ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「【徹底解説】Windows Server 2012 R2」最新記事一覧

マイクロソフトがビジョンとして掲げる「クラウドOS」。そのクラウドOSを具現化したサーバーOSが、Windows Server 2012 R2だ。では、クラウドOSとは何なのか。クラウドOSによってどのようなビジネスメリットがもたらされるのか。また、クラウドOSのコンセプトに沿って、IT基盤を構築し、サービスを提供、運用管理しようと考えた際には、何が必要になるのだろうか、を考える。

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(4):
Windows Server 2012 R2で始めるワークスタイル変革
外出先に持ち出したPCや自宅にあるPCから社内のシステム/データにアクセスして業務を行うなど、数年前では考えられないほどにワークスタイルは大きく変化している。今回はワークスタイルを変革するに当たり、Windows Server 2012 R2の利用で得られるメリットを紹介する。(2014/1/24)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(3):
今すぐ始める Hyper-Vレプリカ活用術
Windows Server 2012 R2には「Hyper-Vレプリカ」という機能が標準搭載されている。ほとんどの方は、DR(Disaster Recovery:災害復旧)対策用の機能と認識しているのではないだろうか。確かに、DR対策として非常に有効な機能だが、まったく別の用途もあるのだ。(2013/12/20)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(2):
進化を続けるWindows Serverのストレージ機能
これまでの企業システムでは、ハードウェアベンダーが提供する専用ストレージを使用するのが定番だった。Windows Server 2012 R2ではWindows Server 2012で強化されたストレージ機能をさらに向上させ、それらの機能をフルに活用することで専用ストレージに代わる新たな選択肢の1つとして検討に値するまでなったといえる。今回はWindows Server 2012 R2でさらなる進化を遂げたストレージ機能を解説する。(2013/12/10)

【徹底解説】Windows Server 2012 R2(1):
Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2が企業のクラウド導入を強力に後押しする
マイクロソフトがビジョンとして掲げる「クラウドOS」。そのクラウドOSを具現化したサーバーOSが、Windows Server 2012 R2だ。では、クラウドOSとは何なのか。クラウドOSによってどのようなビジネスメリットがもたらされるのか。また、クラウドOSのコンセプトに沿って、IT基盤を構築し、サービスを提供、運用管理しようと考えた際には、何が必要になるのだろうか。(2013/12/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。