ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「撮影」最新記事一覧

関連キーワード

府中市郷土の森博物館、旧府中尋常高等小学校校舎を当面見学中止に 「無許可の撮影があったため」
平日の2階部分の見学を中止しています。(2016/6/25)

ダイエットサポートアプリ「あすけん」、食事の写真から料理の内容が認識可能に
食事を記録すると栄養士からのアドバイスを受けられる、ダイエットをサポートしてくれるアプリ「あすけん」に、撮影した写真から料理の内容を認識する技術が搭載されます。(2016/6/23)

BIM/CAD:
i-Constructionを後押し、実撮影に基づいた「3D都市モデルデータ」
都市計画に欠かせない事前検証、これまでは模型や図面を元に行われてきたが、ICT(情報通信技術)の活用が不可欠な時代が迫っている。(2016/6/23)

自撮りってレベルじゃない! ドローン撮影で行く世界一周ハネムーンが絶景すぎる
旅行したくなってくる。(2016/6/21)

プロデビューのチャンス!? 週刊ヤングマガジンが8ページの漫画原稿をTwitterで募集
締切は6月27日12時まで。読める状態のデジタルデータであれば、アナログ原稿のスキャンや撮影データでも受け付けるとのこと。(2016/6/21)

コンビニのアイスケースに入って写真撮影 20代の男2人を逮捕
コンビニのアイスケースに横たわって写真を撮影し、商品を汚したとして、福岡県警が20代の男2人を逮捕した。(2016/6/21)

「本番行為がダメだったとは……」AV業界に激震 DMMのグループ企業にも家宅捜索 悪質撮影に国も対応へ
警視庁がAV大手プロダクションの幹部を摘発。“本番行為”の常態化や女性の悪質な勧誘など、さまざまな問題が明らかになりつつある。(2016/6/21)

ドミニカで観光客が撮影のために引き上げたサメが死亡 ホテル従業員も荷担し問題に
ホテル側は「従業員には適正な措置をとる」とコメント。(2016/6/20)

「SASUKE2016」ステージの360度動画が公開 “ミスターSASUKE”山田勝己が撮影しながら攻略法を解説
完全制覇者だけが見られるファイナルステージ頂上からの景色も。(2016/6/20)

上海問屋、久しぶりにこういう商品……来たな!:
ペット写真の撮影にブレイクスルーを起こせるか! 愛犬の正面撮りが捗る「こっち向いてワン」――上海問屋
ドスパラは、カメラ目線で犬の撮影を行うのに便利なスマホ/タブレット装着向けグッズ「こっち向いてワン」の販売を開始した。(2016/6/20)

ソニー、「空間光学手ブレ補正」初搭載の4Kアクションカム
空間光学手ブレ機能を初めて搭載し、激しいブレを抑え動画を撮影できる4Kアクションカム「FDR-X3000R」をソニーが発売へ。(2016/6/20)

“死角”を減らすルームミラー 後方カメラの映像表示 村上開明堂が開発
車内のルームミラーに、車の後方をカメラで撮影した映像を表示するシステムを、村上開明堂が開発した。後方下部や側方などの死角を減らせるという。(2016/6/20)

とんでもない数のカニが大集合……! 毎年恒例の大規模脱皮がオーストラリアで撮影される
多すぎる。(2016/6/17)

お寺の猫たちの日常が1冊に 猫写真エッセイ集「寺ねこDAYS ねこはなやまニャい」が発売
猫がたくさんいるお寺として有名な御誕生寺にて撮影。(2016/6/17)

列車の写真入り記念切手を販売中止 JR東が個人の写真を無断提供
JR東から列車の写真の提供を受けて作った記念切手に、個人が撮影した写真が無断で使われていたとして、日本郵便は切手の販売を中止した。(2016/6/16)

au +1 collectionアクセサリーも順次発売:
au、「Xperia X Performance SOV33」を6月24日発売 一括価格は約9.3万円
au版「Xperia X Performance」の発売日が決定。スリープ状態から最短0.6秒で撮影できるカメラ機能、3波キャリアグリゲーション(3CC CA)対応や米国・韓国でのVoLTE国際ローミング対応が特徴だ。(2016/6/16)

パスワード3回入力ミスで写真を撮影 PCの防犯ソフトからスマホに送られてきた犯人の写真はにゃんと……
カチャカチャカチャ… ッニャーン!(2016/6/13)

