ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「富士フイルム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療機器ニュース:
米大学医学部とAI技術を活用した医療画像診断支援システムを共同開発
富士フイルムは、米インディアナ大学医学部と共同研究契約を締結した。医師の診断ワークフローを支援する、AI技術を活用した医療画像診断支援システムを共同開発する。(2018/9/11)

富士フイルムの写真注文アプリ「超簡単プリント」がセブン−イレブンで即時印刷に対応
富士フイルムが提供しているスマホアプリ「超簡単プリント」が、セブン−イレブンでの即時印刷に対応。写真プリントを注文して自宅で受け取るだけでなく、マルチコピー機で受け取れるようになった。(2018/8/27)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
見やすいファインダーを搭載したクラシカルでカッコいい入門機「X-T100」
富士フイルム「X-T100」はコンパクトで可愛いレトロ一眼レフ風のミラーレス一眼だ。一番の注目は、自撮りに対応したユニークなモニターの機構。これは面白い。(2018/8/9)

IGAS 2018:
5m幅のスーパーワイドUV機「Acuity Ultra」初登場、FFGS
富士フイルム グローバル グラフィック システムズは、2018年5月にドイツで開かれた印刷資機材展「FESPA」でリリースしたスーパーワイドLED-UV機「Acuity Ultraシリーズ」を「IGAS2018」で初出展した。(2018/8/3)

Technology Insight:
「守り」から「攻め」のIT活用へ――IT部門に求められる“デジタル変革けん引役”
日々技術が進化する中、IT部門のリーダーは、デジタル変革にどのように取り組めばいいのだろうか。全社を挙げてデジタル変革を推進している富士フイルムホールディングスのITリーダーに話を聞いた。(2018/8/1)

医療機器ニュース:
AI技術のR&D組織を設置、ヘルスケア産業や素材産業の研究を開始
富士フイルムホールディングスは、AIの基盤技術開発から社会実装までの一貫した研究に取り組む組織として、理研の革新知能統合研究センター内に「理研AIP-富士フイルム連携センター」を設置し、研究活動を開始した。(2018/7/27)

富士フイルム、黒白フィルム再生産を検討開始 愛好家から望む声多く 「あくまで検討」
4月に黒白写真用フィルム販売終了を発表していた富士フイルムイメージングシステムズが、再生産の検討を始めたことがITmedia NEWSの取材で分かった。しかし、「あくまで検討」(同社)(2018/7/25)

「プロ仕様」続々投入……ミラーレスレンズ高級化バトル熱く 一眼レフから乗り換えの流れ加速
ミラーレスデジカメの市場拡大に合わせ、本体だけでなくレンズの「高級路線」も広がってきた。先行するソニーと富士フイルムが、“プロ仕様”の大口径超望遠レンズを相次ぎ投入。キヤノンとニコンも巻き返しを目指す。(2018/7/24)

大雨災害で水没した思い出の写真を守るには 富士フイルム提供の対処法に注目
富士フイルムは同社製のカメラやデジタルフォトフレームなどについて、被災者からの修理依頼を半額で受け付ける措置も発表しています。(2018/7/10)

本当に大切なのは、データの量ではなく「質」:
PR:富士フイルムに聞く、ビジネス価値を生み出すデータ活用基盤の作り方
ビジネスが「体験価値の競争」に変容している今、データ活用の在り方が企業の競争力に直結する状況となっている。だが多くの企業では、社内にデータが散在している、必要なデータがそろわずすぐに分析を行えないなど、課題が山積しているのが一般的だ。では一体どうすればデータを競合他社との差別化にスピーディにつなげることができるのだろうか? データを使った製品・サービスの差別化を実現している富士フイルムホールディングス 経営企画部 IT企画グループ長の柴田英樹氏と、企業のデータ活用を支援している日本IBM クラウド事業本部 技術統括部長 大塚知彦氏の対談に、その解を探る。(2018/7/25)

クリアでキレのある自然な音:
写真フィルム技術で理想の音を、富士がスピーカー開発
富士フイルムは2018年6月14日、新たなスピーカー技術である「φ(ファイ)」を開発したと発表した。同技術は、同社が独自開発した電気音響変換フィルム「B.E.A.T.」をスピーカーの振動板に採用。このスピーカーユニットを直方体の4面に設置し、スピーカーを中心とした360度全方向に均一な音場を形成できることが特長だ。(2018/6/19)

