ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EXR CMOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EXR CMOS」に関する情報が集まったページです。

「世界最速」AF搭載、光学20倍ズームコンパクト「FinePix F1000EXR」
富士フイルムがコンパクトデジタルカメラ「FinePix F1000EXR」を発売する。コンパクトボディに20倍ズームレンズを搭載し、「世界最速」という高速AFなどを備える。(2014/1/23)

「FUJIFILM X20」とX10をねっとり比較する
見た目こそは前機種「X10」とあまり変わっていない「FUJIFILM X20」だが、X10とは中身がまったく違う。そこでその画質を中心に新旧モデルをねっとり撮り比べたのだ。(2013/3/18)

9タイプすべて本革素材 「FUJIFILM XF1 バーニーズ ニューヨーク モデル」
「FUJIFILM XF1」のバーニーズニューヨークとのコラボレーションモデルが発売される。本革素材にこだわった、9タイプ70台の限定。(2013/1/18)

進化した光学ファインダー、ローパスフィルターレスの「FUJIFILM X20」
富士フイルムが高級コンパクト「FUJIFILM X20」を発売する。撮影情報を表示する新ファインダーにローパスフィルターレスの「X-Trans CMOS II」、従来比2倍以上の高速化など、デザインは継承しながら大幅な進化を遂げた。(2013/1/8)

シンプル操作でも楽しめるポケットサイズの「X」――「FUJIFILM XF1」
レンズ一体型のFUJIFILM Xシリーズとしては4モデル目となる「FUJIFILM XF1」を試用した。カメラとしての高い質感を保ちながら、極めてシンプルなデザインとなっており、画質面でもF1.8“フジノン”レンズなどで十分な満足感を得られる。(2012/11/1)

富士フイルム、「FUJIFILM X」新製品発表会――XF1のCMには女優 真木よう子さんを起用
富士フイルムは成長するレンズ交換式および高級コンパクトの市場に向けた、FUJIFILM Xシリーズ新製品「FUJIFILM X-E1」「FUJIFILM XF1」の発表会を開催した。薄型スタイリッシュなXF1のTVCMには女優 真木よう子さんを起用する。(2012/10/9)

photokina 2012:
富士フイルム 国内未発表「FUJIFILM XF-1」も展示 Xシリーズをさらに拡張
FUJIFILM Xシリーズを用意する富士フイルムのブースでは、国内でも発表された新型機「FUJIFILM XE-1」はもちろん、今回が世界初のお披露目となった「FUJIFILM XF-1」も展示されている。(2012/9/18)

「アドバンストフィルター」搭載、スマホ転送スリムモデル「FinePix Z1100EXR」
富士フイルムが無線LANにてスマートフォンやタブレットへ撮影画像を送信できるスリムモデル「FinePix Z1100EXR」を発売する。「アドバンストフィルター」では、「ポップカラー」「ハイキー」などの効果を楽しめる。(2012/7/25)

富士フイルム、スマホ対応の20倍ズームコンパクト「FinePix F800EXR」
富士フイルムがコンパクトデジカメ「FinePix F800EXR」を発売する。新たに無線LANによるスマホ連係機能を搭載し、30枚を一度に送信できる。(2012/7/25)

20倍ズーム×高感度×GPSの万能選手 富士フイルム「FinePix F770EXR」
コンパクトなボディに、広角25ミリからの20倍ズームレンズを搭載した「FinePix F770EXR」。高倍率ズーム×高感度×GPSで写真撮影はどれだけ変わるのだろうか。(2012/5/14)

ハイクラスコンデジ総チェック(4)――気になる操作性を確認する
いわゆる「ハイクラスコンパクトデジカメ」を集めてみようというこの企画、最終回の今回は、このクラスで一番気になる使い勝手を検証する。(2012/4/2)

シンプルで分かりやすい“スマホの友” 富士フイルム「FinePix Z1000EXR」
今春のコンパクトデジカメで注目ワードのひとつが「無線LAN」。撮影した写真をスマホに転送するのが主目的ながら実装の仕方はアレコレ。富士フイルムの「FinePix Z1000EXR」は特にシンプルな選択をしてきたのが面白い。(2012/3/1)

富士フイルム、20倍ズームを体験できる「FinePix F770EXR」スペシャルサイト
富士フイルムは光学20倍ズームレンズを搭載した「FinePix F770EXR」のスペシャルサイトを公開した。観客席からステージの人物を撮影するという状況を疑似的に体験できるコンテンツなどが用意されている。(2012/2/23)

CP+ 2012:
発売間近「X-Pro1」に人気集中 体験コーナーはつねに30分待ち
フジフイルムブースの目玉はなんと言っても発売間近の「FUJIFILM X-Pro1」の実機展示だ。平日にもかかわらず常に30分待ち状態となっていた。(2012/2/10)

世界最小20倍ズーム 103パターンを認識する「FinePix F770EXR」
富士フイルムが光学20倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラとしては世界最小の「FinePix F770EXR」を発売する。高感度撮影時のノイズも低減されている。(2012/2/1)

