ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検定」最新記事一覧

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ活用のための基礎知識を評価する検定試験、申し込みを開始
コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、2017年2月に全国6都市で実施する「第1回 3Dプリンター活用技術検定試験」の受験申し込みを開始した。3Dプリンタ活用技術の基礎習得者の育成を目的としており、造形方法や材料、後工程、CADデータの取扱いといった3Dプリンタの利活用に必要な知識を評価および認定する。(2016/12/7)

IoTスペシャリストを目指そう(7):
第7問 IoTにおける無線機器の認可
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/11/21)

IoT検定制度委員会:
国内150会場で受験可能に! 「日本発、世界初」をうたうIoT検定が本格始動
IoT検定制度委員会はプロメトリックとのグローバル契約を締結。2016年12月から日本国内で、2017年からは全世界で「IoT検定」を開始する。(2016/11/18)

家康「ウゥア゛ーッ!(ドガシャア)」 NHK、村上新悟さんによる「直江状朗読完全版」をサイトで公開
「煽り技術検定1級」と話題になったアレがフルバージョンで。(2016/11/13)

IoTスペシャリストを目指そう(6):
第6問 IoTシステムの外部委託
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/10/19)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

「月刊ムー」37年の歴史を振り返るイベント「ムーフェス」開催 オカルト、ミステリー知識を問う検定も
超常現象研究家の南山宏さん、編集長の三上丈晴さんが出演。(2016/9/12)

IoTスペシャリストを目指そう(5):
第5問 センサーと組み込みシステム
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、センサーと組み込みシステムについてです。(2016/9/8)

ヨシヒコ愛が試される……! 「勇者ヨシヒコ検定」がスタートするも難易度高すぎィ!
間違えたらムラサキ泣いちゃいますぅ。(2016/8/19)

劇場版「ソードアート・オンライン」とタイアップ 11月の日商簿記検定1級で初のチーム戦を開催!
仲間とともに難関に挑む世界観が一致。(2016/7/26)

IoTスペシャリストを目指そう(4):
第4問 IoTで注目される「NoSQL」データベースとは?
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTで注目される「NoSQL」データベースについてです。(2016/7/22)

FM:
防爆性能を持つ探査ロボット、トンネル内やプラントなどの検査に活躍
三菱重工業と千葉工業大学は、共同で引火性ガス雰囲気内探査ロボットを開発するとともに、移動ロボットとしては国内で初めて防爆電気機器の検定機関による防爆認証を取得した。(2016/7/15)

IoTスペシャリストを目指そう(3):
第3問 IoTシステムの品質保証と安全保証
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTシステムの品質保証と安全保証です。(2016/6/24)

恐ろしいこの目力 4択クイズ「全国統一 ガラスの仮面検定」でもらえるアイマスクセットが迫真の白目
連載40周年を記念した全20問の4択クイズ。高い正答率を記録すると、美内すずえさんのサイン入り認定証も。(2016/6/2)

IoTスペシャリストを目指そう(2):
第2問 人工知能「ディープラーニング」について
IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していく連載。第2回はIoTシステムの構成と、センサー、通信、クラウドといった各要素の役割について説明し、最後にディープラーニングによる分析に関する内容を出題します。(2016/5/23)

IoTスペシャリストを目指そう(1):
第1問 マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/4/25)

IoT検定準備委員会:
「IoT検定制度」のβ試験が2016年4月上旬にスタート
IoT検定準備委員会は、IoTの普及と必要な知識・スキルの明確化を目的とした「IoT検定制度」のβ試験を2016年4月上旬より実施する。(2016/4/8)

「IoT検定制度」β試験の募集を開始
複数の業界団体や企業などで構成される「IoT検定準備委員会」では、IoTの普及と必要な知識・スキルの明確化を目的とした「IoT検定制度」を2016年春より開始する。(2016/3/25)

ニッポンの現場力:
“現場のカイゼン”は本当に大丈夫か!? 試験結果が現場力低下を警鐘
日本の製造業は現場力が強いとされてきたが、その強みはいつまで維持できるのだろうか。生産マネジメントの知識や生産革新への役割を果たす能力を認定する生産マイスター検定を実施する人材開発協会は、過去の試験結果から、改善マインドが低下していると警鐘を鳴らしている。(2016/1/8)