富士フイルム、ミラーレス一眼のエントリーモデル「X-T100」発表 約7万4500円から
富士フイルムは5月24日、ミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「X-T100」を発表した。ボディーのみの価格は7万4500円前後(税別、以下同様)で、レンズキットが8万7500円前後、ダブルズームキットが9万9500円前後。6月21日に発売する。本体カラーはブラック、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色。(2018/5/24)

一方的に撤回する権利ない:
米Xeroxへの訴訟、富士フイルムHD社長「できるだけ早く」
Xeroxが統合計画を撤回したことについて、富士フイルムホールディングスの助野社長は「一方的に契約終了する権利は米Xeroxにはない」と主張し、早急に提訴する準備を進めていることを明らかにした。(2018/5/18)

ゼロックス買収劇、泥沼化の様相 合意の破棄発表、富士フイルムは訴訟も辞せず
富士フイルムHDによるゼロックスの買収計画が暗礁に乗り上げた。一方的に破棄を突き付けられた富士フイルムは訴訟も辞さない徹底抗戦の構えで、買収劇は泥沼化の様相だ。(2018/5/16)

医療機器ニュース:
がん組織を非標識・無染色のまま自動的に可視化するイメージング技術
富士フイルムは、表面増強ラマン分光(SERS)を活用し、組織の代謝物を非標識・無染色のまま高精度に大面積で分析できる「SERSイメージング技術」を開発した。がん組織の分布を自動的に可視化できる。(2018/5/16)

社長「世界で900万台売る」:
「チェキ」も正方形フィルム採用 “インスタ映え”ニーズ対応で世界拡販
富士フイルムがインスタントカメラ「チェキ」の新モデルを発表。「Instagram」の流行を機に、若年層で高まりつつある「正方形の写真」のニーズに応えた。(2018/5/15)

アイカーン氏らと和解:
米Xeroxが富士フイルムとの統合合意撤回
Xeroxは富士フイルムホールディングスとの経営統合合意を撤回すると発表。(2018/5/14)

「チェキ」世界でPR テイラー・スウィフトさんと契約、TVCMなど展開
富士フイルムは、「チェキ」の愛称で親しまれているインスタントカメラ「instax」の世界的なプロモーションに、テイラー・スウィフトさんを起用した。2018年夏からワールドワイドで大々的にプロモーションを展開する。(2018/5/9)

医療機器ニュース:
新処理エンジン搭載のX線動画表示外科用Cアーム型デジタル透視システム
富士フイルムは、外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION 3D」を開発した。X線動画処理エンジン「ダイナミックコアエンジン」により、低線量で高鮮鋭、高コントラストのX線動画像を提供する。(2018/5/1)

サインの製作・施工・点検履歴をICタグで管理、自動発注も可能
富士フイルムは、看板の管理を効率化させるICタグとデータベースを組み合わせたソリューションの開発を進めている。ICタグに登録したデータはスマートフォン上で表示と書き込みができるため、管理者による点検報告や製作の再発注などに活用できる。(2018/4/26)

都会派の「X-T2」にアクティブ派の「X-H1」 富士フイルムの新フラグシップはどう違う?
富士フイルムのミラーレス一眼といえば、「X-T2」と「X-Pro2」のダブルフラッグシップと思われていたわけだが、その上を行く新たなフラッグシップ機が誕生した。それが「X-H1」だ。(2018/4/24)

作業時間を劇的に改善、高性能カメラとAIでひび割れ点検
大林組は、富士フイルムが開発したインフラ点検の画像解析サービス「ひびみっけ」と、高性能カメラを組み合わせ、目視点検に比べて作業時間を大幅に短縮するコンクリート表面のひび割れ自動検出手法を確立した。(2018/4/18)

製造ITニュース:
0.1mm以上のひび割れを自動検出するインフラ向け画像診断サービス
富士フイルムは、AI(人工知能)を活用して橋梁やトンネルなどに生じた幅0.1mm以上のひび割れを自動検出する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の提供を開始した。(2018/4/10)

