ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3Dモデリングソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

VRニュース:
AR/VR/MR分野で業務提携、ソフトバンク C&S、MCJ、ホロラボの3社
ソフトバンク コマース&サービス、MCJ、ホロラボの3社は、AR、VR、MRの各分野での業務提携に合意した。「AR CAD Cloud」の土木、製造、建設業界向けの販売、ホロラボのソリューション開発の支援などを行う。(2018/8/20)

トポロジー最適化とは何か(4):
ジェネレーティブデザインって何? Fusion360のエバンジェリストに聞いた
「Fusion360」のジェネレーティブデザインとトポロジー最適化の違いがよく分からないので、オートデスクに行って、Fusion360のエバンジェリストの藤村祐爾さんに会って話を聞いてきた。(2018/8/17)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAの第8世代GPU「Turing」は、レイトレーシングとAI向けで2つのコアを採用
NVIDIAは、コンピュータグラフィックスのイベント「SIGGRAPH 2018」において、第8世代のGPUアーキテクチャ「Turing(チューリング)」と、Turingを搭載するプロ向けGPUボードの新製品「Quadro RTX 8000/6000/5000」を発表した。(2018/8/16)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
【事件ファイル】図面通りに加工したのになぜNGなのだ!?
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年8月のサブテーマは『汎用工作機械での3Dデータ活用を考える』です。(2018/8/15)

3Dレーザースキャナーで橋梁を自動検測、施工管理者の作業時間を半分以下に
三井住友建設は3Dレーザースキャナーを用いた橋梁の出来形検測システムを開発した。既に実際の現場に適用し、施工管理者が検測作業に拘束される時間が半減され、生産性が2倍に向上することを検証したという。(2018/8/15)

家具3Dデータを無償公開、Twitterの反響に中の人がびっくり 公開の狙いは
建築物の完成イメージ図「建築パース」で使える家具データを積木製作が無償公開。その狙いを聞いた。(2018/8/10)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
紙図面だけで加工ができてしまう汎用工作機械
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年8月のサブテーマは『汎用工作機械での3Dデータ活用を考える』です。(2018/8/8)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(9):
解析専任者でなくても理解しておきたい「荷重」と「応力」のキホン
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第9回では、「荷重」と「応力」の基礎について解説します。(2018/8/8)

金属3Dプリンタ:
日本の積層造形の取り組みは周回遅れ、今から世界に追い付くには?(前編)
金属3Dプリンタの最新動向や課題を語る「Additive Manufacturingのためのシミュレーション活用セミナー」(サイバネットシステム、アンシス・ジャパン主催)が2018年7月4日に東京会場、5日に名古屋会場で開催された。(2018/8/7)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験をフィリピンで開始
インスタリムは、3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験をフィリピンにて開始した。実生活における義足の試用テスト、各ソリューションの検証などを実施する。(2018/8/6)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(4):
「Fusion 360」と商用ミッドレンジCADの違いとは? そして両者の共存の道を探る
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第4回では、Fusion 360の位置付けをあらためて確認すると同時に、商用3D CADとの共存の可能性について考察する。(2018/8/6)

特選ブックレットガイド:
3D CADデータ資産の価値を最大化させる「3DEXPERIENCE CATIA」
「3DEXPERIENCE CATIA」とは何か? ダッソー・システムズ主催「CATIA勉強会」の内容を基に詳しく解説する。(2018/8/2)

技術承継:
中小製造業の事業承継問題、由紀ホールディングスが昭和金型の事業を承継へ
由紀ホールディングスグループのVTCマニュファクチャリングホールディングスは2018年7月30日、昭和金型製作所の株式を取得し、由紀ホールディングスグループに加えたことを発表した。(2018/7/31)

ソフトバンクC&SとMCJがホロラボと資本提携 AR・VR・MR分野で
ソフトバンク コマース&サービスとMCJ、ホロラボの3社がAR・VR・MRの各分野での業務提携を発表した。(2018/7/30)

自分のキャラに魂を入れる「魔法」 VTuberだけではない、ピクシブが「VRoid Studio」を開発した理由
VTuber向け3Dモデルの需要が急増する中、ピクシブが簡単に作れる3D人体モデラーを無料で公開する。開発チームにその意図を聞いた。(2018/7/27)

これも“俺の嫁召喚装置”に? 3Dモデルを立体視できる透明箱形ディスプレイ「Looking Glass」登場
3Dモデルを立体視できる、3Dクリエイター向けのPC用外部ディスプレイが登場。12月に出荷予定で、日本にも発送できる。(2018/7/27)

3D設計推進者の眼(33):
3D CADと連携する公差解析ツールを使って計算してみる
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は互換性の方法と不完全互換性の方法について説明するとともに、SOLIDWORKSで使える公差解析ツールを使ってみる。(2018/7/27)

