ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カメラ」最新記事一覧

光学3倍ズームレンズ搭載! カメラ機能が光る「Cyber-shotケータイ W61S」(懐かしのケータイ)
ソニーのデジタルカメラブランド「Cyber-shot」の名を冠する「Cyber-shotケータイ WIN W61S」。イメージセンサー「Exmor」と光学3倍ズームレンズを搭載し、当時としては画期的だった顔検出オートフォーカス(AF)に対応するなど、その名に恥じないデジタルカメラケータイでした。(2017/9/23)

iOS 11のカメラ保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法
Windows、Androidだけでなく現在のmacOSとも互換性がない静止画「HEIF」と動画「HEVC」がiOS 11の標準フォーマットとなった。変換して転送は可能だが、互換性を持ったフォーマットで保存するやり方もある。(2017/9/21)

Alphabet傘下のNest、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」を499ドルで発売へ
Googleが2014年に買収し、現在Alphabet傘下にあるNestが、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」と屋外監視カメラ「Nest Cam IQ Outdoor」を11月に発売する。2018年にはカメラ付き呼び鈴「Nest Hello」も発売する。(2017/9/21)

スマホで撮影するだけで豚の体重が分かる 養豚農家を支援するサービス登場
伊藤忠飼料とNTTテクノクロスは、スマホのカメラで豚を撮影するだけで推測重量を画面に表示する「デジタル目勘」を開発した。(2017/9/21)

自動運転技術:
ステレオカメラ5個で秋田の豪雪に挑む、リコーとAZAPAが自動運転の公道実験
リコーとAZAPAは、秋田県仙北市でレベル3の自動運転の共同実験を開始する。リコー製のステレオカメラとライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)に、経路生成や回避行動などAZAPAの制御技術を組み合わせて、自動運転車の課題抽出と技術的な解決に取り組む。(2017/9/21)

PS VR値下げ Camera同梱版が4万4980円に
PS VRが実質値下げ。カメラ同梱版が4万4980円になる。【訂正】(2017/9/20)

「安心感」と「先進性」が同居 iPhone 8/8 Plusは過去10年の集大成だ
「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」はれまでのiPhoneからデザインを変え、背面にガラスを採用。Appleが独自に開発したプロセッサ「A11 Bionic」を搭載し、カメラのセンサーも刷新した。そんなiPhone 8/8 Plusの実力を徹底検証したい。(2017/9/19)

猫背を3秒で判定――3Dセンサーで立ち姿勢を測定するNECの新技術
NECソリューションイノベータが、カメラの前に3秒静止するだけで身体の前面と側面を測定し、体のゆがみを可視化する「NEC 立ち姿勢判別システム」を発表した。(2017/9/19)

「Xperia」採用のバッテリー技術も搭載
徹底レビュー:6型軽量スマホ「LG V30」、韓国LGが自慢するデュアルカメラの実力は?
LG Electronicsの新型フラグシップモデル「LG V30」は、スマートフォンに求められるニーズに十分に応える機能や性能を備える。ハンズオンレビューでその実力を探る。(2017/9/16)

ZenFone 4シリーズが日本に 4/4 Selfie Proが9月23日、4 Proが10月下旬発売
ASUS JAPANが、ZenFone 4シリーズ3機種を日本で発売する。ラインアップは「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」の3機種。全機種デュアルカメラを搭載している。(2017/9/15)

Polaroidカメラ向けフィルム復活、新アナログカメラ「OneStep 2」発売へ
Polaroidのインスタントフィルム復活を目指して2008年に結成されたImpossible Projectが新生Polaroid Originalsとして旧モデル向けフィルムの発売と、新アナログカメラ「OneStep 2」の予約受付を開始した。(2017/9/14)