あの「日本人にだけ読めないフォント」がまさかの検定に クイズアプリ「あの日見たフォントを僕達はまだ読めない。」登場
やっぱり読めないいいいいい!(2015/12/9)

山浦恒央の“くみこみ”な話(80):
統計の食わず嫌いを直そう(その8)、統計的に「王様の耳はロバの耳」と言うために
「王様の耳はロバの耳」と統計的に判定するには、どうすればいいのでしょうか?ロバの耳かも?という仮説を“検定”するための基本的な考え方を学びます。(2015/12/1)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

KDDI、防爆検定取得の法人タブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」を10月下旬に発売
KDDIは、爆発や火災が起こる可能性のある危険箇所でも使用できる「国内防爆検定」を取得した法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」の取り扱いを10月下旬に開始する。(2015/10/14)

目指せ「大業物(おおわざもの)級」!! 刀に込められた技芸や物語の知識が試される第1回「刀剣検定」実施
世界へ向けて日本刀の良さをアピールできる伝道師に。(2015/8/6)

いま話題のハッピーグルメ弁当と言えば? “ホンモノの静岡県民”かどうかが一発で分かる「静岡県観光奉行検定」
A「どんどん」 B「どんどん……?」(2015/7/30)

クレーンゲーム達人の景品獲得技も学べる 世界初のクレーンゲーム専門資格「くれ達検定」誕生
一般プレイヤーからアミューズメント店リーダー向けまで。(2015/3/11)

弱ペダクラスタはモチロン受けに行くよな? 弱虫ペダル検定、東京・大阪で開催
ファンの愛が試される……!(2014/12/15)

数学検定「高2レベル」に7歳が合格 史上最年少
数学検定で、高校2年程度の「2級」に小学1年生の男児(7歳)が合格。2級としては史上最年少という。(2014/12/10)

日立ハイテクマテリアルズ、“防爆エリア”での利用を想定したモバイルPC「i.rocCi70J-Ex」
日立ハイテクマテリアルズは、独ecom instruments製モバイルPCの取り扱いを発表。可燃性ガスが発生する恐れのある「防爆エリア」内での利用を想定した防爆検定クリア設計モデルだ。(2014/11/5)

CADニュース:
ベトナムで「3D CADエンジニア検定試験」始まる
コンピュータ教育振興協会とハノイ工業大学は2014年11月に、ベトナムのハノイで「3D CADエンジニア検定試験」を実施する。ベトナム国内での設計業務ニーズの発生を見込んでのことだ。(2014/10/16)

明朝体とかゴシック体ってレベルじゃねえぞ! フォントの種類を見分ける「フォント検定」が激ムズすぎる
ひとつも聞いたことないです(震え声)。(2014/10/9)

教育ITニュースフラッシュ
三重県の小中学生が受ける「ネット検定」、その内容と目的とは?
15万人分のゲノム配列解析を目指す東北大学のスパコン導入事例から、タブレットを使った自宅学習支援システムを導入した学習塾の事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/7/25)

受験意欲を喚起:
「京都」にも引けをとらない後発「大阪検定」、人気の秘密は?
特定地域の歴史や文化、産業などについての知識を問う“ご当地検定”。受験者数の減少で休止になったものもあるが、大阪の「なにわなんでも大阪検定」は受験者数が安定している。その理由は……。(2014/6/13)

個人情報そのやり方では守れません:
診断系アプリで、あなたと友人の個人情報が……
Facebookを利用していると、相性診断や○○検定などのアプリを目にすることがあります。いくつかの質問に答えて、診断結果を投稿して楽しむというものですが、こういったアプリの多くが、あなたやあなたの友人の個人情報を狙っているので、利用には注意が必要です。(2014/2/26)

「『課長島耕作』検定」公認ネットカフェキャンペーン、自遊空間で始まる
ランシステムは複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」で、『島耕作』シリーズ連載30周年を記念した「『課長島耕作』検定」の公認ネットカフェキャンペーンをスタート。オフライン検定試験も実施。(2013/12/4)