富士、黒白フィルム販売終了
富士フイルムが黒白フィルムと黒白印画紙の販売を終了すると発表した。「需要の継続的な減少により安定的な供給が困難になった」ためという。(2018/4/9)

残るはカラーだけ:
富士フイルム、白黒フィルム・印画紙の販売終了 安定供給が困難に
富士フイルムイメージングシステムズが、白黒写真用フィルムと印画紙の販売を終了する。「安定的な供給が困難となったため」という。(2018/4/6)

富士フイルム、医療強化で買収 JX傘下の細胞培養関連2社、850億円
再生医療事業などヘルスケア分野を強化する狙い。(2018/3/30)

検査・維持管理:
画像からひびを自動検出、富士フイルムがインフラ点検に参入
富士フイルムが社会インフラ点検市場に参入。2018年4月から、橋梁などの撮影画像から自動でひび割れの検出などが行えるクラウドサービス「ひびみっけ」を提供する。(2018/3/30)

医療機器ニュース:
写真現像の銀塩増幅技術を応用した感染症検査装置
富士フイルムは、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎などの感染症を引き起こすウイルスや細菌の有無を自動判定する感染症検査装置「富士ドライケム IMMUNO AG2」を発売した。(2018/3/15)

医療機器ニュース:
iPS細胞由来心筋細胞を用いた再生医療製品の共同事業を開始
富士フイルムと武田薬品工業は、iPS細胞由来心筋細胞を用いた再生医療製品の共同事業化に向けた取り組みを開始した。両社の持つ技術や経験を組み合わせ、有効性、安全性に優れた再生医療製品の普及を目指す。(2018/2/28)

富士フイルム、動画性能を強化したフラグシップミラーレス一眼「X-H1」発表 初のボディー内手ブレ補正搭載 Xマウント向けシネマレンズ「MKXシリーズ」も
富士フイルムは、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」のフラグシップモデル「FUJIFILM X-H1」を発表した。市場想定価格は24万円前後(税別、以下同様)で、3月1日から販売を開始する。さらに、動画専用の「MKXシリーズ」レンズ、「フジノンレンズMKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズMKX50-135mmT2.9」を発表した。発売はともに6月で、価格はMKX18-55mmT2.9が54万9500円、MKX50-135mmT2.9が59万9500円となる。(2018/2/15)

@IT運用管理セミナー〜運用管理は「なくなる仕事」?:
富士フイルムとメルカリSREが語る、「運用管理」という仕事の本当の価値と役割とは
@ITは2017年12月12日に「@IT運用管理セミナー〜運用管理は『なくなる仕事』?」を開催した。本稿では、その内容をレポートする。(2018/2/5)

国内外で1万人削減:
富士ゼロックス、米ゼロックスの統合で合意
富士フイルムホールディングスは、富士ゼロックスと事務機大手の米Xeroxを経営統合することで合意したと発表した。(2018/1/31)

デジカメ用ACパワーアダプターが破損の恐れ 富士フイルムが無償交換
富士フイルムが、デジタルカメラ用ACパワーアダプター「AC−5VF」の一部を無償交換。破損する恐れがあり、場合によってはユーザーが感電する可能性があるという。(2018/1/11)

正しい引き算をしたミニマルなミラーレス、富士フイルム「X-E3」
富士フイルムの「X-E3」。カタログに「MINIMALISM」と描かれている。ミドルクラスのデジタル一眼でそこを主張するのもなかなか珍しいのだが、実物を見ると確かにそうなのだなあと思う。(2017/12/14)

医療機器ニュース:
化学物質の使用量を低減した皮膚感作性試験代替法を開発
富士フイルムは、従来比約100分の1の化学物質の使用量で、高精度に皮膚感作性を評価する皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発した。従来方法よりも、高精度に化学物質の皮膚感作性を評価できる。(2017/12/11)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhone写真を「instax SHARE SP-3」でチェキってみよう
富士フイルムのスマホ用プリンター「スマホ de チェキ(instax SHARE)」に、スクエアフィルムを使う新型が登場した。iPhoneと組み合わせて使うとどんなことができるのか、試してみたのでどうぞ。(2017/11/28)

