ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「錯覚とインターフェースの可能性」最新記事一覧

@IT HTML UXフォーラムの連載「錯覚とインターフェースの可能性」の記事一覧です。

錯覚とインターフェースの可能性(3):
人間の仕組みを理解して作るインターフェース――コンピュータで人間はラジコン化できる
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」。本稿では第5回シンポジウムのハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/28)

錯覚とインターフェースの可能性(2):
視覚はどこまで他の感覚器官をだませるか―― 「おいしそう」の科学
ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/21)

錯覚とインターフェースの可能性(1):
目をだます方法――触覚と認知の広がりを考える
 ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める。2013年12月21日ニコファーレで行われた「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。