簡単手軽にスマホ転送 無線LAN搭載の「FinePix Z1000EXR」
富士フイルムが、スリムなスライドボディに、無線LANでスマートフォンなどへ撮影画像を送信できる機能を搭載した「FinePix Z1000EXR」を発売する。(2012/2/1)

最大望遠1440ミリ相当 EVF高画素化「FinePix HS30EXR」
富士フイルムが超解像で1440ミリ相当まで望遠撮影可能な、30倍ズームレンズ搭載機「FinePix HS30EXR」を発売する。(2012/1/18)

ワガママに応える26倍レンズ一体型ハイエンド――「FUJIFILM X-S1」
「FUJIFILM X」シリーズ第3弾は26倍という高倍率レンズを一体化した「FUJIFILM X-S1」である。広角から望遠まであらゆる場面を撮りたいというとき、これほど頼もしいカメラはない。(2011/12/15)

長期試用リポート:
「FUJIFILM X10」第2回――安心の高感度撮影
「FUJIFILM X10」はそのスタイルも魅力だが、2/3型というコンパクトタイプでは大型のセンサーを搭載する点も特筆に値する。高感度特性を探ってみた。(2011/12/9)

「FUJIFILM X」シリーズ第3弾、光学26倍ズームの「FUJIFILM X-S1」発売
富士フイルムは高品位・高画質を旨とする「FUJIFILM X」シリーズ第3弾となる高倍率ズーム機「FUJIFILM X-S1」を12月7日より販売する。(2011/11/24)

アナログとデジタルの融合したプレミアムコンパクト――「FUJIFILM X10」
「FUJIFILM X10」はアナログカメラのようなデザインと操作感、ファインダーが人気を博すX100の兄弟機。X10の路線を踏襲しながらズームレンズを搭載して小型化、デジタル技術にも磨きをかけた。(2011/10/21)

写真で見る「FUJIFILM X10」
富士フイルムが発売する、「X100」の遺伝子を受け継ぐ高級志向デジタルカメラ「FUJIFILM X10」を写真で紹介する。(2011/10/17)

富士フイルム、高級志向「X」シリーズを定義 高倍率機やミラーレスも投入
富士フイルムは「X100」をはじめとした高級志向製品を「FUJIFILM X」シリーズとして展開していく。年内には高倍率ズーム機、来年春にはミラーレスカメラを投入する予定だ。(2011/10/6)

ズーム連動式ファインダー搭載、プレミアムコンパクト「X10」
富士フイルムから「FinePix X100」の遺伝子を受け継ぐ「X10」が発売される。4倍ズームレンズとズーム連動式光学ファインダーを備え、「ファインダーをのぞいて撮る」楽しみを味わえる製品だ。(2011/10/5)

超解像で10倍ズームもキレイ、スリムな「Finepix Z950EXR」
富士フイルムは最薄部15.2ミリのスリムデジカメ「Finepix Z950EXR」を発売する。超解像技術の導入により、10倍ズーム(280ミリ相当)でも画質劣化の少ない望遠撮影を楽しめる。(2011/9/1)

超解像30倍ズーム、99のシーンを認識する「FinePix F600EXR」
富士フイルムが30倍(35ミリ換算720ミリ相当)の望遠撮影を可能としたほか、99のシーンをカメラが自動認識するコンパクトデジカメ「FinePix F600EXR」を発売する。(2011/8/11)

マルチタッチ対応、スムーズ操作デジカメ「FinePix Z900EXR」
富士フイルムが2本指によるマルチタッチ操作に対応したスリムコンパクトデジカメ「FinePix Z900EXR」を発売。EXR CMOSセンサーによって手軽に高画質の撮影も楽しめる。(2011/4/5)

EXRな新センサーで“大逆襲” 富士フイルム 「FinePix F550EXR」
FinePix Fシリーズといえば「画素数より高感度!」の一番手だったが、裏面照射型センサー搭載の普及でやや影が薄くなっていた。でも「FinePix F550EXR」は違う。撮像素子を一新してGPSと高倍率レンズも搭載と、魅力的な全部入りモデルに進化した。(2011/3/2)

富士フイルム、「FinePix F550EXR」一部カラーを発売延期
富士フイルムはコンパクトデジタルカメラ「FinePix F550EXR」のブラックのみ、発売日を当初予定の2月26日より3月5日に延期すると発表した。(2011/2/23)

CP+2011:
富士フイルム 注目はやっぱり「FinePix X100」
富士フイルムブースでは特に人気なのは発売日と実売想定価格がアナウンスされた「FinePix X100」。CP+開幕初日、平日にもかかわらず行列ができていた。(2011/2/10)

「EXR CMOS」に30倍ズーム、8コマ/秒の高速連写も可能「FinePix HS20EXR」
富士フイルムより、一眼レフライクなデザインのボディに、新開発の裏面照射型CMOSセンサーと24ミリからの光学30倍ズームレンズを搭載した「FinePix HS20EXR」が登場。(2011/2/8)

裏面照射型新センサー、GPSも搭載の高倍率ズームコンパクト「FinePix F550EXR」
富士フイルム「FinePix F550EXR」は裏面照射型撮像素子「EXR CMOSセンサー」、対象に応じて撮像方式を切り替える「EXR技術」、15倍ズームにGPSと充実の機能を搭載した。(2011/2/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。