ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「検定」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「検定」に関する情報が集まったページです。

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(12)IoTで「データを価値あるもの」とする思考法
IoTにおいてはつながることによる付加価値の向上が目的となります。ですが、そのためには「取得したデータをどう活用するか」の視点が重要となります。ここではどのように思考することで、データの価値を高められるかを考えます。(2018/2/27)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(11)IoTの「最前線」を担うセンサーとMEMS
IoTデバイスが位置や移動速度といった情報を得るために利用しているのが、各種のセンサーです。非常に小さなそれらはMEMS(微小電気機械システム)と呼ばれ、IoTの実現に欠かせない要素となっています。今回はこのIoTの「最前線」を担うセンサーとMEMSについて学びます。(2018/2/20)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(10)スマート工場を実現する「デジタルツイン」
IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説してきます。今回はスマート工場を実現する「デジタルツイン」について解説します。(2018/2/13)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(9)IoTシステムによる生産管理
既に多くの生産現場にはなんからの生産管理システムが導入されていますが、経営情報や顧客対応情報までも含めた活用はされてないのが実情でしょう。IoTではあらゆるモノがつながり、データを有効活用することが求められます。今回は「IoTシステムによる生産管理」について、解説します。(2018/1/30)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(8)IoTで使われるさまざまなネットワーク
IoTで機器をつなぐ際、そのやり方は1つではありません。つなぐ対象や規模、想定する用途によってネットワーク事態を適切に選べなくては、プロジェクトは成功しません。ここでは「IoTに用いられるネットワーク」について、テスト形式で学びます。(2018/1/23)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(7)IoTにおける無線機器の認可
IoTで機器をつなぐ際には有線と並んで無線通信も多く使われますが、無線通信機器の開発と利用に際しては法令を順守する必要があります。そこで今回は「無線機器の認可」について確認します。(2018/1/16)

「JK語検定」実施中! 「絶起」「きびつい」「森生える」この意味分かる?
森生える。(2018/1/11)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(6)IoTシステムの委託開発に関する注意点
IoTシステムを開発するとしても、自社だけで開発が完了する事は多くありません。その場合、外部に開発の一部を委託することになりますが、そこには注意すべき点が多数存在します。(2018/1/9)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(5)IoTの「T」に不可欠な「センサーと組み込み機器」
IoTの「T」は「Things=モノ」ですが、モノからのデータ収集に欠かせないのがセンサーです。そして、このセンサーデータを扱うには、組み込みデバイスが必要となります。ここではIoTのデータ取得に必要不可欠な「センサーと組み込み機器」について学びます。(2017/12/26)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(4)IoTで注目されるNoSQLデータベースのメリット
TechFactoryに掲載された記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『IoT検定模試(4)IoTで注目されるNoSQLデータベースのメリット』を紹介します。(2017/12/19)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(3)IoTシステムの品質と安全
TechFactoryに掲載された記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『IoT検定模試(3)IoTシステムの品質と安全』を紹介します。(2017/12/12)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(2)IoTシステムの構成と人工知能について
TechFactoryに掲載された記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『IoT検定模試(2)IoTシステムの構成と人工知能について』を紹介します。(2017/12/5)

特選ブックレットガイド:
IoT検定模試(1)マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い
TechFactoryに掲載された記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『IoT検定模試(1)マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い』を紹介します。(2017/11/29)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(2):
「ひとづくり」から始まらないIoTは進まない
IoTプロジェクトやスマート工場を計画・推進するには、産業システムや生産管理から、法律、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。ここではIoT検定制度委員会監修の下、製造業向けIoTの実践に役立つ問題を出題してゆきます。(2017/9/21)

IoTスペシャリストを目指そう(12):
第12問 IoTによる付加価値向上
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2017/6/19)

FAニュース:
爆発性ガスが存在する場所にも設置可能なプログラマブル表示器
三菱電機は、プログラマブル表示器「GOT2000」シリーズの新製品として、爆発性ガスや水蒸気がある場所でも利用できる「防爆形GOT」6機種を発売した。産業安全技術協会の防爆型式検定に適合する。(2017/5/26)

