ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アクションカム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクションカム」に関する情報が集まったページです。

カシオがもたらしたデジカメの歴史を振り返る
2018年5月9日。カシオ計算機がコンパクトデジカメからの撤退を発表し、多くのカメラファンに衝撃を与えた。そんなカシオの歴史を振り返りつつ、哀しんでみたい。(2018/5/19)

コラム:
カシオのデジカメ撤退に見る、製造業におけるイノベーションの難しさ
カシオ計算機がデジカメ事業からの撤退を発表しました。QV-10で「撮った写真をその場で見られる」革新を起こしたメーカーは、コンパクトデジカメの市場縮小もあって退席することになりましたが、他の製造業においてもこの出来事は無関係とは言いきれません。(2018/5/11)

オンセミ AR0221:
4.2μm裏面照射ピクセルCMOSイメージセンサー
オン・セミコンダクターは、1/1.7型、2.1Mピクセルの高感度CMOSイメージセンサー「AR0221」を発表した。4.2μm裏面照射(BSI)ピクセルの低照度と、優れたSN比性能で産業用途に適している。(2018/4/23)

GoPro買収をXiaomiが検討か?──Bloomberg報道
アクションカメラで一世を風靡したGoProの買収を、中国のスマートフォンメーカーXiaomiが検討中とBloombergが報じた。(2018/4/13)

Mobile Weekly Top10:
ケータイを手放せない理由/楽天が携帯キャリアに
携帯電話の多くがスマートフォンになった昨今。それでも従来のフィーチャーフォン(ケータイ)を使い続ける人が少なからずいます。その背景には何があるのでしょうか。(2018/4/9)

カメラ音痴にこそ使ってほしい 360度全天球カメラのGoPro「FUSION」レビュー
GoProの全天球カメラ「FUSION」が4月2日に発売されました。FUSIONは360度のビデオや写真を5.2Kの高画質で撮影でき、VR動画から通常の画角の動画として切り出せる機能もあります。早速使ってみたので、使用感をレポートします。(2018/4/3)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
【お知らせ】ネットワーク管理に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先でのネットワークに関する製品・サービスの導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/3/29)

VRやARが体験できる法人向け施設「もぐラボ」 ビジネス相談受け付け Moguraが開設
VRベンチャーのMoguraが、VRやARビジネスに関する相談を受け付ける体験型ショールームを社内に開設した。(2018/3/16)

外国人YouTuberが寿司レーンにGoPro載せ店内撮影 スシロー「法的措置含め検討」
「スシロー」店舗で、外国人YouTuberが「GoPro」を回転レーンに載せて店内を撮影した動画がYouTubeで公開されていたことについて、あきんどスシローは、「法的措置を含めた厳格な対応を検討する」とのコメントを出した。(2018/3/16)

許可なく「GoPro」で店内撮影:
スシロー、外国人YouTuberの“迷惑動画”に声明文 「法的措置を検討」
あきんどスシローが、外国人YouTuberが無断で店内を撮影し、YouTubeに動画をアップした問題について声明文を発表。「当社が撮影ならびに撮影許可したものではございません」という。現在警察に相談しており、法的措置も辞さないという。(2018/3/15)

絶景スポット・ナイトプールなどに:
「インスタ映え」意識する30〜40代が増加 20代よりも出費
20代よりも30〜40代のほうが、「インスタ映え」のためにお金を使う人が多いようだ――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2018/3/9)

「七輪焼肉安安」でYouTuberを対象にした応援キャンペーン 1000円で全品食べ放題
対象はチャンネル登録者数100人以上のYouTuberとその同伴者5人。(2018/2/14)

コラム:
問われるaiboの次、ソニーは「エモい会社」に返り咲けるか
犬型ロボット「アイボ」が12年ぶりの復活を遂げた。2000年代半ばの業績低迷と先代の生産中止、そして昨今の業績回復と新アイボ登場と、ソニーとアイボには因縁めいた関係があるように見えてしまう。新アイボはソニーの「次」にどんな影響を及ぼすか。(2018/1/24)

東京オートサロン2018:
神様ケン・ブロック選手のとなりに乗って異次元のドリフト世界へ行ってみた
たぶん世界一ぶっ飛べる、それでいて安全な絶叫マシン。(写真170枚)(2018/1/17)

ラスベガスの空に250の光が舞う Intelのドローンライトショーがすごい
消えることのない花火。(2018/1/11)

GoPro、ドローン事業から撤退
発売早々に飛行中の電源喪失問題に直面し、ライバルのDJIに完敗したGoPro Karma。ついにその時が来た。(2018/1/9)

カモメがカメラを持っていったら……絶景が撮れました!?
一流のカメラマンです。(2017/12/17)

