ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カメラ」最新記事一覧

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(7月14日〜7月20日):
F2.8通しの標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/26)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月14日〜7月20日):
キヤノン「EOS-1D X」が首位を継続 11週連続でランクイン中
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。キヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/26)

アスペクト比16:9で複数車線も1台で:
暗闇も対応の交通監視用高感度CCDセンサー
シャープは2016年7月、交通監視用カメラ向けに高感度を特長にした800万画素クラスのCCDイメージセンサーを開発した。(2016/7/26)

シナノケンシ PLEXLOGGER:
サーモグラフィとの切り替えが可能な波形同期型ハイスピードカメラ
シナノケンシは、波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER」の最新モデル「PL3」に、ハイスピードカメラとサーモグラフィとの切り替えが可能なマルチカメラ機能を搭載した。(2016/7/26)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ 特別編:
PR:新型「AQUOS」で猫を撮りまくってみた
外猫との偶然の出会いをさっと生かすのに向いているのがスマホのカメラ。シャープの新型フラグシップスマホ「AQUOS ZETA」「AQUOS SERIE」「AQUOS Xx3」を持って猫と出会ってきた。(2016/7/26)

うちの猫をInstagramで人気者にしたい……! プロカメラマンが教える簡単「ニャンスタグラム」テクニック公開
「猫と楽しむニャンスタグラムのすすめ」著者の浜村菜月さんに、Instagramにかわいい猫写真を投稿するための5つのテクニックを聞きました。(2016/7/23)

新しい仲間かニャ? 外出先からスマホで操作できる移動式の留守番カメラが登場!
双方向通話も可能。(2016/7/20)

中古交換レンズ販売ランキング キヤノン編(7月7日〜7月13日):
安価な標準域の単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」が首位を獲得
 マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はキヤノンのEF/EF-S/EF-Mレンズのランキングをお届けする。(2016/7/20)

中古デジタルカメラ販売ランキング(7月7日〜7月13日):
在庫潤沢なキヤノン「EOS-1D X」が首位 ミラーレス、コンデジ勢の巻き返しも
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。中古市場に在庫が潤沢なキヤノンの旧フラグシップ機「EOS-1D X」が首位を獲得した。(2016/7/20)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
「ハルスコープ」をカメラに貼って被写体にグイッと迫ってみよう
iPhoneには、カメラ用の外付けレンズがたくさんある。今回はコンパクトで脱着が容易なマクロレンズ「ハルスコープ」をご紹介する。(2016/7/19)

プロ棋士が体張りすぎだろ! カメラを意識しすぎる将棋棋士・ハッシーが世界初の将棋バラエティ番組「橋本道場」スタート
「グラビアアイドルの胸をチラ見したら駒没収」など異色の将棋対決を展開。(2016/7/19)

iPhone 7はヘッドフォン端子を廃止!? 中国のSNSで新たな画像が流出
カメラレンズの拡大や「Pro」モデルの存在をほのめかす画像も。(2016/7/19)

もしも飛行中に突然、グライダーがコントロールを失ったら…… 絶望的状況から見事生還、カメラが捉えた一部始終
恐怖の瞬間、コントロールを失ったグライダーが見た風景とは?(2016/7/18)

ウインクするだけですぐ撮影 メガネに付けるウェアラブルカメラがクラウドファンディングで先行発売中
すでに目標金額を超え、556%達成しています。(2016/7/16)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
キレイにサクサク気持ち良く撮れる――「HUAWEI P9」のカメラを試す
Huaweiの「HUAWEI P9」は、ライカと共同開発した1200万画素のデュアルカメラが大きな特徴。いろいろ試してみよう。(2016/7/15)

沢尻エリカ、生脚を自然かつ大胆に披露 浴衣でうっとりカメラ目線も投げかけ視聴者を完全悩殺
参りましたァ!(2016/7/15)

盗撮目的でカメラを向けることを規制―― 滋賀の条例改正案に「”盗撮目的”の判断はどうやって?」などの声
ポケモンGOができなくなるのでは? との意見も。(2016/7/15)

ウインクで写真が撮れる眼鏡装着カメラ「BLINCAM」販売へ
まばたきをすると、視界を撮影できる眼鏡着脱式のウェアラブルカメラ「BLINCAM」の先行販売が、クラウドファンディングサイトでスタート。(2016/7/15)