「合格」スマホで証明 数学検定の「デジタル合格証」発行開始
スマホ画面で「合格」を証明できる「デジタル合格証」が、「数学検定」合格者向けに発行される。(2017/5/16)

Wired, Weird:
技能検定3級シーケンス制御作業にチャレンジ【後編】
前回に引き続き、「国家技能検定3級(シーケンス制御作業)」の受験対策指導の模様をお伝えする。今回は、演習問題を使って具体的にプログラムの作り方を紹介していく。(2017/4/17)

IoTスペシャリストを目指そう(10):
第10問 IoTシステムによる生産管理(2)「デジタルツイン」を理解する
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。(2017/3/15)

製造マネジメントニュース:
技能検定の取り組みが評価され、タイ政府公認の技能評価システムに採用
ジェイテクトは、同社のタイ国内自動車部品生産拠点(JATH)がこれまで実施してきた社内技能競技大会の内容と実績が評価され、2017年からタイ政府公認の技能評価システムとして運用されることになったと発表した。(2017/3/14)

Wired, Weird:
技能検定3級シーケンス制御作業にチャレンジ【前編】
筆者は、知り合いからの依頼で「国家技能検定3級(シーケンス制御作業)」の受験対策指導を行った。実技試験対策として実際に使われる試験盤などの治具を手に入れようとしたが、思いの外、高価だったので自作することにした。今回は、自作した簡易版試験治具を中心に紹介していこう。(2017/3/9)

SNSに関わる検定講座の開発と人材育成:
コムニコがSNSエキスパート協会を設立、炎上対策やSNSマーケティングの検定講座を開講
企業のSNSマーケティングをサポートするコムニコは、SNSに関わる検定講座の開発・人材育成に特化した「一般社団法人SNSエキスパート協会」を設立した。SNSマーケティングの基礎が学べる検定講座を開講する。(2017/2/9)

IoTスペシャリストを目指そう(9):
第9問 IoTシステムによる生産管理(1)
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。(2017/2/6)

人はなぜ謎を解くのか 謎解き能力を判定するWeb検定「謎検」5月に開催!
そこに謎があるから。(2017/2/1)

IoTスペシャリストを目指そう(8):
第8問 IoTで用いられるネットワーク
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTで用いられるネットワーク」です。(2016/12/22)

コンピュータ教育振興協会 3Dプリンター活用技術検定試験:
3Dプリンタ利活用に必要な知識を評価・認定する資格試験が2017年2月にスタート
コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、3Dプリンタの利活用に必要な知識を評価・認定する「第1回 3Dプリンター活用技術検定試験」(実施:2017年2月12日)の申し込み受け付けを開始した。(2016/12/19)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ活用のための基礎知識を評価する検定試験、申し込みを開始
コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、2017年2月に全国6都市で実施する「第1回 3Dプリンター活用技術検定試験」の受験申し込みを開始した。3Dプリンタ活用技術の基礎習得者の育成を目的としており、造形方法や材料、後工程、CADデータの取扱いといった3Dプリンタの利活用に必要な知識を評価および認定する。(2016/12/7)

IoTスペシャリストを目指そう(7):
第7問 IoTにおける無線機器の認可
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/11/21)

IoT検定制度委員会:
国内150会場で受験可能に! 「日本発、世界初」をうたうIoT検定が本格始動
IoT検定制度委員会はプロメトリックとのグローバル契約を締結。2016年12月から日本国内で、2017年からは全世界で「IoT検定」を開始する。(2016/11/18)

家康「ウゥア゛ーッ!(ドガシャア)」 NHK、村上新悟さんによる「直江状朗読完全版」をサイトで公開
「煽り技術検定1級」と話題になったアレがフルバージョンで。(2016/11/13)

IoTスペシャリストを目指そう(6):
第6問 IoTシステムの外部委託
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/10/19)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

「月刊ムー」37年の歴史を振り返るイベント「ムーフェス」開催 オカルト、ミステリー知識を問う検定も
超常現象研究家の南山宏さん、編集長の三上丈晴さんが出演。(2016/9/12)

IoTスペシャリストを目指そう(5):
第5問 センサーと組み込みシステム
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、センサーと組み込みシステムについてです。(2016/9/8)

