ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「完全マスター! 電子回路ドリル III」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「完全マスター! 電子回路ドリル III」に関する情報が集まったページです。

完全マスター! 電子回路ドリル III(14):
電子回路マスターへの道 〜栄光のゴール〜
電子ドリル3部作がついに完結。本シリーズで紹介した“電子回路の技”の数々を身に付けたあなたは立派な電子回路マスターだ!(2008/12/4)

完全マスター! 電子回路ドリル III(13):
Verilog HDLの記述スタイル 〜3学期【期末考査】〜
電子回路ドリルシリーズもいよいよ大詰め! 今回は3学期編で出題・解説してきた“Verilog HDL”をテーマに期末考査を行います。(2008/11/27)

完全マスター! 電子回路ドリル III(12):
HDLマスターへの登竜門 【期末考査】のお知らせ
回路を効率よくシミュレーションするために、今回は回路のパラメタ化について解説。険しかったHDLマスターへの道もゴール目前だ!!(2008/11/20)

完全マスター! 電子回路ドリル III(11):
【問題11】 パラメタライズによる回路の記述
信号を1m秒間隔で出力する回路を作成。いくつかブロック図を作ってから最適な回路構成を選び、HDLを記述するのがポイントだ。(2008/11/13)

完全マスター! 電子回路ドリル III(10):
【問題10】 波形から回路を作ろう
HDLを用いて回路を作る際、いきなりコーディングするのではなく、最初にブロック図で回路構成をしっかりとイメージすることが大切だ。(2008/11/6)

完全マスター! 電子回路ドリル III(9):
【問題9】 「クロック同期回路」の設計は難しい?
シミュレータを用い、ブロッキング代入とノン・ブロッキング代入の動作の違いについて調査。2つの代入の使い分けのポイントとは?(2008/10/30)

完全マスター! 電子回路ドリル III(8):
【問題8】 ブロッキング代入とノン・ブロッキング代入
「10進カウンタ」と「7セグメントLEDデコーダ」の接続を例に、大規模回路などの設計に用いられる“モジュール階層構造”について解説。(2008/10/23)

完全マスター! 電子回路ドリル III(7):
【問題7】 モジュールを接続してみよう!
Verilog HDLで組み合わせ回路を記述するには? 今回は“関数”を用いる方法と、“always文”を用いる方法の2パターンを詳しく解説。(2008/10/16)

完全マスター! 電子回路ドリル III(6):
【問題6】 7セグメントLEDデコーダを作成しよう
今回は、Verilog HDLで記述された10進カウンタの“テスト・ベンチ”を作成し、シミュレーションと波形表示にチャレンジする。(2008/10/9)

完全マスター! 電子回路ドリル III(5):
【問題5】 シミュレータでVerilog HDLを動かそう
カウンタ、すなわち“順序回路”をVerilog HDLで記述するには、always文の記述スタイルをきちんと理解することが大切だ。(2008/10/2)

完全マスター! 電子回路ドリル III(4):
【問題4】 always文でカウンタを作ろう
Verilog HDLで記述したOR回路をFPGAボードで動作させたところ、なぜかANDで動作した……。その原因について詳しく解説する。(2008/9/25)

完全マスター! 電子回路ドリル III(3):
【問題3】 スイッチ入力とLED出力
HDLは抽象度の高い表現で「回路構成」や「回路機能」の記述ができるため、いとも簡単に加算器を作ることができる。(2008/9/18)

完全マスター! 電子回路ドリル III(2):
【問題2】 4ビット加算器をVerilog HDLで記述しよう
今回は、Verilog HDLの記述スタイルについて解説。回路は“モジュール”の枠に収めて定義し、信号は“ポート”として定義する。(2008/9/11)

完全マスター! 電子回路ドリル III(1):
【問題1】 Verilog HDLをマスターしよう!!
「完全マスター! 電子回路ドリル」の3学期がスタート! “ハードウェア記述言語”をテーマにさまざまな問題を毎週お届けします。(2008/9/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。