ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カメラ」最新記事一覧

タクシー運転手がカメラ講師も兼任 三和交通が写真の世界を広げる「カメラバカドライバーと行くツアー」開始
「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」の三和交通がまた新たなツアーを企画しました。(2018/2/17)

アサヒカメラが写真の「無断転載」の“撲滅”目指す 特集「削除要請&損害賠償請求 超実践マニュアル 完全版」
昨年話題になった「損害賠償&削除要請マニュアル」の完全版です。(2018/2/16)

富士フイルム、動画性能を強化したフラグシップミラーレス一眼「X-H1」発表 初のボディー内手ブレ補正搭載 Xマウント向けシネマレンズ「MKXシリーズ」も
富士フイルムは、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」のフラグシップモデル「FUJIFILM X-H1」を発表した。市場想定価格は24万円前後(税別、以下同様)で、3月1日から販売を開始する。さらに、動画専用の「MKXシリーズ」レンズ、「フジノンレンズMKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズMKX50-135mmT2.9」を発表した。発売はともに6月で、価格はMKX18-55mmT2.9が54万9500円、MKX50-135mmT2.9が59万9500円となる。(2018/2/15)

ASUS、18:9ディスプレイ搭載「ZenFone Max Plus(M1)」を2月17日発売 2万9800円(税別)
ASUS JAPANが、一部海外市場で発売済みの「ZenFone Max Plus(M1)」を国内にも投入する。アスペクト比18:9のワイドディスプレイを採用し、4130mAhのバッテリーを備え、高画質の撮影を可能とするデュアルレンズカメラも搭載している。(2018/2/15)

自動運転技術:
電子ミラーにディープラーニングを、100m後方から接近する車両を検出
三菱電機は、カメラとディスプレイでサイドミラーを置きかえる電子ミラー向けに、100m離れた後側方の物体を深層学習(ディープラーニング)で検知する技術を披露した。(2018/2/15)

医療機器ニュース:
過敏性腸症候群のメカニズム解明へ、腹痛時の自律神経活動をスマホのカメラで測定
東北大学大学院医学系研究科の福土審教授らは、同情報科学研究科との異分野連携により、腹痛時の自律神経活動を測定、記録できるiPhoneアプリ「おなかナビ」を開発した。また同アプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始した。(2018/2/15)

ソフトバンクの「Xperia XZs」がOSバージョンアップ Android 8.0に
au向けモデルに続き、ソフトバンク向けの「Xperia XZs」もAndroid 8.0にバージョンアップする。OSの新機能に加えて、アウトカメラに「静止画歪み補正」機能が追加されるなど、メーカー独自の機能改善なども行われる。(2018/2/14)

Mobile World Congress 2018:
ASUS、2月28日にカメラ機能重視の新しい「ZenFone 5」発表か
スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2018」に合わせて、ASUSが「ZenFone」の新機種を発表する。「ZenFone 5」を始めとする複数機種が登場しそうだ。(2018/2/13)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
写真の細かい情報を知りたい時に便利なアプリ「Metapho」
写真の撮影日時や場所、使ったカメラの情報を知りたい(隠したい)時、皆さんならどうするだろうか。今回は筆者が使っている「Metapho(メタフォ)」というアプリを紹介してみるのである。(2018/2/12)

メガピクセルカメラ搭載で世界最小のiモードケータイ「premini-II」(懐かしのケータイ)
preminiシリーズの第3弾として、より高機能になって登場した「premini-II」。“コンパクト&ストレート”のコンセプトを踏襲しつつ、新たに130万画素のカメラを搭載。iアプリにも対応しました。(2018/2/12)

FREETELの新スマホが2月発売 デュアルカメラの「REI 2 Dual」と1万円台の「Priori 5」【更新】
MAYA SYSTEMが、FREETELブランドの新スマホを発表。ミッドレンジの「REI 2 Dual」とローエンドの「Priori 5」というラインアップ。直販サイトや全国の家電量販店で発売する。(2018/2/9)