CADニュース:
NX12は継続的リリースに対応、大規模アセンブリー表示の速度向上やシンプルなVR機能も
シーメンスPLMソフトウェアは2018年7月12日、2017年10月にリリースした3D設計システム(CAD/CAM/CAE)「NX12」に関する記者説明会を開催した。(2018/7/24)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年6月版】:
モノづくりのノウハウとIoTを融合させたパナソニックの現場カイゼンプロセス
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、多品種少量生産拠点としての顔と、先進技術の実証実験場としての顔を併せ持つ、パナソニック佐賀工場の取り組みを紹介した記事が第1位を獲得しました。その他、ある有名な問題を取り上げた組み込みエンジニアの現場力養成ドリルや、地下足袋型トレーニングシューズの開発秘話に注目が集まりました。(2018/7/24)

Siemens PLM Connection Japan 2018:
デジタライゼーションの真の価値を創出する3つのデジタルツインとその統合
シーメンスPLMソフトウェアは、年次ユーザーイベント「Siemens PLM Connection Japan 2018」(会期:2018年7月11〜12日)に併せて記者説明会を開催。「グローバル事業戦略とデジタライゼーション」をテーマに、シーメンスPLMソフトウェアがどのようにして製造業のイノベーション実現や競争力強化に貢献するのか説明した。(2018/7/23)

第34回国際農機展:
大型農機の展示にARを活用したIHIアグリテック、アフターサービスでも提案
IHIアグリテックは、「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機展)」において、農業機械の設計開発に用いた3D CADデータを活用したAR展示を披露した。会場に搬入できなかった大型の農業機械をARを使って来場客に紹介するとともに、部品の内部構造をARで示すことによりアフターサービスなどに活用できるコンセプト提案も行った。(2018/7/20)

トポロジー最適化とは何か(3):
3D CADで最適化と静的応力解析やってみた
今回は3D CADに付属するシミュレーション機能の一環としてのトポロジーの最適化機能を取り上げてみたいと思います。(2018/7/20)

日本橋系メカ設計屋がレポート:
MOTOROiDにおける3D設計の取り組み、ルール作りやプロセスの構築が肝か
3D CAD/CAMのエキスパートであるメカ設計者・管辰之助氏が「Siemens PLM Connection Japan 2018」のヤマハ発動機によるユーザー事例講演をレポートする。(2018/7/19)

超速解説 デジタルツイン【サービス領域】:
サービス領域における「デジタルツイン」はアフターサービスで真価を発揮する
「デジタルツイン(Digital Twin)」の活用領域の1つに、アフターサービスの現場が挙げられる。本稿では、アフターサービスの現場におけるデジタルツインの価値や実現のために不可欠な技術要素について取り上げる。同時に、本格採用に向けての課題、そしてデジタルツインに“いつ取り組むべきか”を分かりやすく解説する。(2018/7/19)

デンソークリエイト:
Excel帳票連携を強化した工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker NX 4.1」
デンソークリエイトは、工数管理、プロジェクト管理ツールの最新バージョン「TimeTracker NX 4.1」の提供開始を発表した。(2018/7/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
エレメカ協調設計は今後進展するのか
読者の皆さまはどうお考えですか。(2018/7/12)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
「3Dは万能!」という誤解と弊害のお話
まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年7〜8月前半のサブテーマは『「こんな加工現場はいやだ!」 適切な3D化とIT化を考える』です。(2018/7/11)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(8):
設計者CAEの“What”と“How”――そもそも構造解析で何がしたいのか?
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第8回では、設計者CAEに取り組む上で考える必要がある「What」と「How」について取り上げます。(2018/7/11)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(3):
使って分かった「Fusion 360」を製造現場で活用すべき理由【CAD編】
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第3回では、Fusion 360の「3D CAD」機能と製造現場での有効性について、事例を挙げながら解説する。(2018/7/10)

CAEニュース:
照明設計解析ソフトウェアの最新版を発売、新たに公差解析機能を搭載
サイバネットシステムは、照明設計解析ソフトウェアの最新版「LightTools 8.6」を発売した。公差解析機能を搭載し、照明光学系の製造時における公差評価に利用可能になった。(2018/7/9)

シリーズ「モノづくりの現場から」(日立製作所 大みか事業所):
「試作できない工場」が取り組んだ全体最適化、日立大みかの目指すスマート工場の姿
スマート工場の目標を端的に言えば、「新手法を取り入れた生産性向上」である。このテーマに2000年代前半から取り組む日立 大みか事業所のシステム設計担当者が発した「現在が変わって、初めて意味がある」という言葉の真意を探る。(2018/7/9)

3D設計推進者が見たDMS2018:
1000分の1秒単位での機構動作シミュレーションが可能な3D CAD「IRONCAD 2017」
クリエイティブマシンは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社が販売・サポートするミッドレンジ3D CAD「IRONCAD 2017」と同製品のアドインソフトウェアなどを展示した。(2018/7/6)

SAP S/4HANA Cloud for intelligent product design:
デジタルツインを活用した新たなビジネスモデルの展開を支援するソリューション
SAPジャパンは、共同研究や共同開発に適した新ソリューション「SAP S/4HANA Cloud for intelligent product design」を日本市場向けに提供開始した。(2018/7/6)