Windows 10、秋の更新でアプリインストール時の情報アクセス通知厳格化
Windows Storeからダウンロードするアプリは現在、位置情報を収集する場合のみインストール時に通知が表示されるが、10月17日の「Fall Creators Update」以降は、カメラ、マイク、連絡先、予定表にアクセスする場合も事前に通知が表示されるようになる。(2017/9/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
“ニセ戦場カメラマン”が世界のメディアをだますことができた理由
大手メディアに写真を掲載する「戦場フォトグラファー」のエドゥアルド・マルティンス。実は名前から職業まで全て捏造だったのである。この事件は、世界中のプロのフォトグラフィー業界が現在抱えている問題を浮き彫りにしたといえる。(2017/9/14)

iPhone 8/8 Plus/Xのカメラは何が変わったのか
新しく発表された3つのiPhone。画素数はiPhone 7/7 Plusから変わっていないが、新iPhoneのカメラは進化している。iPhone 8/8 PlusとiPhone Xの違いにも触れたい。(2017/9/13)

スマホ、車載など用途が拡大:
CMOS/CCDカメラ市場、2020年に52億台超
CMOS/CCDカメラの世界市場は、2020年には52億台を上回る見通しだ。その用途はスマートフォンに加え、車載向けなど産業分野にも市場が広がる。(2017/9/13)

全天球で遊ぶカメラ「Insta360 ONE」でいろいろ撮ってみた
リコーの「THETA」に強力なライバル出現である。全天球カメラ「Insta360 ONE」で静止画から動画といろいろ遊んでみよう。(2017/9/12)

ルネサス RAA462113FYL:
月明かりでもフルカラー撮影、4K対応の800万画素ハイエンドCOMS
ルネサスがネットワーク監視カメラ向け4K対応CMOSセンサー「RAA462113FYL」のサンプル出荷を開始した。800万画素を超えるハイエンド製品で、AFやHDRなどの機能を有したモジュールも後日提供する。(2017/9/12)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

工場ニュース:
キヤノンが宮崎県に新たなデジカメ生産拠点を建設、自動化技術をさらに強化
キヤノンは宮崎県児湯郡高鍋町にデジタルカメラの新たな生産拠点を建設することを決定した。操業開始は2019年8月を予定する。(2017/9/11)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(2):
ネットワークカメラ、はじめまして
最新のIoT機器は双方向通話ができる???――情報セキュリティの啓蒙を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第2列車は、すご腕SE「山家宏佳(やまがひろか)」と、すごくないCIO「中舟生(なかふにゅう)」さんの登場です。(2017/9/11)

石野純也のMobile Eye:
「18:9ディスプレイ」「デュアルカメラ」「AI対応チップ」 IFA 2017で見えたトレンド
IFAは年末商戦から春商戦までを占ううえで、欠かせない展示会だ。このIFAで見えてきた、スマートフォンの最新トレンドをまとめた。日本市場への影響も合わせて考察していこう。(2017/9/10)

東洋ビジネスエンジニアリング mcframe MOTION VR-learning:
視線追跡機能付きHMDと360度カメラによるVR学習システムで技術伝承を支援
東洋ビジネスエンジニアリングは、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイと360度カメラを利用した、VR学習システム「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始した。(2017/9/8)

3秒動画が撮れるポラロイド風インスタントカメラを自作した猛者 3DプリンタデータをWeb上で公開
普通にほしい。(2017/9/9)

PCとつないでカメラをRAW現像マシンにする「FUJIFILM X RAW STUDIO」無償提供
富士フイルムが、同社のGFXとXシリーズで使用できるPC向けRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」を開発したことを発表した。RAW現像の演算にカメラの画像処理エンジンを使用する。(2017/9/7)

電源を切ってもスマホに写真転送できる富士フイルムのミラーレス「X-E3」
富士フイルムが、FUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E3」を発表した。等倍マクロ撮影が可能なXFレンズの新製品「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」も合わせて発表。(2017/9/7)

Xiaomi、Googleと提携の「Android One」端末「Mi A1」発売
中国XiaomiがGoogleの「Android One」パートナーに加わり、対応端末「Mi A1」を発表した。5.5型で光学ズーム可能なデュアルカメラ、3080mAhのバッテリーを搭載する。インドでの販売価格は1万4999ルピー(約2万5000円)。(2017/9/6)