PR:夏の本命SIMフリースマホ「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 lite」の魅力を味わい尽くす
この夏、ファーウェイからライカテクノロジーのカメラを搭載した「HUAWEI P9」と、コスパに優れた「HUAWEI P9 lite」が登場する。特にP9はスマホとは思えない高品質な写真を撮影できるのが特徴だ。2機種の魅力をじっくりと見ていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン株式会社)(2016/6/13)

ディズニーランドがドロイドを開発? アメリカのパーク内で動いて話す様子が撮影される
「スター・ウォーズ」のテーマランド完成の前触れか……?(2016/6/10)

Facebook、「360写真」でニュースフィードへの360度画像の投稿を可能に
Facebookが360度動画に続けて360度画像もニュースフィードでサポートした。リコーThetaなどのカメラやスマートフォンのカメラアプリで撮影したパノラマ/360度写真をFacebookに投稿すると自動的に加工され、視点を変えながら見られる写真になる。(2016/6/10)

R25スマホ情報局:
スマホで撮った写真を売れるアプリ
iPhoneで撮影した写真を企業や他のユーザーなどに販売できるアプリ「Snapmart」 1枚100円から売ることができる。(2016/6/10)

「HUAWEI P9」のカメラはどこまでキレイに撮れる?――iPhone 6sと比べてみた
「HUAWEI P9」は、Huaweiとライカが共同で開発した1200万画素のデュアルカメラを搭載している。画質が向上したことはもちろん、画素ピッチが大きくなったことで暗い場所でもより鮮やかに撮影可能になった。iPhone 6sと作例の画質を比較してみた。(2016/6/9)

単眼カメラ画像で距離測定、東芝が開発
東芝が単眼カメラで撮影した1枚の画像から、カラー画像と距離情報を同時に取得できる「カラー開口撮像技術」を開発した。ステレオカメラ(カメラ間距離35cm)と同等の距離精度が得られる。(2016/6/9)

R25スマホ情報局:
「ほぼ日」から犬猫の“住民票アプリ”登場
コピーライターの糸井重里氏のWebサイト「ほぼ日」から、街中で見かけた犬猫を撮影して投稿できるアプリ「ドコノコ」が登場。(2016/6/9)

Google、iPhoneの「Live Photos」を滑らかなループGIFに変換するiOSアプリ「Motion Stills」
Googleが、最新iPhoneで撮影できる“動く写真”「Live Photos」をループGIFアニメに変換するiOSアプリ「Motion Stills」を公開した。手ブレ補正アルゴリズムで、滑らかなGIFに加工できる。(2016/6/8)

自動運転技術:
ドライバーの状態をカメラとAIで把握する車載センサー、オムロンが開発
オムロンは、ドライバーが安全運転に適した状態かを判別する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した車載センサーを開発した。カメラで撮影したドライバーの顔と動作の映像をディープラーニングで処理し、ドライバーが自動運転から手動運転に復帰できるか判断する。2019〜2020年に販売される自動運転車などへの採用を目指す。(2016/6/7)

車載カメラや監視カメラなどに有効:
1つの画像素子で可視光と近赤外光を同時に撮影
東京工業大学(東工大)工学院 システム制御系の奥富正敏教授らは、1つの撮像素子でカラー画像と近赤外線画像を同時に撮影することができるイメージングシステムのプロトタイプを開発した。(2016/6/7)

レッドブル・エアレースの予選が中止になったので、代わりに会場のかわいいお姉さんやレースクイーンを撮ってきた
レース機のテスト飛行撮影&レースクイーン撮影に成功!(2016/6/5)

ポラロイドの立方体カメラ「Cube」用にショットグラス型透明マウント
Polaroidの35ミリ四方の立方体アクションカメラ「Cube」用に、ショットグラス型の透明マウントが発売された。グラスに口を付ける人の顔を下から撮影できる。(2016/6/3)

スマホで撮った写真を100円で販売「Snapmart」 自然な日常を素材に
スマホで撮影した日常の写真を100円から販売できるマーケットプレイスサービス「Snapmart」がオープンした。(2016/6/3)

広告などに利用可能:
ユーザーが企業にスマホ写真を販売可能なマーケットプレース、オプトインキュベートが提供
オプトインキュベートは、ユーザーが企業にスマートフォンで撮影した写真を販売するサービス「Snapmart」の提供を開始した。(2016/6/2)

「フルハウス」気分を味わうチャンス? タナー家の撮影に使われた家が415万ドルで販売中
日本円にして約4億6000万円。(2016/6/2)