耳を鍛えてランキングを競うiOS向けゲームアプリ「音感検定アプリ おとあて」
ソニー・ミュージックエンタテインメントが、iOS向けアプリ「音感検定アプリ おとあて」をリリース。ランダムに鳴る音を素早く正確に当てて音感を鍛えられるほか、他のユーザーとスコアを競うランキング機能も搭載。(2013/12/3)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
同じ音を探し当てる神経衰弱アプリ「音感検定」
「音感検定」は、神経衰弱のゲームを楽しみながら音感トレーニングを行えるアプリだ。普通のトレーニングアプリでは続かないという人も気軽にチャレンジできる。(2013/11/5)

クルマが趣味の異性は魅力的?――日本マイスター検定協会が好感度調査
新車販売が振るわないといった背景から「若者のクルマ離れ」がいわれて久しい。だが、一般生活者はクルマに対してどのようなイメージを抱いているのだろうか?(2013/10/10)

文字で分かる“お金持ちになる人”
筆跡には人柄が現れるといいます。今回は筆跡を体系的に検定する筆跡鑑定士の竹内千絵さんの著書より成功する人の筆跡の特徴を紹介します。(2013/9/13)

これは怪異だ:
「化物語検定」申込受付開始 合格者には描き下ろしイラスト入り認定証
なんでもは知らないわよ、知ってることだけ。(2013/4/19)

お父さんのためのプリキュア検定! アプリ「プリキュア大辞典」リリース
知識欲を満たす。(2013/4/17)

「Yahoo!みんなの検定」終了
2006年にスタートした検定投稿サービス「Yahoo!みんなの検定」が終了する。(2013/4/1)

受けるとご利益があるかも? 「神社検定」が今年も開催
神社でのマナーや日本神話の内容を問う、「神社検定」に関する書籍を紹介。(2013/2/26)

大学生が高校教科書を個人で発行 春から教室で使用へ
大阪市立大の学生が工業高校向け教科書を発行し、今春から実際に使用されることになった。大学生個人が文部科学省検定済教科書を発行するのは初めてという。(2013/1/15)

大学生が高校の教科書を作成、検定に合格し授業で採用
大阪市立大学の学生が作った教科書が教科書検定に合格し、北海道旭川工業高校で使用される。(2013/1/15)

電子ブックレット(オートモーティブ):
「ISO26262」の管理プロセスと検定プロセスを読み解く
自動車分野向けの機能安全規格「ISO26262」。本稿では、システム開発、ハードウェア/ソフトウェア開発など、ISO26262に準拠した開発プロセス全般と関係してくる「ISO26262 Part.8 支援」の中でも、日本のソフトウェア業界が苦手とする管理プロセスと、注目されているものの実施が難しい検定プロセスについて取り上げる。(2012/11/28)

木村綾子さんが「今どきのブンガク論」を語る「文学とたにし」 テーマは耽美派
作家で「太宰治検定」実行委員の木村綾子さんが日本文学の楽しみ方を独自の視点で提案・考察するトークイベント「文学とたにし」をライブ配信する。今回のテーマは「耽美派」。ゲストは平野啓一郎さん、聞き手は又吉直樹(ピース)さん。配信は7月29日19時0分〜。(2012/7/25)

自分の漢字力が白日の下に…… 「漢字能力検定 あなたは何級?」
PCを日常的に使っていると、いざというときに漢字が書けなくて困ることがある。このAndroidアプリで漢字力をチェックし、レベルの低下をくい止めよう。(2012/3/16)

貴様の王将力を問おう:
コーテルイーガー! 「餃子の王将」スマートフォン公式アプリ公開
王将用語で「餃子」は何と言う?――これはまだまだ序の口の質問。「餃子の王将」を愛する皆さんが自らの王将力を競う「王将検定」などを収録したiOS/Android向けアプリを公開した。(2012/3/15)

商店街がスマホアプリ開発、訪問のきっかけに――戸越銀座商店
戸越銀座商店街が、スマホアプリの配信を開始。戸越銀座検定やスタンプラリーなどの機能を盛り込み、商店街の人との会話を楽しむきっかけとなるアプリを目指した。(2011/12/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。