富士フイルム FUJINON HF50XA-5M:
望遠タイプのマシンビジョンカメラ用レンズ投入、製品検査や計測向けに
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF50XA-5M」を発表した。(2017/11/10)

FAニュース:
マシンビジョンカメラ用レンズのコンパクトな50mm望遠タイプを投入
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF50XA-5M」を発表した。画像全域で2/3型センサー、4.4μmピクセルピッチ(3Mピクセル相当)以上の均一かつ高い解像度を確保する。(2017/10/30)

VMware NSXのL2延伸によって接続:
富士フイルムがVMware on IBM Cloudを採用、基幹系と情報系をオンプレミスからクラウドに移行
富士フイルムは、社内情報システムのインフラ基盤にIBMのクラウドサービス「VMware on IBM Cloud」を採用した。VMware NSXのL2延伸によってオンプレミスとクラウドを接続し、基幹系と情報系のシステムをクラウドに移行させる。(2017/10/26)

富士フイルム、スマホ向け写真プリンタ新製品 “インスタっぽい”正方形フィルム対応
「スマートフォンで写真を撮り、プリントして、部屋に飾る」を提案。(2017/10/25)

PCとつないでカメラをRAW現像マシンにする「FUJIFILM X RAW STUDIO」無償提供
富士フイルムが、同社のGFXとXシリーズで使用できるPC向けRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」を開発したことを発表した。RAW現像の演算にカメラの画像処理エンジンを使用する。(2017/9/7)

電源を切ってもスマホに写真転送できる富士フイルムのミラーレス「X-E3」
富士フイルムが、FUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-E3」を発表した。等倍マクロ撮影が可能なXFレンズの新製品「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」も合わせて発表。(2017/9/7)

富士フイルムのファンミーティング「FUJIKINA 2017 東京」 GFX無料レンタルも
富士フイルムが9月7日に「GFX」やXシリーズのファンミーティングイベント「FUJIKINA 2017 東京」を綱町三井倶楽部で開催する。(2017/8/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月24日〜7月30日):
デジ一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i」6連勝、コンデジは「FINEPIX XP120」が初のトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が6連勝。コンパクトデジカメランキングでは富士フイルム「FINEPIX XP120」が初めて1位に。(2017/8/8)

富士ゼロックスを特別扱い:
【詳報】富士フイルム、不適切会計の裏に何があったのか
富士フイルムホールディングス(HD)が、当初の予定よりも1カ月以上遅い6月12日に決算内容を開示した。その理由は、子会社の富士ゼロックスで海外子会社を巡る不適切会計が明らかになったためだ。事態の発覚が遅れた背景には、富士フイルムHDの富士ゼロックスに対する“特別扱い”があったという。(2017/6/15)

当初は220億円と予想も:
富士フイルム、不適切会計による損失が375億円に拡大
富士フイルムHDが、連結子会社の不適切な会計処理に起因する損失額が375億円に拡大したと発表。当初の損失額は220億円程度になるとみられていた。(2017/6/12)

海外子会社の会計不備で:
富士フイルムHD、延期していた16年度決算を12日公表
富士フイルムHDが、延期していた2017年3月期の決算を6月12日に開示すると発表。(2017/6/9)

明日から使えるITトリビア:
あなたは正しく書ける? 「キヤノン」や「ビックカメラ」が新人記者泣かせな理由
「キヤノン」「富士フイルム」「ビックカメラ」などの企業に共通する特徴、あなたは分かりますか?(2017/5/30)

医療機器ニュース:
レーザー光源搭載の内視鏡システム、微細な血管の変化の視認性高める
富士フイルムは、レーザー光源を搭載した内視鏡システム「LASEREO」シリーズの新製品「LASEREO 7000システム」を発表した。レーザー制御技術の進化により視認性を高め、精細な観察を支援する。(2017/5/24)

医療機器ニュース:
高鮮鋭なX線動画をリアルタイム表示する医療用X線動画技術を開発
富士フイルムは、ノイズを抑えた高鮮鋭なX線動画をリアルタイムで表示できる医療用X線動画技術を開発した。同技術は、デジタルX線画像診断分野で培った画像技術と新開発の画像処理エンジンによって開発された。(2017/4/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。