色を音に変換 色覚障害の男性、頭蓋骨に“アンテナ”付け音楽奏でる
色覚障害があるニール・ハービソン氏が初来日。新たなアートの可能性を提示した。(2017/12/15)

新連載! 茂田カツノリの「ギークシティ深センの遊び方」:
世界最大の電気街、深セン「華強北」とっておきガイド
ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。第1回は、世界一の華強北電気街攻略法。(2017/12/7)

冬ボで買いたい4Kテレビ&Apple TV 4K
人によっては最強の「孫コンテンツ再生機」【訂正あり】(2017/12/1)

飛び回る蜂の大群 巨大なハチの巣を除去する動画が恐ろしい
いやホント、どうしてこうなったの!?(2017/11/26)

ソシオネクスト GP1:
GoPro最新機のプロセッサ、ソシオネクストが共同開発
ソシオネクストはGoProと共同で、「Milbeaut」の技術を基に、GoProの最新カメラ「HERO6 Black」に搭載されるイメージシグナルプロセッサ「GP1」を開発した。(2017/10/31)

組み込み採用事例:
GoProのアクションカメラ「HERO6 Black」採用のイメージシグナルプロセッサ
ソシオネクストはGoProと共同で、「Milbeaut」の技術を基に、GoProの最新カメラ「HERO6 Black」に搭載されるイメージシグナルプロセッサ「GP1」を開発した。(2017/10/23)

トランセンド、耐衝撃設計の防犯用ウェアラブルカメラ
トランセンドジャパンは、作業員/警備員などの利用を想定した防犯用ウェアラブルカメラ「DrivePro Body 30」の国内販売を開始する。(2017/10/19)

CEATEC ソシオネクスト:
8K普及へ電子看板向けにメディアプレーヤー展開
ソシオネクストは2017年10月3〜6日の会期で開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2017」で、デジタルサイネージ向けに8K対応デコードLSIの応用提案を行っている。(2017/10/5)

メディア対抗の4時間耐久レースに「Google スプレッドシート」で挑む ラスト1周でまさかの……
マツダが協賛する「第28回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に、ITmedia×MONOistチームが参戦。作戦は「Google スプレッドシート」にあり……?(2017/9/30)

GoPro、独自開発「GP1」プロセッサ搭載の「HERO6 Black」、5万9000円で発売
GoProの新アクションカメラ「HERO6 Black」は、独自開発の新プロセッサ「GP1」搭載で4K/60fpsの滑らかな動画撮影が可能で価格は5万9000円。(2017/9/29)

GoPro、5.2Kの360度VR動画カメラ「Fusion」を8万5000円で発売へ
GoProが、4月に予告していた360度動画カメラ「Fusion」を11月に発売すると発表した。5.2K/30fpsの360度動画を“ジンバルを使っているような”滑らかさで撮影できるという。日本での販売価格は8万5000円。(2017/9/29)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(18):
ニッポンのお家芸“カメラ”にも押し寄せるスマホ用チップセットの波
リコーの360度全天カメラ「THETA」を取り上げる。2017年9月15日に発売されたばかりの最新モデル「RICOH THETA V」と従来モデルを比較していくと、外観にはさほど違いがないにも関わらず、内部には大きな変化が生じていたのだった――。(2017/9/29)

「マインクラフト」「Halo」「SteamVR」が「Windows MR」にやってくる
MicrosoftのMR(複合現実)プラットフォーム「Windows MR」対応ヘッドセットが年末のホリデーシーズンに4社から発売される。これらのヘッドセットでは、「マインクラフト」「Halo」などのゲームがMRで楽しめる他、ValveのVRプラットフォーム「SteamVR」のコンテンツもプレイできる。(2017/8/29)

ドンキからフルHD対応の格安アクションカム――防水ケースや自撮り棒が付属して4980円
ドン・キホーテのプライベートブランドから「フルHDカメラ」が登場。IPX8相当の防水ケースや自撮り棒など10点ものアクセサリーが付属して4980円。(2017/8/18)

製品分解で探るアジアの新トレンド(19):
“黄金の組み合わせ”が生み出す中国チップセットの新たな芽生え
家庭用ゲーム機や全天球カメラ、IoT(モノのインターネット)機器には、「中国メーカーのプロセッサ+中国メーカーの電源IC」という組み合わせのチップが数多く搭載されている。これは、新しい形態のチップセットの1つといえるだろう。(2017/8/9)

太田智美がなんかやる:
2020年の警備はどうなる? IT機器を装備した警備員がロボットと連携 その取り組みを見てきた
IT機器を装備した警備員を見たことがあるだろうか? 今、警備はここまで進んでいる。(2017/8/1)

ドローンや小型カメラに応用:
360度全天球カメラ向けのイメージシグナルプロセッサ
ソシオネクストは、360度全天球カメラ装置向けに、イメージシグナルプロセッサ「Milbeaut」シリーズを用いた2種類のソリューションを用意し、供給を始めた。(2017/7/21)

