ニュース
» 2017年12月14日 11時30分 公開

スマホで予約、スマートキーで解錠/施錠――駅レンタカーの無人貸し出し、JR東日本とDeNAが実証実験へ

東日本旅客鉄道(JR東日本)とディー・エヌ・エー(DeNA)は共同で、2017年12月18日から、新潟県と福島県内の6駅で、レンタカーの無人貸し出しサービスの実証実験を開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とディー・エヌ・エー(DeNA)は、新潟県と福島県内の6駅で、レンタカーの無人貸し出しサービスの実証実験を実施する。通常は対面で行っているレンタカーの貸し出し手続きを無人で行うことで、利用ニーズや利便性について検証する。

 検証期間は2017年12月18日から2018年6月末まで。新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗で、各1台の車両を無人で貸し出す。

 サービス基盤として、DeNAのカーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」を活用。利用客は、スマートフォンアプリ「Anyca」で事前に車両を予約し、クレジットカードで決済する。利用料金は1日当たり4000円から(地域や時期によって異なる)。

 利用できる車両は「日産ノート」で、アプリで車両のドアを解錠/施錠できるスマートキーデバイスを搭載。これにより、対面での手続きなしに車両の乗り出しや返却が可能になる。

Photo サービスの利用イメージ(出典:DeNA)
Photo 実証実験で利用する車両「日産ノート」は、スマートキーデバイス搭載で、スマホアプリからの解錠/施錠が可能(出典:DeNA)

 Anycaは、クルマをシェアしたいオーナーと、必要なときに好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングする個人間カーシェアリングサービス。今回は、JR東日本レンタリースが所有する車両と、利用客とのマッチングに活用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -