ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

AF周りが大幅進化 一眼スタイルのフラグシップモデル「FUJIFILM X-T2」発表
富士フイルムが7月7日、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」を発表した。AF-C性能が大幅に向上した他、4K動画撮影に対応し、広色域を撮影するF-Logモードを搭載。背面液晶は3方向にチルトする。(2016/7/8)

写真展:
「Xシリーズ写真展 総集編」
(2016/6/10)

富士フイルム、Xマウント用の2倍テレコンバーター「XF2X TC WR」発表
富士フイルムが、ミラーレス一眼向けのXマウントレンズと組み合わせて利用できる、テレコンバージョンレンズの第2弾を発表した。絞りが2段分暗くなるが、焦点距離を2倍にすることが可能だ。(2016/5/19)

大型センサー搭載ながらコンパクト、かっこよくて使いやすい「FUJIFILM X70」
1型以上の大型のセンサーを搭載したコンデジが人気を集める中、富士フイルムはあえて単焦点レンズとAPS-Cサイズのセンサーを搭載したプレミアムコンデジ「FUJIFILM X70」をリリースした。スナップカメラとしてとてもよくできた、かっこよくて使いやすいカメラだ。(2016/3/9)

写真展:
公式フェイスブックページ FUJIFILM Xseries Japan 主催「Xシリーズ写真展 −2016春−」
(2016/3/4)

CP+ 2016に出展されている注目カメラを一気にチェック
2月25日から28日までパシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2016」の会場で見付けた注目製品をまとめて紹介。時間がない人もこれだけは見ておきたい製品をピックアップした。(2016/2/25)

プロも認める、Xシリーズ史上最高の描写を実現した「FUJIFILM X-Pro2」
世界中のプロに認められたXシリーズにさらに磨きがかかった。虚飾を排して「撮るための道具」として正常進化を遂げた「FUJIFILM X-Pro2」は、久しぶりに欲しいと思ったカメラだ。(2016/2/7)

「FUJIFILM X-Pro 2」 供給量確保のため発売を3月上旬に延期
富士フイルムがプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro2」の発売を3月上旬に延期する。(2016/2/5)

手持ちでの超望遠撮影も可能な「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」
富士フイルムのXマウントレンズに待望の超望遠ズーム「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」が登場。35mm判換算で152〜609mm相当の焦点距離を持つ。(2016/1/15)

コンパクトなボディにAPS-Cセンサーと28ミリレンズを搭載した「FUJIFILM X70」
「FUJIFILM X100T」の弟分に当たるコンパクトなプレミアムコンデジが登場。APS-Cサイズのセンサーに単焦点レンズを組み合わながら、非常にコンパクトなボディなのが特徴だ。(2016/1/15)

Xシリーズ5周年:
レンジファインダースタイルのミラーレス「FUJIFILM X-Pro2」発表
富士フイルムから、レンジファインダースタイルのレンズ交換式ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro2」が登場。新開発のX-TRANS CMOS IIIセンサーは2400万画素に向上、新たな画像処理エンジンと合わせ大幅に性能が向上している。(2016/1/15)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 中望遠単焦点レンズ編
「FUJIFILM X-T10」に最適なレンズを考える企画の第3弾は“中望遠単焦点レンズ”。これが1本あるだけで、ポートレート、風景、スナップなどの撮影の幅が広がる。(2016/1/8)

中古デジタルカメラ販売ランキング(12月24日〜12月30日):
2015年最後の中古ランキングはキヤノン勢がワンツーフィニッシュ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。2015年の最後は、キヤノンの人気モデル「EOS 6D」と「EOS 7D」がワンツーフィニッシュで飾った。3位はランキング圏外から急上昇したオリンパス「OM-D E-M5」。(2016/1/6)

2015年の注目カメラ&トピックス(フォトグラファー三井編):
高画素化が一気に進んだ年 それに応える意欲的なレンズも多数登場
5000万画素オーバーを筆頭に、今年は一段上の画素数を実現したカメラが複数登場した2015年。フォトグラファーの三井公一氏が注目したカメラとレンズは?(2015/12/25)

2015年の注目カメラ&トピックス(ライター荻窪編):
もう手放せない全天球カメラ ミラーレスカメラと1型センサーコンデジの躍進も注目
デジカメプラスで撮影術やさまざまな機種のレビューを通して新製品に触れてきた荻窪圭氏が、2015年に注目したカメラとは。(2015/12/24)

中古デジタルカメラ販売ランキング(12月3日〜12月9日):
ニコン「D7100」が首位を奪還、リコーイメージングも好調
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は順位を大きく上げたニコン「D7100」がトップ。先週から好調のリコーイメージングも3位と4位を獲得した。(2015/12/15)

交換レンズ百景:
5万円超えのテレコンの真価はいかほどか――富士フイルム「XF1.4X TC WR」
富士フイルムのXマウントレンズラインアップには、いずれも評価が高い高性能なものがそろっているが、現状は望遠側のレンズがやや手薄。そこを補えるのが、1.4倍テレコンバーターの「XF1.4X TC WR」だ。(2015/12/9)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 標準単焦点レンズ編
「FUJIFILM X-T10」に合わせる単焦点XFレンズを考える企画の第2弾では、標準域の単焦点レンズを紹介する。どれも扱いやすい焦点域なので、1本は持っておきたいところだ。(2015/12/4)

中古デジタルカメラ販売ランキング(11月12日〜11月18日):
2週連続でキヤノン勢がトップ3を独占 1位はキヤノン「EOS 5D Mark III」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は「EOS 5D Mark III」を筆頭にキヤノン勢がトップ3を独占した。(2015/11/25)