メークアプリで“髪色変える”AR機能 AIで髪の揺れにも反応
メークアプリ「YouCam メイク」に、髪色を変えられるAR機能が追加。スマホのインカメラで撮影した自撮りのライブ映像で自由に髪色を変えられるという。(2018/2/7)

プラネックス、防水防じん対応の法人向けネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズは、PoE受電に対応した法人向けネットワークカメラ計2製品の販売を開始する。(2018/2/7)

日本電計のラボ開設をきっかけに:
リーダー電子、電子ミラー試験装置の開発に本腰
電子計測器の開発、製造、販売を手掛けるリーダー電子が、車載用カメラモニターシステム(電子ミラー)向けの試験装置の分野に参入する。(2018/2/7)

MVNO限定販売:
「HUAWEI nova lite 2」登場 ダブルレンズカメラ搭載で2万円台半ば
ファーウェイが「nova lite」の後継モデルを発売する。アスペクト比9:18の縦長ディスプレイとダブルレンスカメラを搭載し、2万円台半ばで販売する。(2018/2/7)

Googleの動画アプリ「Motion Stills」にARオブジェクト追加機能
Googleが、動画アプリ「Motion Stills」に恐竜やニワトリなどのARオブジェクトを動画や静止画に追加する機能「AR Mode」を追加した。「Instant Motion Tracking」により、オブジェクトはカメラの動きにリアルタイムで対応する。(2018/2/7)

OPPOは日本のスマホ市場で成功するのか? 鍵を握るのは「販路」と「価格帯」
中国のスマートフォンメーカー「OPPO」が日本に参入。第1弾モデルとして、カメラ機能に注力した「R11s」を2月9日に発売する。果たしてOPPOは日本で成功するのだろうか。(2018/2/7)

中野区は得たデータを地域振興に活用へ:
ネットワークカメラで撮った来訪者の属性を分析――NTT東日本、中野サンモール商店街で画像解析技術の実証実験を実施
東京都中野区とNTT東日本東京事業部は、中野サンモール商店街で来街者属性分析の実証実験を実施する。ネットワークカメラで撮影した映像から、自動的に通行人数や年齢層、性別といった属性を把握し、来街者の傾向を分析する。(2018/2/7)

商店街カメラで客層を分析 NTT東と中野区が実証実験
東京都中野区とNTT東日本が、商店街のカメラで撮影した画像から通行人数や年齢層、性別を導き出す実験を行う。(2018/2/6)

光学機器・デバイス市場予測:
車載向けカメラやイメージセンサーが需要けん引
光学機器・光学デバイス分野では、一般車両用ドライブレコーダーの世界市場が2022年に約5900億円へ、車載カメラモジュールが約4300億円規模に達する見通しだ。重大事故の増加や自動運転への対応などによって需要が拡大する。(2018/2/6)

Intel、かなり自然なスマートグラスのプロトタイプを披露
IoTに注力するIntelが、一見普通のメガネに見えるスマートメガネ「Vaunt」のプロトタイプを米メディアに披露した。カメラは搭載せず、レーザーで文字情報を表示する。(2018/2/6)

「メカシャッター」と「電子シャッター」の話
狙いをさだめ、タイミングを見計らってシャッターボタンを押す。すると撮影される。当たり前の話だけど、そのときカメラ内で何が起きているのか、はその構造によって違うのだ。(2018/2/2)

大阪・海遊館でゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生 白くてぽよぽよで抱きしめたくなるかわいさ
カメラ目線も決まってます。(2018/2/2)

父娘混浴に潜むリスク……男湯で多発する女児の盗撮被害 「小1以上は女湯へ」呼びかける銭湯も
入浴施設で父親と混浴している女児を狙った盗撮被害が全国で相次いでいる。女児が父親と男湯に入るケースは少なくないが、カメラ付き携帯電話が普及した現在はリスクも伴う。(2018/2/1)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(23):
「ネットワークカメラ」を活用した工場や倉庫の監視、導入前に考えるべきこと
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、オフィスや工場などで導入が進む「ネットワークカメラ」に注目し、セキュリティリスクや導入前に考えるべきポイント、そして“お役立ち資料”について紹介します。(2018/2/1)