「TORQUE G03」に「HELLY HANSEN」コラボモデルが登場 オンラインショップで300台限定
auの京セラ製スマートフォン「TORQUE G03」に、セイリングギアブランド「HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)」とのコラボモデルが登場。auオンラインショップにおいて300台限定で販売する。(2017/7/19)

GoProでワシを撮影するもワシに盗まれるハプニング レアな空撮とワシの自撮りが映る結果に
犯人はワシじゃよ。(2017/7/6)

ITライフch:
ドライブ風景やアクションを撮影・360°VR映像化できる!「d'Action VR」アプリ登場
360度映像を撮影できるダクション360で撮影した画像を、VR化してくれる「d'Action VR」がリリースされた。VRゴーグルにセットすることで、迫力あるVR映像を楽しめる。(2017/7/5)

GPSなし、森の中を迷わず進むドローン NVIDIA、ディープラーニング活用して開発
「GPSがなければ大半のドローンは迷子になるでしょう。でも、こちらのドローンは違います」――GPSなしで森の中の細道を迷わず進めるドローンをNVIDIAが開発した。(2017/6/23)

日本マイクロソフトとパナソニック、パブリックセーフティ分野で協業
日本マイクロソフトとパナソニックは、世界の主要都市での犯罪捜査やテロ、犯罪防止などで実績のある両社の製品をMicrosoft Azure上で連携させ、日本国内向けに提供する。(2017/6/21)

Mobile Weekly Top10:
注目を集める「Xperia XZs」/しっかり考えたい「技適」のこと
3キャリアから「Xperia XZs」が発売されました。売れ行きはおおむね好調だったものの、総合販売ランキングのトップ10入りは逃してしまいました……。(2017/6/5)

「TORQUE G03」があればアクションカメラはもういらない? 最新タフネススマホをじっくりチェック
auの京セラ製タフネススマホの最新モデル「TORQUE G03」が6月下旬以降に発売される。前モデルのG02から何が変わったのか? ファーストインプレッションをお届けしたい。(2017/6/2)

新連載・ゆとり記者が聞く:
「VRが世の中を変えると確信した」 元ネトゲ廃人の公務員がVR専門メディアを立ち上げるまで
異色の経歴を持つVR専門メディア「Mogura VR」の久保田編集長に、VRに傾倒する理由を聞いた。(2017/6/2)

AppleStore限定のカメラ用ジンバル「SPGPlus」、6月16日に一般販売開始
Growは、FeiyuTechのAppleStore限定カメラ用ジンバル「SPGPlus」の取り扱いを開始。価格は3万9800円(税別)で、販売は6月18日から行う。(2017/5/30)

WTP 2017:
現場の興奮や躍動を、遠隔地で即時に体感
パナソニックは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017」内の特設パビリオン「5G Tokyo Bay Summit 2017」において、同社の360度ライブカメラで撮影した映像をヘッドマウントディスプレイで視聴するデモなどを行った。(2017/5/29)

ねっと部:
上場企業社長が突然「YouTuber目指す」 「サトケンTV」オープン
GMOペパボの佐藤健太郎社長が、YouTuberを目指し始めた。(2017/5/25)

動くクルマの中でも通信可能:
8Kサッカー観戦、一瞬で終わるダウンロード KDDIの5G
KDDIが、第5世代移動体通信技術(5G)の実証実験の内容を報道陣向けに公開。実証に成功している「自由視点映像」「VR(仮想現実)」「瞬間ダウンロード」の3機能のデモを披露した。(2017/5/19)

さまざまなIoTデバイスを宿泊中に体験できるスマートホステル「&AND HOSTEL」3号店が上野にオープン
and factoryは、“IoT体験型宿泊施設”をうたったスマートホステル「&AND HOSTEL」の3号店開業を発表した。(2017/5/11)

IoT体験型ホステル「&AND HOSTEL」3号店 5月中旬上野にオープン
スマートフォンを使って最新のIoTデバイスを体験できる宿泊施設「&AND HOSTEL」が東京・上野にオープンする。(2017/5/11)

GoPro、折りたたんで持ち運べる小型ドローン「Karma」の国内販売をアナウンス
GoProは、米国にて販売開始となっている小型ドローン「Karma」の日本国内販売をアナウンスした。(2017/4/26)

Google、プロ向けVRカメラ「YI HALO」貸出プログラム「Jump Start」開始
GoogleのVRコンテンツ作成システム「JUMP」対応カメラを新興企業のYI Technologyが発表した。30fpsの8K×8Kあるいは60fpsの6K×6Kの立体VRコンテンツの撮影が可能で価格は約187万円。Googleはこのカメラを貸し出す「Jump Start」プログラムでクリエイターを募集している。(2017/4/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。