DJI、ドローン用光学3.5倍ズームカメラ「Zenmuse Z3」
DJI Japanは、DJIのドローンに搭載可能なズームカメラ「Zenmuse Z3」を発表した。販売予定価格は9万8900円(税別)。(2016/7/15)

FAニュース:
波形同期型ハイスピードカメラにサーモグラフィ機能を搭載
シナノケンシは、波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER PL3」に、ハイスピードカメラとサーモグラフィとの切り替えが可能なマルチカメラ機能を搭載した。(2016/7/15)

サムスン、4K撮影もできる全天球カメラ「Gear 360」を7月15日発売 実売価格は4万円台後半
2016年2月にグローバル発表された全天球カメラ「Gear 360」が、いよいよ日本でも登場する。4K相当の解像度で360度動画を撮影できることが最大の特徴だ。(2016/7/14)

4K動画が撮れる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」7月15日発売
サムスン電子ジャパンが、360度の写真や動画を撮れる「Galaxy Gear 360」を7月15日に発売。Galaxy端末やHMD「Gear VR」で撮影したコンテンツを視聴できる。(2016/7/14)

アイ・オー、Samsung製360度撮影カメラ「Gear 360」の取り扱いを開始
アイ・オー・データ機器は、Samsung製となる“360度撮影”対応Webカメラ「Gear 360」の取り扱いを発表した。(2016/7/14)

Googleストリートビューのないフェロー諸島、“羊”載カメラで「シープビュー」撮影
背中に360度カメラを載せてお散歩。(2016/7/13)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月30日〜7月6日):
キヤノン「EOS 7D Mark II」が首位続投
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が2週連続首位を維持。2位にはキヤノン「EOS 5D Mark III」が続く。(2016/7/13)

「iPhone 7」(仮)の新たなリーク画像 “背面アンテナバンドなし”を裏付け?
「iPhone 7」(仮)の背面画像だとするかなり鮮明な写真がWeiboに投稿された。アンテナバンドがなく、カメラがiPhone 6sより大きい。(2016/7/12)

自動運転車にはカメラだけでは不十分 独ZFトップが指摘
自動運転車の高速走行時の安全性を確保するためには複数の検知システムが必要であり、LIDARもその1つだと独部品メーカートップは指摘した。(ロイター)(2016/7/11)

UFOか!? ポポカテペトル火山の赤外線カメラが正体不明の発光浮遊物体を撮影
UFOの秘密基地とも呼ばれているポポカテペトル火山で謎の現象!(2016/7/9)

Webサイトギャラリー:
あなたの笑顔は何点? ジョンソン「スマイル診断」で計測してみよう
ジョンソン「スマイル診断カメラ」が8月末まで公開中。子供の外遊びを応援しています。(2016/7/9)

D-Link製の防犯カメラに脆弱性、無防備さの筆頭は日本
D-Link製の防犯カメラやルータに深刻な脆弱性が報告された。Shodanで検索したところ、特に日本は無防備な状態のカメラが最も多かったという。(2016/7/8)

スマホカメラの画質比較調査、最も評価されたのは「Galaxy S7 edge」
MMDLaboは、スマートフォンカメラの利用に関する調査第2弾「スマートフォンカメラの画質比較調査」を実施。最も評価された端末は「Galaxy S7 edge」だった。(2016/7/7)

ネットギア、屋外対応ネットワークカメラ“ARLO”にカメラ3台セットモデルを追加
ネットギアは、同社製となる防滴機能搭載ネットワークカメラ“ARLO”のラインアップにカメラ3台セットモデルを追加した。(2016/7/7)

3900万画素相当のセンサーで切り取る光景――「SIGMA sd Quattro」の魅力
あるがままの光を捉える、3900万画素相当の「Foveon X3 Quattro」センサーを搭載したミラーレス一眼「SIGMA sd Quattro」とはどんなカメラなのか。Foveon X3と豊富なシグマの高性能レンズの組み合わせは、ユーザーの新しい目となるに違いない。(2016/7/7)

