ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アトランティカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アトランティカ」に関する情報が集まったページです。

ユニットコム、「マビノギ英雄伝」推奨モデルなどミニタワーゲーミングPC計3製品
ユニットコムは、同社製ゲーミングPC「PASSANT」シリーズのラインアップにCore i5搭載のミニタワー型ゲーミングPC計3モデルを追加した。(2014/4/25)

TSUKUMO、オンラインRPG「アトランティカ」特典付きの推奨ゲーミングPC
Project Whiteは、ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズのラインアップにオンラインRPG「アトランティカ」推奨モデルを追加。デスクトップPCモデルとノートPCモデルを用意した。(2014/4/3)

8月20日夜、ネクソン全タイトルでイベント開催
ネクソンがサービスするすべてのタイトルが8月20日にさまざまなイベントを実施する。(2011/8/19)

ネクソン、ゲームサービス&サポートサービス再開へ
各タイトルでは停止期間中の補償についても発表されている。(2011/3/23)

ネクソン、「千葉ロッテマリーンズ」日本シリーズ優勝を祝して記念イベント実施
ネクソンがサービスする全9タイトルで経験値アップ等の感謝イベント開始。(2010/11/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
まだ間に合うクリスマス対策
クリスマスイベントが終わるとたぶん(いや、きっと)正月イベントです。(2009/12/22)

新傭兵「ファラン」登場――「アトランティカ」
(2009/7/28)

オンラインゲーム最新イベント情報:
どうかまた来年も……
今日は七夕ですから、お願いしておきましょう。(2009/7/7)

新ダンジョン追加など――「アトランティカ」大型アップデート実施
(2009/6/19)

「アトランティカ」は梅雨入り
(2009/6/8)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひと花咲かせる
今年はなかなか桜が満開になりませんね。(2009/3/31)

オンラインゲーム最新イベント情報:
この春デビューする人へ
デビューに向けた準備は万端ですか?(2009/2/24)

「アトランティカ」、新規B級用兵「気候師」など大型アップデート
(2009/2/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
“甘い”勅令に従う
3種類の勅レートがランダムで手に入る。(2009/2/10)

「アトランティカ」、正式サービス後初の大規模アップデートを実施
(2009/1/22)

オンラインゲーム最新イベント情報:
乱世にデビューしませんか?
期間限定で新規ユーザーをバックアップします。(2008/10/28)

もっとオンラインゲームは多彩なジャンルがあっていいはず――「アトランティカ」開発者インタビュー
10月28日よりオープンβテストが始まる「アトランティカ」の開発者・NDOORSのキム・テゴン氏とネクソンジャパンの運用チーム・森山浩文氏とアン・スヒョン氏に話をうかがった。(2008/10/24)

東京ゲームショウ2008 海外パビリオン:
海外パビリオン─北京編
東京ゲームショウ初ブース出展となる北京パビリオン。5社のブースは他国のパビリオンに比べてやや活気に欠けるが、PCゲームをメインにピックアップしてみた(2008/10/11)

ITmedia +D Games枠で500名募集:
「アトランティカ」クローズドβテスターを募集開始
ネクソンジャパンは、オンラインRPG「アトランティカ」のクローズドβテスター募集を開始した。そこで、ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2008/9/2)

ネクソンジャパン、「アトランティカ」の日本展開決定
ネクソンジャパンは、オンラインRPG「アトランティカ」の日本でのサービス展開に関し、NDOORS Corporationと契約を締結した。(2008/8/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。