「現像」は「プリント」のことじゃない
よく「デジカメの写真を現像する」という言葉を見聞きする。何のことかと文脈を読むと、どうも「写真をプリントすること」を「現像する」と称しているらしい。そこで今回は、フィルムカメラ時代の呪いによる言葉の混乱の話をしたい。(2017/9/5)

フラッシュの光に反応する特殊広告:
NTTドコモ、世界初の「スマホ花火大会」開催 渋谷駅で
NTTドコモが東京・渋谷駅で「スマホ花火大会」を開催。黒地のポスターをフラッシュ撮影すると、特殊印刷された花火の様子がカメラに表示される。「“撮っておきの思い出づくり”を応援する」という。(2017/9/4)

思い込みより「まずやってみる」 Pokemon GO開発者が語った“反省”
Pokemon GOは開発当初、「カメラとジャイロだけでは上手くいかない」と考え、ストリートビューを活用しようとしていたという。(2017/9/4)

LGの新フラグシップ「V30」は“6型で最軽量”のOLED狭額縁端末
LG Electronicsが新フラッグシップ「V30」を発表した。狭額縁の角丸OELDディスプレイは6型だがV20より数mm小さくなり、このサイズでは“最軽量”としている。デュアルのアウトカメラはスマートフォンとして最も明るいF1.6レンズを採用した。(2017/9/3)

ソニエリ初のFOMA「SO902i」はストレート型ボディ(懐かしのケータイ)
ソニー・エリクソン初のFOMA端末「SO902i」は、同社初の300万画素を超えるカメラの搭載、Symbian OSの採用、FOMA 90xiシリーズ初のストレートボディー採用など、“初モノづくし”のケータイでした。(2017/9/3)

シャッター速度約4段分の手ブレ補正、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」発売
オリンパスが5軸手ブレ補正機能を搭載したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark III」を発表した。ブラックとシルバーの2色を9月15日に発売する。(2017/9/1)

IFA 2017:
Alexaや防水に対応、デュアルカメラ搭載 Motororaの新スマホ「Moto X4」
LenovoがMotororaの新型スマートフォン「Moto X4」を発表。Motororaスマホとして、Amazonの音声アシスタント機能「Alexa」に初めて対応。背面にはデュアルカメラを搭載している。(2017/9/1)

サンコー、Android/PC両対応の内視鏡ケーブルを発売
サンコーは、AndroidスマホとPC両方に対応した内視鏡ケーブルを発売。カメラの先端は5.5mmで、明るさを3段階調整できる6つのLEDライトを搭載。2mのケーブルは形状記憶タイプのため自由に角度を変更でき、3種類のアダプタが付属する。(2017/9/1)

小さくて防水で頑丈なデジカメ、ソニー「RX0」
ソニーは8月31日、「IFA 2017」開幕前日のぷれすカンファレンスで“サイバーショット”「RX」シリーズの新製品となる新コンセプトの小型カメラ「RX0」を発表した。(2017/8/31)

ソフトバンク、3カ国語表示に対応したプリペイドスマホ「Libero 2」9月8日に発売
ソフトバンクは、基本使用料無料のプリペイド式「シンプルスタイル」向けにZTE製スマートフォン「Libero 2」を発売。3カ国語表示に対応し、約5.0型のTFT液晶や約800万画素のカメラなどを搭載している。(2017/8/31)

一般拡販をスタート:
ルネサス、監視カメラ向けイメージセンサー参入
ルネサス エレクトロニクスが、これまでは特定顧客向けに販売していたCMOSイメージセンサー製品の一般向け販売を開始する。一般販売を行うのは、既に量産中の212万画素CMOSイメージセンサーと、848万画素CMOSイメージセンサーである。(2017/8/31)

絶滅危惧種のネコ科動物「オセロット」を捉えた映像が公開 カメラに興味津々のあまりお顔がどアップに
カメラ目線がかわいいオセロットさんです。(2017/8/31)

