ。(2013/9/24)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
データベースの革新は止めない 分析とOLTPを同時に高速化
年次イベント「Oracle OpenWorld San Francisco 2013」、2日目のゼネラルセッションでは、Oracleのデータベース責任者であるアンドリュー・メンデルソン氏が、データベース関連製品の現状を解説した。(2013/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。