ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「完全マスター! 電子回路ドリル III」最新記事一覧

完全マスター! 電子回路ドリル III(14):
電子回路マスターへの道 〜栄光のゴール〜
電子ドリル3部作がついに完結。本シリーズで紹介した“電子回路の技”の数々を身に付けたあなたは立派な電子回路マスターだ!(2008/12/4)

完全マスター! 電子回路ドリル III(13):
Verilog HDLの記述スタイル 〜3学期【期末考査】〜
電子回路ドリルシリーズもいよいよ大詰め! 今回は3学期編で出題・解説してきた“Verilog HDL”をテーマに期末考査を行います。(2008/11/27)

完全マスター! 電子回路ドリル III(12):
HDLマスターへの登竜門 【期末考査】のお知らせ
回路を効率よくシミュレーションするために、今回は回路のパラメタ化について解説。険しかったHDLマスターへの道もゴール目前だ!!(2008/11/20)

完全マスター! 電子回路ドリル III(11):
【問題11】 パラメタライズによる回路の記述
信号を1m秒間隔で出力する回路を作成。いくつかブロック図を作ってから最適な回路構成を選び、HDLを記述するのがポイントだ。(2008/11/13)

完全マスター! 電子回路ドリル III(10):
【問題10】 波形から回路を作ろう
HDLを用いて回路を作る際、いきなりコーディングするのではなく、最初にブロック図で回路構成をしっかりとイメージすることが大切だ。(2008/11/6)

完全マスター! 電子回路ドリル III(9):
【問題9】 「クロック同期回路」の設計は難しい?
シミュレータを用い、ブロッキング代入とノン・ブロッキング代入の動作の違いについて調査。2つの代入の使い分けのポイントとは?(2008/10/30)

完全マスター! 電子回路ドリル III(8):
【問題8】 ブロッキング代入とノン・ブロッキング代入
「10進カウンタ」と「7セグメントLEDデコーダ」の接続を例に、大規模回路などの設計に用いられる“モジュール階層構造”について解説。(2008/10/23)

完全マスター! 電子回路ドリル III(7):
【問題7】 モジュールを接続してみよう!
Verilog HDLで組み合わせ回路を記述するには? 今回は“関数”を用いる方法と、“always文”を用いる方法の2パターンを詳しく解説。(2008/10/16)

完全マスター! 電子回路ドリル III(6):
【問題6】 7セグメントLEDデコーダを作成しよう
今回は、Verilog HDLで記述された10進カウンタの“テスト・ベンチ”を作成し、シミュレーションと波形表示にチャレンジする。(2008/10/9)

完全マスター! 電子回路ドリル III(5):
【問題5】 シミュレータでVerilog HDLを動かそう
カウンタ、すなわち“順序回路”をVerilog HDLで記述するには、always文の記述スタイルをきちんと理解することが大切だ。(2008/10/2)

完全マスター! 電子回路ドリル III(4):
【問題4】 always文でカウンタを作ろう
Verilog HDLで記述したOR回路をFPGAボードで動作させたところ、なぜかANDで動作した……。その原因について詳しく解説する。(2008/9/25)

完全マスター! 電子回路ドリル III(3):
【問題3】 スイッチ入力とLED出力
HDLは抽象度の高い表現で「回路構成」や「回路機能」の記述ができるため、いとも簡単に加算器を作ることができる。(2008/9/18)

完全マスター! 電子回路ドリル III(2):
【問題2】 4ビット加算器をVerilog HDLで記述しよう
今回は、Verilog HDLの記述スタイルについて解説。回路は“モジュール”の枠に収めて定義し、信号は“ポート”として定義する。(2008/9/11)

完全マスター! 電子回路ドリル III(1):
【問題1】 Verilog HDLをマスターしよう!!
「完全マスター! 電子回路ドリル」の3学期がスタート! “ハードウェア記述言語”をテーマにさまざまな問題を毎週お届けします。(2008/9/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。