熱を視覚化できるサーマルカメラを搭載したタフネスSIMフリースマホ「CAT S60」が日本上陸 10月下旬発売へ
オンキヨーが、CATブランドのSIMロックフリースマートフォン「S60」を発売する。厳しい環境下でも使用できる「MIL-STD-810G(MIL規格)」や防水・防塵規格「IP68」に準拠し、ディスプレイには強化ガラス「Gorilla Glass 4」を採用している。熱を視覚化できるサーマルイメージングカメラを搭載ししていることも大きな特徴だ。(2017/8/30)

iPhoneを振り返る:3D Touchに対応した「iPhone 6s/6s Plus」、4型の新モデル「iPhone SE」
2015年に発売された「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は、iPhone 6/6 Plusと同じデザインを採用。ボディーの強度が高くなり、プロセッサやカメラが一新された。2016年3月には4型の新モデル「iPhone SE」も発売された。(2017/8/30)

iPhone対応で“バレットタイム”が撮れるカメラ「Insta360 ONE」 意外な撮影方法とは?
360度全天球カメラで撮れる映像もここまで来た。「Insta360 ONE」では、あのバレットタイムをはじめ、360度撮影後の動画から自由なカメラワークの切り出し、被写体の自動追尾など、手軽に高度な映像表現が楽しめる。(2017/8/30)

海洋研究開発機構、深海8178メートルの魚類を4Kカメラで撮影 世界最深記録を塗り変える
魚類が生息できるとされる水深ギリギリの地点。(2017/8/25)

地図を作って賢く掃除する新型“ルーロ”「MC-RS800」登場――掃除の時間は半分に
パナソニックは、ロボット掃除機“RULO”(ルーロ)の新製品「MC-RS800」を発売する。同社として初めてカメラとSLAMを搭載した。(2017/8/24)

goo Simseller、ダブルレンズカメラ搭載&DSDS対応スマホ「FR7101AK」発売
通販サイト「goo Simseller」が、FRONTIER製Androidスマートフォン「FR7101AK」の販売を開始した。一眼レフのような写真を撮れるダブルレンズカメラを搭載し、デュアルSIM/デュアルスタンバイ(DSDS)に対応する。(2017/8/24)

デザイン、カメラ、Sペン――「Galaxy Note8」の見どころを速攻チェック!
Samsungが手掛けるNoteシリーズのフラグシップモデル「Galaxy Note8」が発表された。写真で見どころをチェックしていこう。特にデザイン、カメラ、Sペンを中心に見た。(2017/8/24)

「Galaxy Note8」発表 6.3型曲面ディスプレイ、デュアルカメラを搭載 Sペンの機能も拡張
Samsungが米ニューヨークで「Galaxy Note8」を発表。Galaxy Note7からSペンの機能を継承しつつ、新たにデュアルカメラに対応したのが大きな特徴。6.3型のInfinity Displayを搭載する。(2017/8/24)

FAニュース:
「世界初」のカメラ脱着型サーモグラフィ、50万円以下の普及価格帯で発売へ
日本アビオニクスは、普及価格帯のサーモグラフィカメラの新製品「Thermo FLEX F50」を発表した。スマートフォン型の本体コントローラーとカメラヘッドを脱着できる「世界初」(同社)の構造が最大の特徴で、価格(税別)は最も安価なベーシックモデルで45万円から。(2017/8/24)

製造ITニュース:
熟練技術者の視線を可視化し、教材に活用するVR学習システム
東洋ビジネスエンジニアリングは、VR学習システム「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始した。ヘッドマウントディスプレイと360度カメラを利用して、仮想空間上に熟練技術者のノウハウを活用した教材を作成し、学習できる。(2017/8/23)

リンクス Basler ace L/Uシリーズ:
ソニー製センサーを搭載した産業用カメラの新モデル20機種を国内販売
リンクスは、ソニー製IMXセンサーを搭載したBaslerの産業用カメラ「ace」の新モデル20機種の国内販売を2017年8月から開始する。(2017/8/21)

リビングのセキュリティカメラに謎のニンジャ? 子どもが録画を止めようと必死の隠密任務
バッチリ映ってしまった怪しい人影。(2017/8/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。