カメラでフラッシュをたくと顔が写らなくなる「アンチパパラッチスカーフ」登場 反射で周りが真っ暗に
ほかに「スマホケース」「ネクタイ」なんかもあります。(2016/7/6)

抜きな!どっちが素早いか試してみようぜ:
ワンタッチで着脱可能なベルト用カメラホルダー
上海問屋が、 ワンタッチで着脱可能なベルト用カメラホルダーを発売した。価格は1299円。(2016/7/5)

圧倒的躍動感! 猫がカメラに向かって完璧なライダーキックを放つド迫力写真が激写される
ライニャーキック!(2016/7/5)

さまざまな臆測が飛び交う:
「iPhone 7」の写真が流出、カメラ性能が向上か
例年通りのことではあるが、Appleの次世代「iPhone」と思われる画像が流出している。それによれば「iPhone 7」(仮称)ではカメラ性能が向上すると推測されている。(2016/7/5)

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(6月23日〜6月29日):
標準画角の単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/5)

中古デジタルカメラ販売ランキング(6月23日〜6月29日):
1位はキヤノン「EOS 7D Mark II」、2位にはニコン「D7000」 APS-Cサイズの人気機種がワンツーフィニッシュ
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。継続的にランクインしているキヤノンの「EOS 7D Mark II」が首位を獲得。2位はニコンの「D7000」が獲得した。(2016/7/5)

リンクス Basler:
幅広い分野で利用可能な顕微鏡・マイクロスコープ用カメラパッケージ
リンクスは、顕微鏡・マイクロスコープ用のカメラパッケージ「Basler 顕微鏡用PowerPack」を発表した。(2016/7/5)

片手で持てる中判カメラ:
ハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の実機を写真でチェック
(2016/7/2)

試合が頭に入ってこねえ! 野球観戦中にずーっとカメラ目線を絶やさない少年がジワジワくると人気に
こ、こっち見んな!(2016/7/1)

沼津港深海水族館が”メンダコ”展示の世界記録更新中 カメラを向け続けると死ぬくらい繊細、記録更新の秘訣は?
苦労が実を結んだ。(2016/7/1)

CTC Calibir 640/Genie Nano/Lineaシリーズ:
産業用高性能カメラのラインアップを拡充し、IoT関連ソリューションを強化
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、Teledyne DALSAの産業用高性能カメラの取り扱いを開始。データの取り込みから解析までを含めたシステム連携によるIoTソリューションの提供を行うと発表した。(2016/7/1)

ITライフch:
デザイン、カメラ、オーディオ、そしてパフォーマンスも10点満点を目指したフラグシップスマホ「HTC 10」
HTC NIPPONがau 2016年夏モデルとして発売するフラグシップスマホ「HTC 10 HTV32」。HTC NIPPON 代表取締役社長の玉野浩氏が、製品名に込めた思いや、キーポイントを解説した。(2016/7/1)

「撮りたい」の一瞬を逃さない ウインクで世界を切り取るウェアラブルカメラ「Blincam」
撮りたい! の瞬間を逃さない――ウインクで視界を撮影するウェアラブルカメラ「Blincam」。日本発のスタートアップが開発する“ありそうでなかった”IoT製品として、国外のイベントでも話題を集めている。(2016/6/30)

Googleの機械学習を組み込み機器に展開、CEVAの第2世代ニューラルネットワーク
CEVAがマシンラーニング向けフレームワーク「CDNN」の第2世代製品「CDNN2」を発表した。ADASや監視カメラ、ドローン、ロボットなどでGoogleの「TensorFlow」を利用できる。(2016/6/29)

トルコの国際空港で自爆テロか 死者は30人超、ネットには爆発時の様子も
SNSには監視カメラの映像とみられるものも投稿されている。(2016/6/29)

防犯カメラがDDoS攻撃、無防備なIoTデバイスに警鐘も
防犯カメラのみで形成するボットネットから大規模なDDoS攻撃が仕掛けられる事件が発生した。(2016/6/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「Galaxy S7 edge」のカメラを強化する純正レンズカバーが便利
海外では各スマートフォンメーカーがさまざまな純正アクセサリーを販売しています。でも日本ではなかなかそれらは販売されません。今回は海外で発売中のGalaxy S7 edge用の純正カメラレンズセットを入手して使ってみました。(2016/6/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。