操作性やカメラの実力は? OPPOの日本初スマホ「R11s」レビュー
中国メーカーのOPPOが日本に参入し、第1弾スマホとして「R11s」を投入する。この端末を一足早く試せる機会を得られたので、ファーストインプレッションをお届けする。(2018/1/31)

OPPOの第1弾スマホ「R11s」は2月9日発売 約6型有機ELにデュアルカメラ搭載で約6万円
OPPO Japanが日本で最初に投入するスマートフォン「R11s」の発売日が2月9日に決定。価格は6万円(税別)。スリムな金属ボディーにデュアルカメラや6.01型有機ELを搭載している。(2018/1/31)

安全システム:
「Toyota Safety Sense」第2世代、デンソーがセンサーの小型化を実現
デンソーは、運転支援システム向けに普及タイプの新型単眼カメラを開発した。トヨタ自動車の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の第2世代版で採用される。(2018/1/31)

仕組みが分かれば、スマホなどいらぬ……ッ! 肉眼のみで解読するQRコード講座
必要なのは目という名のカメラ。それから、気合いと根性。(2018/1/31)

不在時でも宅配受け取り スマートロック完備の“IoTマンション”登場
スマートロックを完備した“IoTマンション”が登場。スマホ連携する監視カメラも備え、自宅にいなくても安全に宅配物を受け取れるという。(2018/1/30)

iPhone向け360度ビデオカメラの上位モデル「Insta360 Nano S」発売
アスクは2000万画素の静止画、4Kの360度動画が撮影が行えるiPhone向けビデオカメラ「Insta360 Nano S」を2月中旬に発売。複数アングルの映像をまとめて表示できるマルチビュー機能、ジャイロセンサーを利用した手ブレ補正機能などを搭載している。(2018/1/29)

Googleさん:
GoogleはAIカメラに「心に残る瞬間」を教え込めたのか
GoogleがAIで“いいシーン”を勝手に撮影する小型ハンズフリーカメラ「Google Clips」を米国で発売。プロの写真家も巻き込んで、3年がかりで取り組んだプロジェクトから研究者が学んだこととは?(2018/1/28)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“ライカ品質”の差はどれだけある? Huawei「Mate 10 Pro」と「Mate 10 lite」で撮り比べ
日本で発売されているHuaweiのMate 10シリーズは、フラグシップの「Pro」とミッドレンジの「lite」の2種類がある。どちらも背面にはデュアルカメラを搭載しているが、画質はどれだけ違うのだろうか。さまざまなシーンで撮り比べてみた。(2018/1/28)

持って楽しく撮って楽しい悦楽のカメラ「ライカCL」
「ライカCL」のシンプルでやや丸みを帯びた姿は伝統的な佇まいとモダンさが融合したような魅力を持つ。そして面白いことに、このカメラを使っているとモノクロで撮りたくなる。(2018/1/26)

上野にいながら南三陸での買い物を体験――5GとVRを活用したリアルタイムコミュニケーション KDDIらが実証実験
KDDIと東日本旅客鉄道(JR東日本)が、次世代移動通信システム「5G」と「VR」を活用し、宮城県にある「南三陸さんさん商店街」での買い物を疑似体験できるイベントを開催。VRゴーグルで高解像度の360度カメラ映像を見ながら、現地にいるかのような買い物体験ができる。(2018/1/26)

gooSimseller、18:9液晶のSIMフリースマホ「Wiko View」発売 SIMとセットで1万円台
NTTレゾナントは、1月25日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「Wiko View」を発売。18:9のディスプレーを採用し、自然なセルフィーを撮影できる1600万画素のインカメラを搭載している。らくらくセットの一括購入価格は1万7400円(税別)。(2018/1/25)