3D設計推進者の眼(番外編):
「SOLIDWORKS」はダッソーとのシナジー強め、「iCAD」は国産の力に期待!
 「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に行ってきました。今回は、中小企業の3D設計推進者である私自身が使っている3D CADの「SOLIDWORKS」および「iCAD」の展示ブースについてレポートします。(2018/7/5)

3D設計推進者が見たDMS2018:
トポロジー最適化やAR、Tactonとの連携、「Creo5.0」の進化
PTCジャパンは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の3D設計ツール最新版「Creo 5.0」や、エンタープライズ向けIoT/ARソリューションなどを展示した。(2018/7/3)

メカ設計メルマガ 編集後記:
金属3Dプリンタへの疑問と期待
今回の「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」(2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)では、大型部品が製作できる3Dプリンタや金属3Dプリンタの出展が気になりました。(2018/7/3)

超速解説 XVL:
3D軽量ビュワーから製造業のデジタル変革基盤へと飛躍する「XVL」とは?
3Dデータの超軽量ビュワーとして知られる「XVL」をご存じだろうか。2000年にラティス・テクノロジーが開発したこのデータフォーマットは、エンジニアリングビュワー市場のデファクトスタンダードとしての地位を確立しているが、デジタル変革が求められる今、その役割は大きく変わろうとしている。(2018/7/3)

TechFactory通信 編集後記:
3Dデータ中心の製品開発は靴づくりに何をもたらすのか?
地下足袋型トレーニングシューズの開発ストーリー。(2018/6/30)

3D設計推進者の眼(32):
工程能力指数のCp、千のうち本当のことは3つしか言わない千三つ
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、工程能力指数について解説する。(2018/6/29)

DMS2018:
Solid Edgeでエレメカ連携可能に、HPの3Dプリンタ向けのボクセル単位設定にも
 シーメンスは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の新製品「Solid Edge 2019」シリーズや、旧CD-adapcoの製品である「Simcenter STAR-CCM+」および設計探査ツール「HEEDS」などを展示し、3D CADと電気設計、解析・シミュレーションとの連携をアピールした。(2018/6/27)

【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」:
「新しいものを受け入れたくない」空気の中身
週1の連続ドラマのような感覚で記事を公開しています。毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」です。(2018/6/27)

新製品発表会|シーメンス:
中小製造業のデジタル変革に最適な「Solid Edge 2019」、電気設計ツールも統合
シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。(2018/6/27)

DMS2018:
鍛造部品をばら積み状態からピッキング、MUJINが目指す産業用ロボットの知能化
MUJINは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展し、「MUJINコントローラー」により産業用ロボットの知能自動化を実現するソリューションを紹介した。(2018/6/26)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
IoT活用はテクノロジーではなくビジネスの問題だ
MONOistもテクノロジーメディアをうたっておりますので、どうしてもテクノロジーで捉えてしまうのですが……。(2018/6/26)

ママさん設計者が見たDMS2018:
最大24台の3Dプリンタを制御、設計から量産まで一気通貫する「Figure 4」
スリーディー・システムズ・ジャパン(以下、スリーディー・システムズ)は「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」(2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)において、量産向け統合型3Dプリントプラットフォーム「Figure4」を展示した。今回はFigure4の特徴と市場での将来性、金属粉末焼結造形の現状と「一気通貫」の製品の取り組みをアピールした。(2018/6/25)

スマート工場:
デジタルツインで“カイゼンの自律化”を目指す、「NEC DX Factory」の狙いとは
NECは、次世代モノづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」を同社玉川事業場内に開設。NECやパートナー企業の先端技術やソリューションなどを集約した次世代製造ラインを用いながら、その効果を体験してもらい、製造現場のデジタル変革を推進する。(2018/6/22)

特選ブックレットガイド:
いまさら聞けない「デジタルツイン」【設計編】
「デジタルツイン(Digital Twin)」をご存じでしょうか? デジタルツインが「設計」の現場でどのような価値を発揮するのか、事例を交えて詳しく解説します。(2018/6/22)

VRニュース:
MRデバイスで図面を表示する建築鉄骨業製造支援システムを有償トライアルで提供開始
宮村鉄工は、MRデバイスを利用した建築鉄骨業製造支援ソリューションの有償トライアルの提供を開始した。MRデバイスアプリでは、現実の鋼材と図面を重ねて見ることができ、図面と完成物の関係性を直感的に捉えられる。(2018/6/21)

DMS2018:
10年ぶりに出展のアマダ、「V-factory」でIoT領域での強みを訴求
アマダは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展し、同社が新たに展開するIoTソリューション「V-factory」を紹介した。(2018/6/21)

LiveWorx 2018:
PTCとアンシスはなぜ提携したのか「両社は最適なパートナー」
PTCは、年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」において同社製品の開発状況について説明した。同日午後に行われた、同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏の記者会見の内容と併せて紹介する。(2018/6/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。