交換レンズ百景:
スナップ、ポートレート、風景と幅広く使える――富士フイルム「XF35mmF2 R WR」
35ミリ判換算で約53ミリの焦点距離を持ち、オールマイティーに使える「XF35mmF2 R WR」は、軽量コンパクトでフットワークよく撮影できるレンズだ。ポートレートレンズとしても優秀である。(2015/11/9)

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 広角単焦点レンズ編
初心者にも扱いやすい軽量コンパクトなミラーレス一眼「FUJIFILM X-T10」。だいぶ使い慣れてきて、一つ上のレンズを求めるようになった人に最適なレンズを考えたい。(2015/10/30)

富士フイルムが「XF35mmF2 R WR」と1.4倍テレコンバーターを発売
富士フイルムが、レンズロードマップで発表していた「XF35mmF2 R WR」と「テレコンバーター XF1.4X TC WR」を発表。11月19日に発売する。(2015/10/21)

写真展:
岩さき和雄 写真展「祇園閣」
(2015/10/9)

写真展:
アンドリュー マクハウエル 写真展「ハワイAINA IMAGERY」
(2015/10/2)

写真展:
第34回ハッセルブラッドフォトクラブ写真展
(2015/9/30)

写真展:
平井理央 写真展「WONDER VISION」
(2015/9/22)

写真展:
FUJIFILM SQUARE企画写真展「“昭和90年”記念企画『昭和のこども−どんな時にも笑顔があった!』」
(2015/9/11)

「FUJIFILM X LOVERS」3周年記念:
PR:プレミアムコンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ2」を2人にプレゼント!
「FUJIFILM X LOVERS」のオープン3周年を記念し、人気の高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ2」が当たるキャンペーンを実施します。ぜひご応募下さい。(2015/9/7)

写真展:
全日写連フォトフェスティバル2015
(2015/9/4)

写真展:
「富士フイルムフォトコンテスト 歴代グランプリ作品展」
(2015/8/25)

FUJIFILM Xシリーズユーザーの作品を展示する「Xシリーズ写真展 −2015秋−」開催
FUJIFILM Xユーザーの作品を展示する「Xシリーズ写真展」が今秋も開催される。(2015/8/18)

写真展:
林明輝 写真展「『自然首都』」福島県只見町の四季」
(2015/8/14)

写真展:
日本航空写真家協会写真展「18th SKY GRAFFITI 2015」
(2015/8/11)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月30日〜8月5日):
キヤノン「EOS 7D」がトップに返り咲き 富士フイルムの「X-E2」「X-T1」がランクイン
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。先週トップだった「α7 II」がランクを落とし、またもやキヤノン勢が上位を占めた。(2015/8/10)

写真展:
「日本の祭り写真コンテスト2014入賞作品展」
(2015/8/6)

写真展:
古屋行男 写真展「暮らしのかわらばん」本郷、谷根千界隈
(2015/8/4)

写真展:
写真歴史博物館企画写真展 グラフジャーナリズムの開拓者「マーガレット・バーク=ホワイト作品展」
(2015/7/27)

交換レンズ百景:
豊かな描写を見せる中望遠レンズ――富士フイルム「XF90mm F2 R LM WR」
富士フイルムのXレンズラインアップでは5本目の「WR」レンズとなる「XF90mm F2 R LM WR」は、ポートレートから風景まで、幅広いジャンルで活躍する中望遠レンズだ。(2015/7/24)

写真展:
第38回 女性だけの写真展
(2015/7/23)

写真展:
第8回 山中湖フォトグランプリ写真展
(2015/7/16)

AF周りが大幅に改善:
新モデルといってもいいレベルに進化――「FUJIFILM X-T1」ファームウェアVer.4.00を試す
富士フイルムのフラッグシップモデル「X-T1」に、新ファームウェアVer.4.00がリリースされた。AF周りを中心に、これまで不満だった部分が大幅に解消され、機能が向上している。(2015/7/15)

マップカメラ、創業21周年を記念して中古保証期間を延長、1640万円の「男気セット」など発売
シュッピンが7月11日から、マップカメラの創業21周年を記念したキャンペーンをスタートした。中古製品の保証期間を1年に延長するほか、最高級のカメラとレンズを詰め合わせた「男気セット」を販売したり、ハービー・山口氏が審査員を務めるフォトコンテストを開催したりする。(2015/7/13)

写真展:
湊和雄 写真展「沖縄いきもの紀行〜山原から八重山〜」
(2015/7/13)

富士フイルムサービスステーションで「FUJIFILM X-T10」のレンタルサービスを開始
東京、大阪、福岡の富士フイルムサービスステーションで、FUJIFILM X-T10のレンタルサービスがスタート。今まで通り、当日返却なら無料で借りることができる。(2015/7/10)

写真展:
増田彰久 写真展 世界遺産「僑の故郷・開平」
(2015/7/8)

写真展:
「RED BADGE XF ZOOM」
(2015/7/3)

必携レンズ「XF56mmF1.2 R」とのマッチングは? 「FUJIFILM X-T10」で撮り歩く
コンパクトなボディに「FUJIFILM X-T1」譲りの性能を備えたニューモデル「FUJIFILM X-T10」と、定評のある単焦点レンズ「XF56mmF1.2 R」を試した。富士フイルムの魅力は明るい大口径単焦点レンズが豊富にそろっている点だ。(2015/6/30)

「FUJIFILM X-T1」に新AFシステムほか多数の新機能 ファームウェアVer.4.00提供開始
「FUJIFILM X-T1」「FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition」で、AF機能の強化や操作性の向上を行う新ファームウェア、Ver.4.00の提供がスタートした。(2015/6/29)

写真展:
「単焦点レンズの深淵」
(2015/6/27)

写真展:
企画写真展 野町和嘉「地平線の彼方から ― 人と大地のドキュメント」
(2015/6/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。