Vivo、ディスプレイに指紋センサー搭載の「X20Plus」発売 3598元から
中国の新興携帯企業Vivoが、ディスプレイ上に指を置いてロック解除できる「X20Plus画面指紋版」を発表した。ディスプレイは6.43型で、カメラはインもアウトもデュアルだ。中国で2月1日に約6万円で発売する。(2018/1/25)

auとUQ mobile向け「HUAWEI nova 2」、1月26日発売
auとUQ mobile向けスマートフォン「HUAWEI nova 2」が、1月26日に発売される。価格は約3万円。背面にデュアルカメラを搭載している。(2018/1/24)

iPhone 6.1インチモデルは機能縮小版?
iPhone 6.1インチの液晶ディスプレイモデルには3D Touchもデュアルカメラもなく、アルミフレームだという。(2018/1/24)

開発陣に聞く「AQUOS R compact」(前編):
画面の切り欠きは「意外と気にならない」 シャープがAQUOS R compactに施した工夫
シャープの「AQUOS R compact」は、3辺狭額縁の丸みを帯びたボディーが特徴。なぜこの形状を採用したのか。インカメラをディスプレイの中に搭載した理由は?(2018/1/24)

ニコ生で「てさぐれ!部活もの」シリーズ一挙 たつき監督が「けもフレ」の前に関わった作品
さぁカメラが下からグイッとパンしてタイトルロゴがドーン!(2018/1/23)

頂上に残された80人は救助:
草津白根山の噴火の瞬間、Webカメラがとらえる 噴石・降灰に注意
群馬県の草津白根山で噴火が発生。気象庁は午前11時50分に噴火警戒レベルを「3(入山規制)」とし、注意を呼びかけている。雪崩の影響で死者も発生したという。(2018/1/23)

OPPO、日本スマホ市場に参入 2000万画素のカメラ特化モデル投入
OPPO Japanが日本のスマートフォン市場に参入する。第1弾はAndroidスマートフォン「R11s」。(2018/1/22)

AR+スマホのビデオカメラで自分に合った眉毛を試せるWebアプリ登場
米コスメメーカーBenefit CosmeticsのWebサイトで、スマートフォンのカメラで映している自分の顔にARで眉毛を重ね、似合う形を試せる「Brow Try-On」サービスが始まった。(2018/1/22)

自動運転技術:
あなたがまだ感じていない眠気を見抜くカメラ、視線の方向は1度単位で検知
オムロンは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2018」において、ドライバーの視線の方向や眠気を高精度に検出する単眼赤外線カメラの技術を披露した。(2018/1/22)

動画撮影スタイルが特徴的 AV連携機能が充実した「FOMA P900iV」(懐かしのケータイ)
ヒンジ近くの側面にカメラを備え、独特の撮影スタイルが特徴のP900iV。動画撮影機能が強化されているほか、テレビへの動画出力機能を備えるなど、AV機器との連携機能が多数盛り込まれたケータイでした。(2018/1/20)

自動運転EXPO:
高性能PCいらない自動運転向けステレオカメラ スバル「アイサイト」を生んだ会社が開発
ステレオカメラを使った距離計測や形状認識に、高性能PCを不要とする製品が登場した。開発したのは、スバル「アイサイト」を発明した実吉敬二さんの会社だ。(2018/1/19)

FAニュース:
低放射率物体の温度分布を正確に計測できる赤外線サーモグラフィーカメラ
日本アビオニクスは、赤外線サーモグラフィーカメラ「InfReC TS300SW」の受注を開始した。赤外線の背景反射の影響を除去することで、これまで難しかった低放射率物体の温度分布を正確に計測できる技術を搭載している。(2018/1/19)

野生動物観察は遠隔カメラで
小型化や低価格化により、野生動物調査へのモーションセンサーカメラの導入が拡大している。(2018/1/18)

100m程度先から早期認識:
三菱電機、電子ミラー向け物体認識技術開発
三菱電機は2018年1月17日、100m程度遠方の物体を早期にカメラで認識できる電子ミラー向けの新たな物体認識技術を開発したと発表した。(2018/1/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。