ASUS、Pepper対抗ホームロボット「Zenbo」を599ドルで発売へ
ASUSが、家庭用ロボット「Zenbo」を発表した。価格は599ドル(約6万7000円)で、ソフトバンクのPepperのように動きまわり、人の音声による指示に対応し、写真や動画を撮影したり音楽を再生したりビデオチャット端末になったりする。(2016/5/30)

アジアに広がる“変態の輪” 変態仮面・鈴木亮平、ついに台湾へ飛ぶ
アドトラックを停車させて撮影会までやっちゃう鈴木さんガチすぎる。(2016/5/30)

普通では撮れないものが撮れる楽しさ 大人の趣味カメラ「RX10 III」
ソニーの大型センサー搭載コンデジのラインアップに、高倍率ズームを搭載した新モデル「RX10 III」が登場した。広角から超望遠までが手軽に扱えるうえ、HFR動画や4K動画なども撮影できてとにかく楽しい。写真を楽しむ大人向けのコンデジだ。(2016/5/29)

にゃ〜んな日々:
猫と仲良くなるにはどうすればいい? 「猫語翻訳アプリ」も
猫と会話できるアプリ、猫写真のスマホ撮影術、猫本専門書店など、猫と仲良くなりたい人が役立つ記事を紹介します。(2016/5/28)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」
サイズを優先した薄型の標準ズームより画質がよく、F2.8通しのハイエンド標準ズームより軽くて価格もリーズナブル。そんな使い勝手がよくてコストパフォーマンスが高いレンズが登場した。普段の撮影はこれ1本でだいたい済んでしまう万能さが魅力だ。(2016/5/19)

NHK職員=江戸川コナン? 「乗っていたNHK職員が撮影」のニュース映像に「またか」の声相次ぐ
あれれ〜?(2016/5/18)

Google、美術作品を超高解像度で撮影する「Art Camera」開発 Webサイトで画像公開
米Googleが美術作品をギガピクセル規模で撮影するロボットカメラ「Art Camera」を開発。一部作品をWebサイトで公開している。(2016/5/18)

ウエディングドレス姿のダレノガレ明美にファン騒然 「結婚しちゃうの?!」「手塩にかけた娘がいよいよ」
雑誌の撮影? しかし、詳細は語られておらず。(2016/5/18)

きれいな万華鏡……と思ったらエイズの治療薬! 顕微鏡で撮影された美しい写真を収録した「美しい顕微鏡写真」発売へ
解説とともに楽しめます。(2016/5/17)

浜崎あゆみ、ライブ中の写真撮影を解禁
浜崎あゆみさんのライブツアーで、観客による写真撮影が初めて解禁され、Twitterに多数の写真が投稿された。(2016/5/16)

浜崎あゆみ、ライブツアー中の写真撮影を解禁! Twitterに白熱のライブ画像あふれる
Twitterに投稿するとツアー特設サイトに写真がアップされるサービスも。(2016/5/15)

LEDライトを搭載したEOS M用マクロレンズ「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」が登場
キヤノンから、新しいEF-Mレンズが登場。最大撮影倍率1.2倍のスーパーマクロモードを備え、ハイブリッドISまで搭載しながら、リーズナブルな価格と軽さ、コンパクトさを実現したマクロレンズだ。(2016/5/11)

ジャスティン・ビーバー、はだしでボストンを散歩 無断撮影にぶち切れる
「動物園の動物じゃない」と激おこ、Instagramのコメントにもかみつく。(2016/5/11)

マエケン似のフィギュアスケート選手・村上大介さんがマエケン体操を披露! 撮影したのは織田信成さん
やっぱり似てる。(2016/5/10)

いいパパになりそう! 新婚ほやほやのDAIGO、「よちよちちゃん」と赤ちゃんをあやす
CM撮影でのオフショットとのこと。(2016/5/10)

ドローン搭載カメラで4Kビデオ撮影も映像安定:
ソシオネクスト、映像ブレ補正技術で米社と協業
ソシオネクストは、電子的映像ブレ補正(EIS:Electronics Image Stabilization)技術で、FotoNationと戦略的提携を行った。EISソリューションをドローンのカメラ部やアクションカメラに搭載すれば、高精細で安定したビデオ撮影が可能となる。(2016/5/10)

カナダの山火事、避難の様子を撮影した車載カメラが映し出す脅威
すべての住民8万人余りが避難、現地では消火活動が続いている。(2016/5/6)

地震被害の熊本城をドローン撮影 崩れた石垣、落ちた瓦……各社が映像公開
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城をメディア各社がドローンで撮影し、映像を公開している。(2016/5/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。