ヨシヒコ愛が試される……! 「勇者ヨシヒコ検定」がスタートするも難易度高すぎィ!
間違えたらムラサキ泣いちゃいますぅ。(2016/8/19)

劇場版「ソードアート・オンライン」とタイアップ 11月の日商簿記検定1級で初のチーム戦を開催!
仲間とともに難関に挑む世界観が一致。(2016/7/26)

IoTスペシャリストを目指そう(4):
第4問 IoTで注目される「NoSQL」データベースとは?
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTで注目される「NoSQL」データベースについてです。(2016/7/22)

FM:
防爆性能を持つ探査ロボット、トンネル内やプラントなどの検査に活躍
三菱重工業と千葉工業大学は、共同で引火性ガス雰囲気内探査ロボットを開発するとともに、移動ロボットとしては国内で初めて防爆電気機器の検定機関による防爆認証を取得した。(2016/7/15)

IoTスペシャリストを目指そう(3):
第3問 IoTシステムの品質保証と安全保証
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTシステムの品質保証と安全保証です。(2016/6/24)

恐ろしいこの目力 4択クイズ「全国統一 ガラスの仮面検定」でもらえるアイマスクセットが迫真の白目
連載40周年を記念した全20問の4択クイズ。高い正答率を記録すると、美内すずえさんのサイン入り認定証も。(2016/6/2)

IoTスペシャリストを目指そう(2):
第2問 人工知能「ディープラーニング」について
IoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していく連載。第2回はIoTシステムの構成と、センサー、通信、クラウドといった各要素の役割について説明し、最後にディープラーニングによる分析に関する内容を出題します。(2016/5/23)

IoTスペシャリストを目指そう(1):
第1問 マイクロコンピュータとシングルボードコンピュータの違い
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/4/25)

IoT検定準備委員会:
「IoT検定制度」のβ試験が2016年4月上旬にスタート
IoT検定準備委員会は、IoTの普及と必要な知識・スキルの明確化を目的とした「IoT検定制度」のβ試験を2016年4月上旬より実施する。(2016/4/8)

「IoT検定制度」β試験の募集を開始
複数の業界団体や企業などで構成される「IoT検定準備委員会」では、IoTの普及と必要な知識・スキルの明確化を目的とした「IoT検定制度」を2016年春より開始する。(2016/3/25)

ニッポンの現場力:
“現場のカイゼン”は本当に大丈夫か!? 試験結果が現場力低下を警鐘
日本の製造業は現場力が強いとされてきたが、その強みはいつまで維持できるのだろうか。生産マネジメントの知識や生産革新への役割を果たす能力を認定する生産マイスター検定を実施する人材開発協会は、過去の試験結果から、改善マインドが低下していると警鐘を鳴らしている。(2016/1/8)

あの「日本人にだけ読めないフォント」がまさかの検定に クイズアプリ「あの日見たフォントを僕達はまだ読めない。」登場
やっぱり読めないいいいいい!(2015/12/9)

山浦恒央の“くみこみ”な話(80):
統計の食わず嫌いを直そう(その8)、統計的に「王様の耳はロバの耳」と言うために
「王様の耳はロバの耳」と統計的に判定するには、どうすればいいのでしょうか?ロバの耳かも?という仮説を“検定”するための基本的な考え方を学びます。(2015/12/1)

山浦恒央の“くみこみ”な話(79):
統計の食わず嫌いを直そう(その7)、「鎌倉時代の平均ワイン消費量」と「平均値の検定」
「効果がある」と言うためには比較が必要です。新旧開発プロセスの生産性や品質の平均値を比べるためには、「平均値の差の検定」が必要となります。(2015/10/29)

KDDI、防爆検定取得の法人タブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」を10月下旬に発売
KDDIは、爆発や火災が起こる可能性のある危険箇所でも使用できる「国内防爆検定」を取得した法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」の取り扱いを10月下旬に開始する。(2015/10/14)

目指せ「大業物(おおわざもの)級」!! 刀に込められた技芸や物語の知識が試される第1回「刀剣検定」実施
世界へ向けて日本刀の良さをアピールできる伝道師に。(2015/8/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。